上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
中華連邦の象徴である天子奪ったゼロと黒の騎士団であったが、予想を遥かに凌駕する戦闘能力を持った星刻、そしてブリタニア参戦により天帝八十八陵への篭城を余儀なくされていた。孤立無援の戦は徐々に、だが確実に騎士団を追い詰めていく。さらに大宦官は天子諸共、クーデターを起こした星刻抹殺も目論んでいた。果たしてゼロはこの窮地に如何なる秘策で挑むのか!!




Blu-ray版
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume04

DVD版
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume04


O2~オー・ツー~(初回生産限定盤)(DVD付)
WORLD END
わが臈たし悪の華

コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode1
コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode2



全編中華で終わるかと思ったが、エリア11に戻ってきたな。
今回はルルーシュが主役だな。
しかし、行動がなんか笑えてくるのはなぜだろう・・・?
・・・まともなことのはずなのに、行動一つが大げさすぎるせいだろうな。
それがゼロなんだろうけどさ。
後半はほとんど笑いっぱなしだ。

アッシュフォードではクラブハウスの周りに生徒が集まっている。
1年の付き合いだと思うが、随分とミレイは慕われているな。

でもってルルーシュの影武者は小夜子か。
一応ルルーシュの事は知っているようだが、ロロに結構注意されているようだな。
小夜子さんが見ていたルルーシュってああいう感じだったんだろうけど。

ヴィレッタは完全にゼロの配下のようだな。
ロロが怖いのだろうけど、反発とかはほとんどないように見える。
しかしここは、結構正確な情報が伝わっているな。
ブリタニアが中華と手と結んで攻撃開始したことまでとは。

で中華では、ブリタニアの参戦により、天帝八十八陵ごと押しつぶすことになっている。
大宦官等は天子を見捨てたか。
次の天子ももう決まっているとのことだから、早いよな。

さすがに星刻も黙っていられなくなり、行動を開始しようとするが、ジノが邪魔に入る。
ブリタニアも国際的には宦官が国の代表で、天子は国の代表で無くなったということにしたのだな。
クーデターの首謀者という事でつぶすつもりなのだろうけど、ジノは紅蓮を捕まえた事になんか怒っているようだな。
自分が倒したかったからかね。

C.C.も暁で出るのか、結構積極的だな。
それをルルーシュが心配しているのも珍しい、カレンの二の舞は嫌なんだろうな。
まあC.C.が捕まるといろいろ終わるけどな。

ブリタニアの主力は空戦部隊のようだな。
次世代の量産機も大量に居るようで苦戦は必至。

スザクには藤堂が頑張っているな。
モルドレッドはクーデター連中の掃討。
星刻はジノの相手で精一杯か。

モルドレッドを使えば一撃で終わるようだが、そうはしないシュナイゼル。
天子殺しと言われるのを避けるため、ブリタニアは大火力は使わないか。
反発を生むのは確実だからな、大宦官たちが始末付けないとだめなのだろう。

ゼロと大宦官の秘密通信。
敗北宣言をするとでもいって繋げてもらったのかな。
ゼロが随分と下手に出ているな。
だからか、大宦官は言いたい放題だな。
天子などただのシステムとまで言っているし。
なら大宦官もただのシステムにすぎないよな。

貢物としてブリタニアの爵位以上を差し出しても黒の騎士団につくことはないか。
「領土の割譲と不平等条約の締結すらもどうでもいい」ともうブリタニアの貴族きどりだ。
しかし、ブリタニア貴族になれたとしてもあの制度上でこの人たちは生きていたかね。
「ノーブレス・オブリージュを知らぬ官僚」だしな。
小説を読む限り、ブリタニアは貴族という名だけで甘受できる国ではないはず。
でもルルーシュの貴族への対応とかをみると甘受出来ているようにもみえる。

ブリタニア側の攻撃により上に穴があいたか、甲板がむき出しだ。
その混乱の最中、天子が外に出ている。
天子は外に出れたのに、神楽耶が外に出られなかったのは命令があったからのだろうな。
星刻が飛んできて神虎で天子をかばっている。

