上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二度目のに東京決戦。
前回とは違い、勝てる要素はそれなりにあったはず(少数精鋭とはいえ、武装とかはかなり充実していたはず)だが、やはり良くないか。
ナナリーが関わっている時点でルルーシュが冷静さを失っているし、シュナイゼルに対しての過小評価。
・・・結構大きな落とし穴があったな、その上であのフレイアか。
ゼロに対しての不信が募ろうとしている今、どうなって行くのかな。

とりあえず、最初から。
九州沿岸での戦闘はすべて陽動で目的は空の東京。
環状線のゲーフィオンスターバーで停電中の東京、ナナリーを抑えれば勝ち。
黒の騎士団斑鳩艦隊を主力とし、シュナイゼルが来るまでが勝負か。

シュナイゼルは状況を把握しつつ接近中。
ランスロットが出れるかってプライドの問題か?
スザクにとってプライドというより、贖罪の意味で出るような・・・?
それもある意味、プライドか。

スザクが出そうにないので、ニーナが出ようとしてるな。
ガニメテと違い、さすがに乗れるとは思えないのだがな。
スザクは覚悟をきめてニーナを止めたか。
「撃つ覚悟があるのか?、それだけじゃない撃たない覚悟も必要」
撃つ・撃たれるではなく、撃たない。
在る力を使わない、唯の飾りにどれだけの意味があるのかね。
その力の威力、知らないならば無いものと同じ。
言葉の威力もある意味そうだが、相手にとってどこまで通じるかで意味は違ってくるが?

ルルーシュは僕は償わせるしかないと出てきたスザク。
重戦術級の装備があるとルルーシュに言ってみるも、やはり通じず。
あの後だしな。

スザクの相手は蜃気楼だけでは無理とジェレミアが登場。
そういえばジェレミアが黒の騎士団として動くのはこれが最初か。
ササーランドジーク、ラクシャータが改良したようだな。
何か端末もどきがあったようだがあれは何だったのだろう?
ジェレミアが仲間になっている理由はゼロしか知らない。ギルフォードも。
不審、その1。

トウキョウ租界、通信網が働いてないとはいえ、避難命令は出てないのか。
空中戦とはいえ、下にも結構な被害が出ているよな。
逃げ出す人は少数だし、何か見物している人がいるような・・・?
ミレイは逃げ出していたようだな。

ジェレミアVSスザク。
迷いのあるスザクでは、ジェレミアの忠義には勝てず。
ニーナはひたすら、フレイアの使用を求めているな。
目の前にいるゼロしか見えてないからな。
劣勢のランスロット、トリスタンの援護で危機を脱出。

エリア11に駐在のラウンズは動かしてなかったシュナイゼル。
シュナイゼルは読んでいたというより、ルルーシュが失念していただけじゃ・・・。
誤算その1。

政庁の方では、咲世子が先行し、ロロが後詰め。
ルルーシュも後で合流する気だったのか。
ナナリーの説得は自分でやる気だったのかね?
前回は失敗したが、二度目の正直で。

「ナナリーさえ取り返せば、ロロは用済み」
「兄さんの家族は僕だけでいい、ナナリーを見つけて殺す」
互いの思惑はかみ合わず。
そういえば、ルルーシュはシャーリーが殺されたのに、ナナリーを任せる気になったものだな。
確かに潜入系には一番役立つだろうけどさ。
咲世子が居るから大丈夫と思ったかな?

