上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全編戦闘なのは久しぶりかな?
やはりそこまで苦戦と言う苦戦ではなかったよな?
アロウズにとっては総力戦でかかってもおかしくないはずだが、そうでもないし。
ほとんど無傷で終わっているようだし。

ガデッサの護衛。
イノベータこっちにも配置されていたのか。
カタロン艦隊のミサイルでの遠隔攻撃は全て排除されているな。
先鋭と言うには機体性能の違いでまったく相手になってない。
思った以上に意味なかったような・・・。

でもカタロンの方がメメントモリの情報を持っているのがな・・・。
内部構造まではないようだが、それなりの情報は持っていたのかな?
カタロンもあれをどうやって手に入れたのやら。

リントの作戦。
やはりオーソドックスな感じだな。
局地戦なのに、殲滅戦と位置づけている時点で何か違う・・・。
メメントモリの前衛にしかいろいろ配置してないように見えたのだがな?
だったら、00を囮のまま後方側から攻めればよかったんじゃ・・・・?
オービタルリンクの下からでもいいし。

最初は電磁場光超震動と言う配置は分からなかったはずだしな。
もし、メメントモリの情報が全くなかった場合どうしたんだろうな。
色々と場当たり的な作戦だな。

プトレマイオスにメメントモリの内部構造を送信。
ネーナは何がしたいのやら。
とりあえずは留美に対するネーナの反抗なのかな?
留美はそれすら分かっているのかはまだ分からないけどな。

ガンダムマイスターの真髄と言うより、トランザムの真髄かな?
トレミーにメメントモリの射線をトランザムで切りぬけていたしな。
チームワークがあったと言えばチームワークがあったな。
アレルヤはそれほど活躍できなかったようだけどな。

ケルビムの新装備のシールドビット、普通の楯か。
ビームシールドを造るとかではないのだな。
ビームの射線軸に乗って妨害するだけか。
ある意味器用なケルビムだが、攻守両方は無理なのだよな?

セラヴィでの全出力を持ってしても火力が足りず、メメントモリの装甲は表面だけしか壊れず。
が、ケルビムの追加攻撃でどうにかメメントモリ崩壊。

メメントモリの崩壊に伴い、傍にいたリントは死亡か。
やはりリントでは無理か。
イノベータもネーナの援護で半壊。
イノベータのガデッサも弱体化してきてな。
メメントモリがなくなって中東は、救われたか。
でも上からの攻撃がなくなっただけだし、一時的でしかないよな。
アロウズの人もどんどん少なくなっているし、どうするのかな?

下で見ていただけのクラウス達。
闘いの光というより、衛星が崩壊した影響での流星群じゃないのか?
よかったことだろうに、そうでないのか?
次代に遺すべきもの、そこまで考えて行動していたのかカタロンは。
でもやっている事はあまりそうは見えてないだけどな。

セルゲイにいきなり接触してきた人物。
この人もどうなる事やら。


スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/988-d82d78b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。