ジノにかなりやられた状態でもってかばっているのでますますボロボロになる神虎。
クーデター組は星刻と同じように壊滅しかかっている。
6年もかけて準備してきたのがこんな結末・・・、誰かにすがりたくなるな。
約束を守れない、彼女を救えないではな。

「聞き届けよう、その願い」
新機体、蜃気楼をもっての登場。
悪役じゃないゼロだな。
ある意味玉虫色のゼロ。前回は敵で今回は味方。

ゼロ自ら再戦しているのを何故驚いているスザク。
前からそうだったはずだが・・・?
星刻が驚くのは分かるが、そんなに変なのかね。
まだ前線でない分ましだと思ったが。

蜃気楼の操作はキーボードか、音が面白いな。
ガウェインのドルイドシステムを転用し、絶対守護領域は世界最高峰。
ついでにモルドレッドにとっても厄介と言われる相転移砲。
ルルーシュらしい機体だな。
でもこれであまり墜ちなくなるかな。

とりあえず星刻らは危機を脱出。
ゼロから星刻には国を率いる器があると協力を説得している。
弱者たる天子、民を救う為にと。

星刻がゼロと手を組まなかったのは部下になることがいやだったからなのか?
まあ天子以外の人には付きたくないということなのだろうけどな。

ゼロがこのタイミングで出てきた理由。
戦力を左右するのは戦術ではなく戦略のため。

上海で暴動、各地でも同時多発的に。
ゼロと大宦官の通信記録が流されたために起こったものか。
天子の映像入りでもって大宦官の悪役っぷりが際立った。
メディアを使った戦略は一番早いものな。
それにここまで民の行動が早かったのは存在していた策略を利用したため。
星刻もそこまで考えていたわけか。
星刻はそれを使うには時間が足らなかったが、ゼロにとって十分だったのだろうな。

形勢は逆転に向かっているかな。
アーニャの相手はいつの間にかC.C.と千葉になっているな。
C.C.とアーニャは共鳴した?
あの映像はアーニャのものなのかな。
幼いころのルルーシュにナナリーと、昔関係があったのか?
にしても遊んでいるルルーシュとナナリーを眺めている皇帝がいるってのがなんか違和感。
一応いい父親だったのか?
でもって何かを悟ったC.C.。
そろそろC.C.の秘密主義もどうかならないかな。

アーニャに隙が出来た事で朝比奈がモルドレッドを落とした。
流石の事にスザクとジノが慌てている。

空爆すればブリタニアの勝利が、シュナイゼルにはその気はない。
「国とは領土でも体制でも無い、人だよ。
民意を失った大宦官にブリタニアに入る資格はない」
いい人らしいシュナイゼル、これ以上の介入の必要なしと撤退し始めるか。

シュナイゼルならそうするだろうと読んでいたルルーシュ。
皇帝ならば、そのまま行動したのだろうな。
黒の騎士団をつぶすにはいいチャンスだし。

ブリタニアに見捨てられた大宦官。
星刻が自分の手で始末したか。
自国の事は自国のひとでだな。

後はカレンだが、もうブリタニアへ捕虜として引き渡した後。
取り戻すのが難しくなってきたな。
スザクへ引き渡されたならば、エリア11へになるのかな。

V.V.とジェレミア。
飛ばされてきたらしいバトレー一行。
ジェレミアの最終調整ため呼ばれたらしい。
バトレーらは久しぶりだな、シュナイゼルとはどうなっているのかな。

天子と星刻、これからの事。
約束はこれでおしまいってことじゃなくて未来へ確約。
簡単に死ね無くなったな、星刻は。
この二人はほんとほのぼのだな。

そこに水を差すディートハルト。
天子の婚姻が無効になったことで日本人の誰かと結婚してもらおうと画策。
藤堂、玉城が候補・・・さすがに天子が可哀相だ。
神楽耶が反対、C.C.と千葉も。
問題天がどこか分からないルルーシュ、一時話を中断。