「優先事項第3位が見つかった」
カレンは3番目なのか、1番目はナナリーとして2番目は何だったのだ?
宰相閣下の指示で脱出を促されているナナリー。
前回と違い移動している、確保に時間がかかるな。

政庁の制空権を争う面々。
新しいナイトメアフレームが配備されたグラストンナイツはしぶといようだ。
ギルフォードがああなった以上、コーナリアへの忠義が自分たちにかかっているからか。
千葉が危機に陥るが、朝比奈により脱出。
政庁は傷つけるなという指示がある所為で戦いにくそうだな。
不審、その2。

トリスタンが蜃気楼を相手にしているな。
混戦状態ではほぼ防御のみの蜃気楼。
アーニャが来てそのまま持っていったか。
戦場から離すだけでも意味あるな、通信も途絶したし。
それにより指示が空白。
扇は右往左往、それを補うように南が役立っているな。
誤算その2。

紅月カレンは処刑寸前、咲世子が助けに来た。
プレゼントも一緒に。
ロイドの所為で紅蓮はかなり違ったものになり果てたらしい。

シュナイゼルが東京租界に近づきいた。
ゲーフィオンスターバーは解除され、戦力的には逆転。
時間切れだが、作戦は紅月の件しかうまくいっておらず。
流れ弾が木下に当たり、瀕死。

アーニャに押されていた蜃気楼。
が、アーニャにC.C.と同調した時のような事が起こり、アーニャ脱落。
一難は去ったが、ブラッドリーが来た事でまた一難。
九州管内に居たのに早いな。誤算その3。
ブラッドリーと一緒に来たヴァルキリエ隊に捕まった蜃気楼。

紅蓮の基本は弄られてなかったらしいが、起動画面が変だよ。
あの動物らはセシルあたりの仕業か?
敵味方識別システムのみを受信し、発進体制。
紅蓮聖天八極式。
助走をつけて飛び立つ紅蓮・・・ガウェインを思い出すな、でも何か違うような・・・?

混戦状態の東京上空。
グラストンナイツがまた欠けていると黒の騎士団優勢になってはいるようだな。

ゼロはどうにか防いでいる状態か。
通信は復活したようで、太平洋上に敵影の報告。
ブリタニア皇帝の旗艦らしい。
が、戦場には来ないか。なら、目的は神根島かね。
「今日という日を大事にしていると思うか」
シュナイゼルにとっては皇帝はどうでも良さそうだな。

玉城、ゼロの援護に向かうが、一瞬で敗退。
口上を最後まで言えなかったな。
玉城への攻撃での隙をうかがい起死回生を狙うが、失敗。
近接戦闘むきではない上、攻撃する瞬間、防御できないか。
やはり二者択一の機体だったのだな。

ブラッドリーの言う大切な物が奪われる瞬間は、カレンが間に合った。
やられたヴァルキリエ隊にキューエルを呼んでいた人がいたが、キューエルの関係者?
というかこの人たちが前回のまた見てギアスの人たちだよな。
たった2話だけのキャラだったのか?

戦線を復帰したカレン。今回唯一の嬉しいことだな。
「ドロボー、僕の」と叫んでいたロイド。
お前のじゃないだろ。セシルさんも改良したことで所有権主張されていたが。
ラクシャータが正当だろう。勝手に改良されているが。
エナジーウィング、あの羽根はセシルの改良だったのか。
一度この3人が集まってナイトメアフレームを創ってほしいものだ。
どれだけ操縦できない機体が出来るのかな?
今のところ操縦が難しいと云われた、神虎・紅蓮共に動かせているが、それら以上のものが出来るかどうか?

ブラッドリー卿の相手はカレンに移った。
ブラッドリーは周りの被害に関しては何もなしか、ヴァルキリエ隊の撃墜にも何もなしだし。
自分が殺せればそれでいいのだな。
しかし、かなり多芸になったな、紅蓮は。
ブラッドリーは優勢で向かうものの機体特性を読めず撃墜。
紅蓮は見た目からして、接近戦むきの機体のはずだが、なんで分からなかったかな。
飛び道具に惑わされたのかな?

