上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
刹那(せつな)とティエリアは、強敵サーシェスの乗る“アルケーガンダム”と対峙する。4年前、ガンダムマイスターであるロックオンことニールを亡きものにしたサーシェスに、怒りをぶつけるティエリア。一方、新たにロックオンを名のりガンダムマイスターに就いたニールの弟ライルは、そのティエリアの言動からサーシェスが兄の敵(かたき)であることを知るのだった。




- DVD-
機動戦士ガンダム00 2   機動戦士ガンダム00 3
機動戦士ガンダム00 4   機動戦士ガンダム00 5
機動戦士ガンダム00 6   機動戦士ガンダム00 7
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2

- Blu-ray -
機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 2 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 3 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 4 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 5 (Blu-ray Disc)   機動戦士ガンダム00 6 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 7(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 (Blu-ray Disc)

- OP -
儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
- ED -
Prototype


みんな過去に囚われてばっかなのだな。
贖罪にばかりこだわっているものな。
未来を見ているのはロックオン(弟)ぐらい?

サーシェスVSティエリアと刹那。
サーシェスはの後良く生きていたと思ったが、半身ダメになっていたんだな。
にしもどれだけの再生技術だ。
まあ再生不可能だったルイスの手が戻る技術だからな、何でも可能か。
しかし、再生治療のつけとは言うが、こちらもある意味自業自得。

サーシェスのやりたい事は相変わらず壊す事かな?
一番分かり易いが、今のところ復讐が入っているか。
ここにも復讐者が増えたな。
しかし、刹那はアザディスタンについては何もなしか?

ガンダム同士の戦い。
ティエリアがロックオンの敵討ちと張り切っているが、難しいな。
隠し武器はサーシェスの方にもあり。
ついでにファンネルと言う代物まであるな。
二対一でも技術的にもサーシェスが上だな。

援軍が来て、四対一では流石に分が悪いとサーシェス逃亡。
ティエリアが追いかけようとするが止められる。
と言うか、気持ちは分かるが味方を攻撃するなや。

イノベータ。
リジェネが成したお膳立てはうまくいかずティエリアは逃げられた。
リボンズにとっては彼らには対抗してもらう方が丁度いいみたいだな。
世論の支持を集めるにはちょうどいい敵の様だし。
戦闘用のイノベータまで居るから刹那たちは必要なしか。
ツインドライブシステムなどリジェネはまだ拘っているのが気になるな。
リボンズとリジェネは何か違うのかね?
留美もCBとイノベータとの対立は変革を加速させるってことで思惑通りかね?

ルイスも帰還中。
身体はもう大丈夫なのか?
あれは細胞障害か、再生治療等での弊害なのかな?
あの状態でも刹那の正体は聞こえていたか。
復讐すべき相手が顔見知りだったが、それほどどうとは思ってなさそうだな。

CBではアロウズは包囲を狭めて来たということでいったん宇宙へ逃げる事に。
トレミーとガンダムを接続させ、大気圏離脱システムの作業開始。

パイロットらは情報交換と言うか雑談と言う感じか?
刹那はルイスと会った事を沙慈に伝え、沙慈の現状の事は何も言わずと。
連絡とってない事を反対に尋ねているな。
刹那がそこまで気にするのは珍しいことだよな。

が、ちょうど入ってきたティエリアたちの方に気を奪われその話題は途絶。
アレルヤ達も来て、わけ分からない状態。
主題はロックオンの敵のサーシェスのことなのは確かなのだろうけど、なんかな。

家族の敵を討つために死んだロックオン。
世界の変革より私怨を選んだ兄に対してそれほど感慨は無さそうだが尊敬はしているらしい。。
刹那もついでに刹那もその組織に所属に属していた事を話すも変わらないな。
刹那の知り合いが起こした自爆テロに巻き込まれた。
とはいえ刹那が仲間を止めていても、テロは起こっていたと言うのはその通りだろうな。
他の誰かがやっていたはずだろうし。
兄弟での考えの違い、目の前で亡くしたものと伝聞形式に告げられたものの違いもあるのかな?
一緒にいたというわけでもなかったようだし。

