上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやくブリタニアと対等に戦える地盤が出来たかな。
ここに至るまで約3年ぐらいか。日本人たちにとったら約8年か?
長かったが、普通に考えるとかなり早いよな。
だからこそ、内部にはいろいろと不穏なモノを含んでいるかな。
またも反発が起きなきゃいいけどな。

ルルーシュがアバンをとっている。
C.C.がああなったから交代か?

皇帝行方不明。
あの空間に閉じ込められた?
あの場所は壊れたのかな?
しかし、純粋に心配している人が少なそうだな。
ローマイヤーはあっさり責任の所在を話しているし。
限定的な人しか知らないようだが、ゼロには情報が流れている。
ブリタニア側の行動から推測した様だが、分かりやすかったのかな。

皇帝の不在で機嫌のいいルルーシュ、C.C.に命令。
何を思ってあんな命令を出すのやら。自分の心境なのかな?
C.C.ルルーシュのいう事を全て聞こうとするし。
自分で言って慌てているなよ、ルルーシュ。
今のところC.C.の扱いを測りかねているな。

そこにジェレミアからコーネリアについての報告。
コーナリアはやはりルルーシュの事を覚えていたか。
スザクにその事を云わなかったのは、関係ないと思っていたからかね?
ユフィを殺されたのに関しては何も無いのか?
「妹を助けたかった。」
ルルーシュの本心、ここまでやらかすと誰も信じてくれなさそう。

ロロは完全に黒の騎士団に入ったことになっているのか。
ゼロの対してある意味忠実なロロ。
軋轢を生むのは確実だろうな。
黒の騎士団内の価値観は全て同じとは限らないのだがらな。
木下は朝比奈にすべて話しそうだ。

カレン、リフレインの件でスザクをぼこぼこにしているな。
無抵抗で受けているスザク。
スザクにとっては気が済むことだろうな、でもカレンにとっても少し気が済んだか?
ストレス解消になるような、ならないような。
実際処罰を覚悟していたからな。その方が楽なのもあるだろうけど。

合集国憲章の提案と超合衆国の設立。
それが成れば、解放戦争という大義名分が手に入る。
藤堂嬉しそうだ。
ブリタニアが動く前に作り上げるため時間は少ない。
でもかなりの国が参加決定しているようだな。
それらがどこまで引っ張ってこれるかか。

ミレイ、テレビ内でもお祭りぶりは変わらないようだな。
着ぐるみ着て何をやっているのやら。

ゼロが食事を運んでくる。
C.C.はほとんど何事にも怯えているな。
時代が違う、自分が居る場所が分からない、ついでにあの仮面もあるかな。
ピザの事も覚えていないが、嬉しそうに食べているよな。

アーニャとスザク。
悩んでばかりのスザク。
この二人が集まると、悩み相談が多いような・・・。

スザクが8年前に決めた自分の生き方。
父親を殺したことで決めてしまったものか。
人の役に立ち死ぬことか?
できているとはお世辞にも言えないだろうな。

アーニャは過去の記憶は曖昧な上、記憶とデータが違う。
未だに記憶のずれは良く生じている。
皇帝がしたことには間違いないだろうな。
9年前に起こった事・・・マリアンヌの死とでも関係あるのかな?

ナイトオブテンとワンが来た。
皇帝が不在だが、シュナイゼルの指示でと共に黒の騎士団の標的たるエリア11に大幅な戦力と共にきたのか。
皇帝が居なくなった場合取りまとめているのはシュナイゼル以外ないのだな、やはり。
後の兄弟らは何をしているのやら。

カレンとナナリーに所に邪魔しに来たブラットリー。
ブラットリーはブリタニアの吸血鬼と呼ばれる人殺しの天才。
一種の戦闘狂に近い人だな。でもあっさり死にそうな感じもあるな。
ラウンズ内部も結構殺伐としているな。仲間意識少なそうだ。
ジノ、スザク、アーニャの関係性は特別だったのか?

ランスロットにフレイアを搭載する気らしい。
スザクに紅蓮をあてがうはずが、ロイドとセシルさんが一緒になって趣味の世界に入ったため、誰にも動かせないものになったらしい。
いじり易いとはいえ、どんな状態にしたのやら。ラクシャータが嘆くのは確実か?
カレンにも乗れるのか?

