上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
ソレスタルビーイングの介入行動に拒否権をもつ“監視者”のひとり、アレハンドロ・コーナーはこれまで彼らが行なってきた介入行動について振り返っていた。





機動戦士ガンダム00 2
機動戦士ガンダム00 3
機動戦士ガンダム00 4
機動戦士ガンダム00 5

第1期OP曲 DAYBREAK’S BELL
第1期ED曲 
第2期OP曲 Ash Like Snow(初回生産限定盤)(DVD付)
第2期ED曲 フレンズ

機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 1



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


今回は半分総集編だったな。

捕獲されかかった刹那たちの前に現れた新たな3機のガンダム。
それらによって捕獲作戦は失敗か。
しかし、今回の作戦捕獲した後の対応ってあまりにもずさんだったじゃ・・・。
エース組が出動したとたん支援組は撤退したのか?
どこも全く警戒してないのがある意味馬鹿みたいと言うか・・・どこも想定外のことに弱いな・・・。
人的損害的にはあまりなさそうだが、かなりの経費は計上されそうだ。
ミサイルとかはかなり使っていたしな。
この失態はどうやって埋めていくのかな、各国とも。

新しいガンダムのマイスターは兄弟なのか。
実のなのかそうでないのかはよく分からないが、仲は良さそうだよな。
刹那たちと違って・・・。

一番下のガンダムでGN粒子最大散布ってどれだけの広さだ。
砂漠すべてを覆ってる様にも見えたが、そうなのかな。
とりあえず、技術的に新たなガンダムの方が上っぽいな。
みんな、びっくりしていたし。

プトレマイオス組は結局何もせずに終わったか。
連絡待ちだけだったとはな・・・。
負けて当然だったなら最初から行かせるなよ・・・。

あの3人のことはアレハンドロしか知らなかったのか。
というか会議を聞いていた3人はいいのか?
秘密会議ではないのか。

それはともかく、監視者らはそれなりの人数がいたんだな。
監視者というか査定者というか。
やり方的に国連っぽいようだがな。
拒否権やら、うやむやで済ますところなんかが。

とりあえず今回のことはヴェーダの推測でも捕獲される確率は高かった、ってあれを逃れる方法ってあったのか?
どうみても無理だろう、全く無策で突っ込んで行ったんだし。
ともかく、それのせいでこれからも刹那たちにこれからのことを任すかどうかの判断するため今までの振り返り。

・・・これで一応はヴェーダの予測範囲内なんだ。
ガンダム捕獲のことなんかは予測範囲外らしいけどな。
予測されて当然に近いはずだが、どんなデータから取った予測値なのやら。
ついでにヴェーダの最終状況ってどんな状態になることなんだろうな。

刹那たちの暴走は、刹那たちが世論を気にしているというか自分の感情に素直だったせいだろう。
トリニティらが断言したとおり、ある意味、ガンダムマイスターとしては失格だよな。
これからもまた続けていくことは決まったようだけどな。

これから先のことにトリニティらも入れるのか?
だとするとなんとなく内部で対立しそうだな。
任務に忠実かもしれないが、戦闘狂に近そうだし、感覚的に合わなそうだ。
ティエリアにとってはうれしい存在かな?

しかし、なんかアレハンドロが黒幕っぽく見えるな。
今のところすべてを知っている人間だからかね。
この人の行動はすべてに面白がっているという感じだしな。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/837-11543365
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。