「全て過ぎた事、過去じゃなく未来の為に戦う」
カッコいいこと言っているな、さすがカタロン所属。
CBともアロウズとも視点が違うだろうしな、CBに足りないものを補えるか?
「己の正義に殉じて生きる、それが本当の未来に繋がるのか?
イノベータと敵対することが本当の未来に・・・」
と今、また迷っているティリアが居るが・・・。

ティエリアが見つけた歪み。
イノベータか、もしくは自分たち自身か。
リボンズ達に啖呵切った割には迷っているな。
自分たちには敵を倒すという信念はあってもどういう未来を望むという青写真はなさそうだからな。
ほぼ復讐で生きているのを自覚できるかな?

アロウズではCBの包囲作戦を話し合っている。
新型を使ったリントのオーソドックスな戦術にプラスしての作戦となったな。
大気圏離脱の可能性は見えてないリントでは限度があるな。
リバイブにお株を奪われたリントは気に喰わないようだが。
しかし、ライセンス持ちって、一体何人いるのかな?
この人がイノベータと言う事はカタギリは知らないのよな?
でもライセンス持ちのほとんどはリボンズの息がかかってそうだしな。

ブシドー単独行動はビリーに会いに行ったか。
ビリーはグラハムと分かっているのだな。
ミスター・ブシドーはって名乗っていたわけでないのか?
なんでそう言う名になったのかね?
名乗りそうな名前ではあったけどな。
ブシドーが来たのはビリーの開発主任就任の祝福と新型徴収か。
所望するのはスピードと武器を重点に置いた代物。
ビリーはCBを確実に仕留めることを条件に承認。
それほど自分を裏切ったスメラギが許せないか。

ブシドーがCBの包囲作戦に参加せず、こちらに来た理由。
艦隊戦に興味はないって、あれは艦隊戦にすらならないだろうに。
しかし心眼って何、何か違うような・・・?

作戦行動開始、でリントは関わってないと足掻いている。
またも出てきた新型。
ガデッサと言うらしいが、周りより少し大きい?

トレミーを包囲しつつあるアロウズ。
自分たちの位置を読まれていたことに驚いているスメラギ。
ガンダムの消失ポイント等を探せば発見しやすいのはお約束だろうに。
ともかくトランザムシステム解放し、浮上するトレミー。
飛行モードへ移行しつつ上昇、トリロバイトの攻撃を初期加速に上乗せさせ大気圏離脱を決行。
かなり無茶なやり方をするよな。
トランザムシステムのおかげでアロウズの攻撃効かずか。
一撃で落ちて行ったコーラサワーは相変わらずだな。

リバイバルが上空で待機しており攻撃、が直撃したが、角度がずれただけか。
目論見的には待機部隊への接触だから成功なのだろうな。
トランザムシステムの消滅を呼んでの攻撃だし。
2個小隊の攻撃、予測範囲内らしい。
大気圏離脱時に緊急発進させたらしいOO。
普通は無理だよな、これも。
あんなスピードで機体発進をするとトレミー自体がやばいだろうに。
これも全てトランザムシステムで大丈夫とかなのかな?

ともかく別方向からの攻撃までは読んでなかったアロウズ。
OOが、旗艦を撃って部隊は撤退。
これで確信したマネキンから通信。
スメラギとマネキンは友人関係だったのかね?

アロウズの指揮官クラスが亡くなり戦力激減か?
どんだけ人材不足だ。
あれだけの予算はあっても人はいないのか。
だからイノベータ、人類を越えた存在に援護を依頼か。
アロウズはそのうち完全にイノベータにとって代わられるのだろうかね。
外見はともかく内部はやられるだろうな。
半分やられているし。

代わってCBの切り札はオーライザーの存在だけか。
また心もとないな、これで最強になれるらしいがブシドーの新型が来たらまたダメになりそうな気が・・・。

次からは宇宙へ部隊は変わるようだが、アロウズの宇宙艦隊はやられているしやはりマネキン達が上がってくるのか?
それともイノベータ達が来るか?
その前にトリニティが来るのかな?
何をする気だか。
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/980-f0a31c83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。