フレイアの威力は一次征圧圏は完全に消滅させるほどの戦略兵器。
戦術兵器に戦略兵器を持たせるのか。
ニーナ、フレイアを使わせる気満々だな。
ユフィの敵打ちとなりえると思っているのだろうな。
矛盾はスザクだけでなく、ニーナも殺す。
ロイドは一応咎めている感じなのかな。
ニーナはユフィの真意は知らないまま進むかな、スザクは教える気ないというかニーナに聞く気がない以上言えないか。
自分の真意は分かってくれなくていいとは思っていたが、まさかユフィとかの真意も自分さえ分かっていればいいとか思ってないよな。
というか、下手するとスザクにとってこの事はユフィに対する償いとする気がしてならないな。
そうすれば、できるかもしれないしな。
でも、スザクは背負えるのかね?
罪人一人の命すら背負えない状態では背負うことは難しそうだけどな。

式典準備中の黒の騎士団。
天子も頑張っているな。
C.C.が居ないことを気にかけているのが居るな。
C.C.も仲間と思っている人がいるかな。
ただえさえ1年は過ごしていた人もいただろうし、ゼロを結ぶパイプ役にちょうど良かっただろうな。

藤堂と千葉。
逃げた藤堂を捕まえれるのか?

扇が来た。
表面上、怪我はないようだな。
ヴィレッタはどうなったかな?
とりあえず、デートハルトが抑えてそうだな。
もしかしたら、人質として使っているかな?

ギルフォードにジェレミアから電話。
こちらもある意味人質のコーネリアについてかな?
ジェレミアの独断か、コーネリアから頼まれたからか?
ルルーシュの判断ではなさそうだが、どうだろう。

合衆国の憲章の批准する国家はかなりのものか。
EU脱退国まではいるらしく、巨大な連合国家が出来る
合衆国の議長兼代表はゼロではなく、神楽耶になっているな。

連合国家構想、超合集国は憲章に批准した国家での合議制。
各国の軍ではただの烏合の衆によって、固有の軍事力を永久に放棄。
安全保障はどの国家にも属さない戦闘集団、黒の騎士団と契約する事で成り立つか。
資金や人員を提供してもらい議会の決定でのみ動く。
各国で武力を持つのは騒乱の元、だからこそ最高評議会の議決によってのみの軍事力の行使。
人員も提供してもらうとなると、黒の騎士団は基本指揮権を持つという事になるのだろうな。
ある意味理想とも言える、構想かな?
色々と問題はありそうな気がするけど・・・。細かそうなところで。
全ての合衆国を守る盾となり、外敵を制する剣となろう。
大義が護られる以上、何も怖いものはないのだろうな。

だからこそ、その最初が黒の騎士団への日本解放を要請。
黒の騎士団にとってはようやくここまで来たという感じだな。
取り戻すのはカレンもだが、扇はうわの空。

皇帝がいきなりテレビからの登場。
シュナイゼルらにとっても予定外?でもなさそう。
軍がすべて勝手に動いているが、いいことなのだろうな。
中華連邦に対する宣戦布告でなく、ゼロに対する宣戦布告になっているがな。
ブリタニアと合集国、世界を手に入れるのはどちらか?
全てを手に入れるか、全てを失うか。
二者択一、同じことを繰り返すか、そうでないか。
ブリタニアと日本、あのコールは怖いものがある。

ルルーシュは皇帝が現れた事で軽い錯乱状態だな。
一気にナナリーの安全が脅かされたからな。
今すぐにナナリーを助けなければならないが、打てる手がない。

C.C.に八つ当たり、仮面で皿を割った。
手を切って血が出ているな、やはり治らない?

C.C.にとっては馴れたこと。
「いつもより平気。
寒い時は助かる。
外から痛いほうが、中から痛い方よりも。」
ルルーシュにもここまで壮絶な生活を聞くのはなのは初めてだろうな。
時代が違うとはいえな。
震えているルルーシュ。同情している?

記憶がなくてもC.C.はルルーシュの相談を受けるのだな。
「中が痛い時、どうする」
「友達がいたら良かった。友達は味方。」
「違わない。・・・そういう友達ならな。」
友達の定義がよく解らなくなるな。
ルルーシュにとっての友達は味方だったのだろうな。
スザクが味方だったことはほとんどないと思うけど・・・。
昔ナナリーを護ることに関しては味方だったのかな。

スザクにルルーシュから電話。
「ナナリーを助けてくれ。」と。
エリア11は戦争になる。それ以上に皇帝からだろがな。
スザクにとってナナリーは守るべきものではないのか?
やはりルルーシュの餌でしかないのかな?
皇帝が出てきた以上、ナナリーの事は皇帝に委ねなければならない可能性が高いがな。

ゼロであることも認めて頼んだ身勝手な願い。
ルルーシュには頼るべき最後の人か。
その答えは条件つきの受諾。
「枢木神社で二人っきりで会おう。」
何が起こるかな。
血に塗れた黒のキングが何かを暗示してそうで怖いし。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/923-327cbf02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。