上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
史明に捕まった鳳星は「岱燈を殺さなければ紅英もろともお前を殺す」と脅しを受ける。が、鳳星は隙を突き自力で脱出する。史明はすぐさま屍人を追っ手として放つ。屍人には普通の攻撃が効かず、鳳星には逃げるしか術が無い。山中を逃げる鳳星は、鳳星と紅英を探しに来た岱燈と劉煌に出会う。岱燈達から紅英も山に入り、戻ってない事を聞いた鳳星。その脳裏に先ほどの史明の言葉がよぎる。史明より先に紅英を見つけなくては、彼女の身が危ない。師であり、親代わりでもある紅英を救うため鳳星は屍人を岱燈達に任せ、その姿を求め走る・・・。






かけがえのない人へ
獣神演武DS



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。



前回の予想、ほぼ当たりかな。
鳳星と紅英はいい師弟関係で悲しいのだが、何かがおかしい感じだったな。

史明に捕まっていた鳳星は脅しをかけられたが、自力で逃げ出したか。
紅英は鳳星を探しに行って史明を代わりに見つけたか。
しかし、紅英があっさり史明に負けたのはびっくりだ。
それなりに強いと思っていたのだが。
というかこの二人は知り合いなのか。
史明の体は違うようだけど。
史明は人を乗っ取って生きているんだな。
あの剣が本体に当たるのかな。

逃げた鳳星はゾンビらを紅英を探しにきた岱燈達にまかして紅英を探しに行く。
あのゾンビらは火とか効かなかったのか。
というかあの後すぐ逃げたのか?

鳳星は紅英を探し出し、家路をたどる。
そういえば紅英はもうすぐ40だったんだな。
ということは鳳星とは親子でもおかしくない年齢だったんだな。
修行もそこまでスパルタでもなかった感じだったな。
ゾンビの弱点は眉間か。
あの文様が浮かぶ場所なんだな。
紅英の知らないことってなかったのかな。

史明の術は完全に死なないと操り人形にはならないのな。
それにしても鳳星、紅英担いでいたはずだけど死んだことに気付かなかったか。
心音とかどうなっていたんだろうな。
史明の操り人形はほとんど普通の人と変わらずか。
あれでは気付きにくいわな。
しかし岱燈達が最初に考えたのが偽物か。
いつ入れ替わったことになるんだろう・・・寝ている間かね。

岱燈の2度目の暴走。
史明は人の狂気を見るのが好きなのかね。
憎悪というよりも憎悪による狂気だよなあれは。
でもやはり頼羅がとめたか。
しかしなんで頭突きなんだろう・・・?
ほかに止め方はないのか?

鳳星たちは最後まで紅英を生き人として扱っていたんだよな。
でないとあの行動は変というか、何が違う感じがするし。
一応死んではいるはずの人。
もう戻らないのは確実。
紅英が死ぬだことに対しての悲しみもあるだろうけど何か違和感が・・・?
史明に対する憎しみよりも罪悪感が強そうだ。


スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/806-67e50ef7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。