上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
プトレマイオス2はカタロンの補給を受け、修理をしながら巡航していたが、連邦軍の追撃に遭い、苦況に立たされる。戦況を好転させるためにはダブルオーガンダムの戦力が必須だったが、刹那はまだ帰艦していない。防戦一方のプトレマイオス2。そんな中、連邦軍内部でクーデターが勃発したとの情報が入る。




- DVD-
機動戦士ガンダム00 2   機動戦士ガンダム00 3
機動戦士ガンダム00 4   機動戦士ガンダム00 5
機動戦士ガンダム00 6   機動戦士ガンダム00 7
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]

- Blu-ray -
機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 2 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 3 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 4 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 5 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 6 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 7(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3(Blu-ray Disc)

- OP -
儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
泪のムコウ(期間生産限定)
- ED -
Prototype
trust you

機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 1
機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 2
機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 3


凱歌――勝利を歌う歌だよな?
まだどこの陣営もそんなものはあげられないと思うがな。まだ早すぎる。
しかし、このまま行ってもあげられるものが居るのかね。

前回からの続き、歌が聞こえただけで戦いを止めた刹那。
どこかで辞めたいと思っていたからか。

イノベータらは先に死んだ奴の事をふがいないで済ませたな。
仲間意識あるのかないのか。
ティエリアがイノベータと敵対することを決めたのは素敵なことといったリジェネ。
この人の考えている事は何なんだか?
しかし、留美はもうイノベータのとこから動かないのかね?

カタロンの基地に舞い込んだ刹那。
あの時カタロンが向かう場所って知らされていたのかね?
わざわざマリナが居る所とは・・・。

トレミーもカタロンからの補給を受けるようで。
カタロンとロックオンの関係、他にも分かっているのか、そうでないのか?
しかし、セラヴィ―の特性とは?
分離する以外に何かあるのかね。
カタロンとの合流ポイントに到着したトレミー。

セルゲイはクーデターの首謀者と密談中。
といっても関わるなとの忠告だけのようだがな。
アロウズが手出しできない場所、軌道エレベータが目標らしい。
随分と大層な事を教えてくれるな。

軍隊とは国民と国益を守る為、抑止力になるもの。
誤った政治の元では軍は正しく機能しない。
正しき軍隊の中で軍人として生きたい。
ある意味正しき、高潔な軍人なのだろうな。そう言えると言う事は。
何を見て何を知ったからこその行動なのかね?
ただアロウズの言うがままの連邦が気に入らないのか、武力衝突ばかりのアロウズ自体が気に入らないのか?

しかし正しい軍隊とは何ぞや。正しい政治とは。
何を持って正しいとするのかは各個人で違うものだろうし。
何を目指しているかで大義も変わってくる。
大義が間違っているのは議会がそれを通したからと言うのはその通りだろうが。
議会自体はある意味民主主義にのっとってだろうけど。
大きくなりすぎた国家ってのは歪みがあるのは当たり前と言うか、そんなものを求める方が間違ってないか?

カタロンとクーデター組の話し合い。
情報漏洩を防ぐためにほとんどの事は教えられないようだな。
こちらもただ手出しするなと言う話のようだな。
クーデターが成功した暁に何らかの協力を求めると言っているようだし。
なら、あまり意味ないことでないか?
カタロン側はCBを交渉材料にしていたが、いいのか?
あれは元々テロ組織全ての敵だったのにな・・・。

しかし、情報漏洩を防ぎたいなら、むやみやたら接触するものではないと思うよ。
介入してほしくないのなら、なおさら。
知っているだけで罪になるし、止めないわけにもいかないはずなのだがな。
ただ漏れのCBやアロウズとは異なり、きちんと情報封鎖はできたからどうでもいいことだろうがな。

ルイス達も地上に降りてきて作戦行動にうつるようだな。
過去は捨てたというルイス。
復讐も過去から来ているもののはずなのに、それは違う気のようだな。
あれとこれは違うとは言えないようだけど。

CBの殲滅作戦、司令官のマネキンが到着し準備は着々と進行中。
そう言えばマネキンとビリーは会った事あるはずなのに覚えてないのか?
しかし、総力戦は前も一回やったはずだがな。
だから勝てるとは限らない・・・。