妨害は消え、政庁へと戻るカレンとルルーシュ。
政庁前にはランスロットとトリスタン。
戦場で会えたことは、喜ぶべき、悲しむべきではなく、楽しむべきか。
ジノは護るべきものがなさそうだからな、戦う事は楽しむべきものか。
この人の考えはかなり独特っぽいからな。
帝国や皇帝の事すらどうでも良さそうだ。ある意味一番自分に忠実な人だろうな。

本陣へと突撃している藤堂。
そこに朝比奈が木下の証言データを送ってきた。
この非常事態に何をやっているのやら。
というかその証言データはどうやって手に入れた。
あの状態の木下に口を割らせたのか?
それとも木下が持っていたモノを貰ったのか?
前者だとするとますます何をやっているとなるのだがな。
ともかくゼロは信用できない、ロロを捕縛すると政庁へ向かう朝比奈。
不審その3。

斑鳩艦内で爆発。
コーネリアの脱出だが、扇がヴィレッタと勘違いしているから放置だろうな。
誤算その4。

ロロ達はナナリーを発見。
咲世子がナナリーと接触した。

紅蓮に全く叶わないランスロット。
ロイド達は脱出を促しているが聞かない。
朴念仁って悪口言ってどうなる状況でもないような・・・?
削り取られていくランスロット。

「殺せ!、スザクを」
ルルーシュがここまで言うのは初めてだよな。
皇帝に売られたあとでも、そこまで行ってなかったし。
土下座までしたのにあの仕打ちだったのがかなり堪えたのかな。

「死ぬとしても、これが償いなんだ。
受け入れるしかない」
基本死にたがりだから、脱出しようとは思わないのかな?
スザクがあっさり死を受け入れようとした瞬間、ギアス発動。誤算その5。
こんな形でまた効きだすとはな・・・。

生き残る為にフレイヤを撃ったスザク。
にしてもなぜ政庁側へ?
カレンが居た方向とは言えな・・・。
撃たれたことで、すごく嬉しそうなシュナイゼル。
まあこれでブリタニアの脅威性が示されることになるからな。
無駄な戦いは減るはずなのだろう、シュナイゼルの計算だと。

フレイアが撃たれたことで全軍後退を始めるブリタニア側。
そういう情報は早いのだな、この軍。
元々撃たせる気だったのもあるだろうけどな。
ブリタニアの動きを見て異変を悟った黒の騎士団側も後退態勢。

フレイヤが起爆。
スザクの言っていた大量破壊兵器。
政庁に居たナナリー、小夜子、朝比奈らへんは巻き込まれたな。

ナナリーのことで頭いっぱいなルルーシュ。
その中を政庁へ向かおうとする。
コーネリアと思っているギルフォードが庇い、どうにか無事だったが。

ロロに通信を繋げるルルーシュ。
政庁近くにいたとはいえ、離脱して無事だったロロ。
「ナナリーと話をさせてくれないか?
咲世子に繋がらない」
「間に合わなかった。
ナナリーは光の中に・・・、ナナリーは死んだんだ」
「嘘をつくな!、
ナナリーと話をさせてくれ」
大きく開いた穴。
フレイアの威力はブラックホールのような感じなのかな?
政庁周辺一帯が全て無と化した。
ナナリーが居なくなったことを認めたくないルルーシュ。
マオの時と同じだが、まだ正気っぽいな。
でも一人、反省会はなし。

ナナリーはな、もしかしたら皇帝が動いている可能性が無きにしも非ず。
V.V.がナナリーを確保した意味がありそうだったしな。
ルルーシュへの人質以外にも。
あまつさえ、マリアンヌの娘だしな。

撃つはずのなかったものを撃ってしまったスザク。
誰の所為とも決めつけられないと思うが、誰かに当たるかな?
ギアスの所為と言えばそうだからな、ルルーシュに向かう可能性は高いか。

ルルーシュの八当たりは完全にロロに向かうだろうな。
ロロはどうするかな。。
今回はルルーシュにとっての発覚した不審や誤算が多過ぎだからな。
裏切られるとすれば、ルルーシュだろうな。
ロロもある意味そうなのだろうけどな。全部ぶちまけそうだから。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/930-b738a1b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。