玉城の話を聞こうとするが、シャーリーからの電話でそっちにかかりきり。
玉城が役職が付く事があるのかな。

卒業イベントの事で電話掛けてきたようだな。
会長自身に決めさせたほうがいいって、会長のイベントでは豪い目しかあってないはずだがいいのか?
まあ隠し事が難しいってことがあるのだろうが。

で試しにシャーリーにあるカップルを家の問題で別れさせたいと聞いてみた。
シャーリーにまで反対され、恋はパワーなのと断言。
かなり具体例を出しているのはそれを実践したのか、シャーリーは?

「誰のためにいつも以上の力が出ることはないのか?」
自分を鑑みてようやく分かったルルーシュ。
「思いには世界を変える力もある」
結論がついたところで切れた電話。いつもの事とは言え、可哀相だな。

「天子よ!
貴方の未来はあなた自身のものだ」
吹っ切れたゼロは面白いな。
天子達に関してはほとんど介入しないことに決めたのだな。
周囲はほぼ納得しているが、ディートハルトは不満気だ。
そういえばディートハルト、ラクシャータの事なんか苦手なのか?
変な感じがしたが。

シャーリーは最近のルルーシュの行動を妙だと思っているのだな。
よく見ているせいもあるのだろうな。
そこにルルーシュの格好をした小夜子と遭遇。
地下司令部の存在がばれるとまずいと小夜子がやらかしたのは何だろう?
抱きしめたぐらいじゃないよな、あれ。

ルルーシュとC.C.。
脱ぎ散らかしたC.C.のを普通にかたずけている、ここの行動はあまり変わらないな。
民衆が立ち上がった以上、中華でやることはひとまずなしと、エリア11へ戻ることにしたルルーシュ。
「見てみたいだろう心の力」
ここら辺成長したよな、ルルーシュは。
確定されないものは全く信用しようとはしなかったのに。
まあエリア11をスザクに委ねた事もそうなのだろうがな。

でようやく本来の目的に向えるか。
中華にあるギアス嚮団の本部を見つけることか。
いつの間にか、そこまで行っていたんだな。
ロロもそこの所属だが、場所は知らない。
頭首を変えるごとに教団の位置を変えて来たらしく、C.C.も場所は知らないのか。
物資の流通などと痕跡を辿ることで捜すようだな。
バトレー達がかかわってくる以上、見つかり易くなっているかも?

C.C.の後の頭首がV.V.。
どういう理由で代替わりしているのかね。
嚮団から手を引いたあとでも願いを叶えてくれる人を探していたのだろうC.C.は。
C.C.の願いは嚮団とは関係ないのかね。

機密情報局の建物、水族館。
ラウンズの対策のために帰ってきたルルーシュ。
ロロには甘い顔だな。ロロもかなり嬉しそう。
しかし、ヴィンセントは出す気ないんだな。

学校へ戻るとシャーリーが随分と落ち込んでいる。
昨日の事を話しに来たようだが、アーニャに邪魔された。
ジノもいる。
どうも学園に入って普通の学生ってのを体験するらしい。
ラウンズがここでやることなくなったからか?
アーニャは確かめたい事があるからな、その為かね。

ジノ、ルルーシュの肩を叩こうとした時一瞬止めたな。
怯えているとでも取ったのか?
アーニャが撮ろうとしていた写真が一瞬ぶれたな。
いつの間にか手も外れている。ロロがギアス使ったのかな?
ロロはシャーリーに対しても不快感を示していたが、大丈夫かな。
ルルーシュに対しての独占欲がかなり深くなっている。

次回予告がかなりおかしい状態になっている。
走っていたり、飛んでたりしているのって小夜子さんだよな。
あの人はいったい何者だ。
走り方が、なんか忍者っぽいが。
そういえば、落ちていた女の人ってコーネリア?
どうなってのやら。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/907-fb2dc474
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。