刹那の夢、刹那の過去。
神の戦士となる為の洗礼をしたときの夢。
小さい刹那を阻止し、介入できたのはびっくりだ。
ロックオンが出てきて、変えられるのは自分の気持ちだけと、結局無理だったという話だったけどな。
ロックオンに言わせると刹那が変われるようだな。
あとはどう変わりたい、どうありたいかだな。
しかし、これって死の淵での夢だったのかね?死斑出てたし。

起きると歌が聞こえてきた。
ずっと枕もとで歌っていたのか?
けが人とはいえ、それはあまりよくないのでは?

マリナと刹那。
関係性は相変わらず不明瞭だが、かなり仲好くなっているな。
子供らが気を利かせたぐらいに。

刹那の4年前の手紙にかかれてあったこと。
人と人が分かり逢えるはず、その答えを見つけている。
それにはまず、相手を知ることから始める。
ある意味今さら過ぎるが、これから先でそう言う事が出来れば答えが見つかるか?

子供らがカタロンの兵士さんに質問
戦うのか、帰ってこれるか?
簡単には答えれない質問だよな。
しかしこの子らの親の件は一体どうなったのやら。
誰も突っ込まないままかい。

マリナに語った昔の話、戦争を憎む理由。
マリナは普通に育ったらしい、でも血の所為で王女に選ばれた?
訳の分からない国家元首の決め方だな。
議会にとって都合がよい人間だったと言うだけの話か?

刹那にとってマリナは音楽を奏でる方が似合っている。
刹那は無理をして戦っている様に見えるか。
だからと言って今やっている事を簡単に放棄できるものなのか?
過去に対する贖罪としてやっているのかそうでないのか。

カタロンのヨーロッパ支部から補給を受けたトレミー。
でもそのまま逃亡は続けているようだな。
トレミー自体は手負いのままだが、ガンダムの方は補修は済んだか?
疲れて眠っている沙慈とミレーナ。

敵部隊接近中、敵はトレミーの位置を完全に捉えている。
36機のモビルスーツか、しかし12部隊が総力と言われてしまうアロウズはどうなんだ?
一応まだいるはずなんだろうに、せめて大部隊でとどめておけ。
マネキンが戦闘を把握しやすくか、航空機に乗って指揮。
が、今回はそこまで戦術もなしで、ほぼ力技だな。

先制攻撃はCB側。
トランザムを使い、時間までに少しだけでも戦力を減らす気らしい。
ロックオンが終わり次第、アレルヤとティエリアが第二攻撃として来襲。
真っ正直に正面から来るより横から来た方が攪乱はできたと思うけどな。
あっさり捕まってトレミーへ突破されたし。

トレミーの状態を聞いて手負いのまま出撃する刹那。
しかしカタロン側には痛み止めもなかったのかね?

ほぼ勝利確実だったのに。
緊急通信により、アロウズは撤退。
ティエリアたちも普通に解放されているな。
あれらぐらい連れて行けば後が楽なのに。

緊急通信はクーデターの勃発。
軌道エレベータが占拠されたようだ。

普通のエンディングあったのだな。
壊れたガンダム、SEEDの時もあったな。
戦争が終わることを示しているのかね?
前のエンディングと繋がっているようで面白いな。
動きが速くて何が何だか分からなかったけどな。

占拠されたのはアフリカタワーらしい、トレミーもそこへ向かうと目測をつけそこへ向かう刹那。
その前にブシドーが現れた。
遠目、フラッグに似ているか?
関わっている暇のない刹那はそのまま進もうとするがブシドーがそれを認めず。
マスラオの奥義といってトランザムの発現。
・・・エイフマンの研究はどこまで行っていたのだろうかね?
トランザムの専売特許が無くなったなら、ほぼ機体性能は互角になるのかな?
この二人の因縁もどこまで行くのだろうな。

次回予告、人類への粛清と言っていたが、どっちのだろうな。
どっちにしろいい結果は生まないだろうがな。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/994-cd0f28d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。