上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
かつて清水家の存在した場所で、遂に、雷鳴は雷光と対峙する。雷鳴は、清水家を滅亡させ、侍の誇りを汚した人間として、雷光を切り捨てるべく、刀をふるう。
一方、森羅万象の秘密をめぐり、帷を問い詰めていた壬晴のもとには、予期せぬ来訪者がやってきていた。






隠の王 3 (3) (Gファンタジーコミックス)
隠の王 4 (4) (Gファンタジーコミックス)
隠の王 5 (5) (Gファンタジーコミックス)
隠の王 6 (6) (Gファンタジーコミックス)
隠の王 7 (7) (Gファンタジーコミックス)
隠の王 8 (Gファンタジーコミックス)

CRAWL (DVD付)
HIKARI


雷光と雷鳴の前哨戦。
雷光の勝ちであっさり終了。
剣戟にクラシック、合うような合わないような

清水家を壊した理由は尋ねない雷鳴。
全て雷光が殺しつくしたでいいのか?
学生にすべて殺せる腕があるのかとか気になるがな。
そんな腕ならば雷鳴も無茶はやらないと思うけど、・・・そういう話はなっかなそういえば。

この兄妹は人の話はあまり聞かなそうだよな。
一応聞いてはいるんだけど、内容の深読みとかはしなさそうで結局頭に入ってなさそうだ。
自分の考えを持っていることで違う物を認められなにくいというか。
間違ってると思ったら剣は握れないからだろうな。

死なないように殺された雷鳴は、雷鳴の命は別状ないが、侍としての命は殺された。
黒我門が奪われたことが屈辱的なんだな。
雷光は雷鳴を隠の世から外れて欲しそうだったが、結局憎しみを増やしただけだよな。

壬晴達の方は帷の同居人・英が宵風を拾ってくる。
帷と宵風も会うと戦いになるよな。
今回は近所迷惑ということで止められたけど。

宵風をもてなす英。
事情は一応通じているようだな。
帷が唯一逃げ込めそうな人だよな。
事実、もう泣いているし。

帷は一応壬晴に事情を話す気あるのかな?
叶えられることの不幸を心配しているからこそなのだろうが、それは結局願いを叶える為の代償のようなものではないのか?
何も無くて叶えられるものでもないと思うがな。
それでも代償として大きすぎるからこそ使わせたくないということかな。

壬晴と宵風は状況確認とこれからの事をはなしている。
時間がないと分かっているのに、切羽詰まっているようには見えない二人。
両方ともマイペースだからだろうな。
壬晴は少し変わったよな。
死んでないというか能動的になったかな。

壬晴が宵風に握手を求めるが宵風は触られるのがいやと拒絶。
英が着て無理矢理握手。
「全部ひっくるめて抱きとめてあげる。」と言える英はいい保護者だよな。

帷は宵風が森羅万象を求める理由は生きるためと思っているのだな。
帷にとって隠の王とは全ての欲を断ち切る存在でなければならない。
この世を終わらせるために。
・・・どこにもいなさそうな人だな。
無気力状態の壬晴ならばそうだったかも知れないが、人に合わせるようになった今では無理では?

我雨は置いてきぼりで事務処理中。
我雨は元一般人か、そういう人ってそこまで多くないのかな。
多くはそういう血筋かとかかね。
我雨から見た雷鳴の妄想はすごいモノがあるな。
花までしょっている・・・。
雷鳴に救われて隠の世に入ったとはいえ美化がすごい。

雷光の過去を服部に尋ねる我雨。
清水本人に聞くことは怖く、事情を知ってそうなのは首領ぐらいか。
清水家は隠の世を見守るが故に、曖昧で閉鎖的な家。
それに対し異議を唱えたのが雷光。
清水家の血を捧げることで誠意の証明して灰狼衆に入った。

天パにチキン頭とののしり合う我雨と雪見は相性悪そうだ。
雷光が我雨に投げたのって醤油?

雪見のとこの兄妹は仲いいな。
雷光と雷鳴も昔はこうだったか。

ネタだけしか食ってない雷光に対し、我雨はシャリだけ。
お米が好きだからで済ませれるものなのか、それは。
しかし元気のなさに比例して、神がかり的私服のセンスって何?
今着ていたのって制服のようなものなのかね。

自分を低く見すぎと雪見に言われた我雨。
隠し事には3種類ある。
心底触れられたくない隠し事なのか、言いたくても黙っておかなきゃいけないことのか。
誰かが聞いてくれることをどこかで期待しながら隠しているのか。
2番目の隠し事は帷かな。最後が雷光か。
最初は誰だろう?
・・・そういえば我雨、雪見に慰められているな。

仕事中の我雨と雷光。
我雨は雷光の助けになりたいが嫌われたくない。
だからこそ過去を聞けない。

集中が途切れた雷光。
雷鳴としあった事で昔を思い出したのだろうな。
服部のやり方が正義と思いつつ懐疑的な部分もありそうだな。

隙をつかれた雷光が怪我。
本誌では頭だったが腕に変更か。
腕の方がやばいと思うけどな。侍なんだし
我雨が気をそらしたが返り討ち。
殴られる我雨を見て雷光が狂乱。
何度も斬っている。なんかのトラウマでも引き起こされた感じだ。

雷鳴のところには壬晴一人で向うのか。
着いてきたら舌噛んで死んでやると壬晴は帷を脅しているし。
帷がついてきたら動きずらいからかね。
何も返せないから、優しくされたくない二人は一人の方が楽か。
優しさの定義はあいまいだよなが、些細なことでも受け取る人によって違うだろうし。

次で雷鳴達の事は決着するのは無理だよな。
過去編が入るだろうし。
雷鳴の怪我もすぐには治るわけじゃないはずだしな。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/902-83b3e9f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。