上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
刹那はモラリアの戦場で、すご腕のMS(モビルスーツ)搭乗者と遭遇する。その男とは、かつて刹那に戦闘技術を教えた傭兵、アリー・アル・サーシェスその人だった。






OP曲 DAYBREAK’S BELL
ED曲 



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


進んでいるのかいないのかよく分からなくなってくるな。
いろいろと小難しくなっているし。
副題の「報われぬ魂」って誰のことだろうな。
刹那のことか、今回死んだモラリアの人たちか。

サーシェスの声を聞いた所為で昔を思い出し暴走する刹那。
知っている人か確かめるためにコクピットを開けさせるという暴挙。
途中でロックオンが割って入ったからどうにかなったか。
・・・あのままで刹那、戦えたのかな。
とりあえず、今のところ刹那があれに勝てそうに無いように思えるな。機体性能はほっといて。

サーシェスはやはり刹那に昔、戦い方を教えた人か。
というか、子供を使って国を滅ぼさせたような感じか?
老人や女性、戦えないものを殺して子供らを戦士と仕立てた様に見えたが・・・。
神とかの意義はなんか人心を掌握するために使われやすいし。
サーシェスはまんま実利主義の人間に見えるからな。
刹那は未だに神を信じているのか?

刹那の暴挙により、過程をほとんどすっ飛ばして一気に最終フェイズか。
移動中、刹那の後ろにティエリアが居たから撃ちそうだなと思ったが、本当に脅しかけていたな。
ティエリアの行動はある意味わかりやすいな。

物量戦で分が悪いかと思ったがそうでもなかったか。
AEUはそれほど動いてないし、PMCも逃げているのがいたしな。
かなりの圧倒的だったんだな。
刹那の暴走もそれほど障害にはならなかったようで。
軍事基地司令部の防衛網を崩せば相手から無条件降伏信号。
そうすれば後は撤退するだけのCBか。
事後処理は大国に任せるしかないんだな。

AEUでも予測していた最悪の結果か。
イギリスが救難準備したようだしな。
フランスの目論見が失敗して、イギリスの目論見が成功となったのかな?

しかし、たった数時間ででた犠牲が500人。
民間人等も含めてか、かなり多いな。
都市部でも損害が出た所為もあるだろうしな。
軍事訓練だったはずがかなり大規模なことになったものだな。
モラリアはこれからどうなるのやら。

ガンダムマイスターが集まって刹那をお仕置き中。
といってもロックオンが刹那を殴っただけになったな。
刹那はあの行動の真意は言わずじまい。
ティエリアは銃まで持ち出してきたけど、刹那もそれに対応するし。
まあどう言えってのもあるだろうな、あれは。
知り合いかもしれないって言った時点でかなりやばいだろうし。

刹那たちをガンダムマイスターを選んだのはベーダらしい。
コンピュータによって選ばれていたのか?
ティエリアもその決定だけは文句をいえないようだな。
CBの全てってそのベーダにかかっているのかな?
それを創ったのがイオリア・シュヘンベルグとかか?
しかし、かなり問題有りばかり集めているような・・・。
どういう基準だったのかね?
身体能力?、思想?、将来性?

モラリアの一件でCBに対して悪意が集まってきているな。
教授のように何か別の意図を見出している人もいるけど。

世界中で同時多発テロが発生。
CBをあぶりだすためのものかと思ったがちっと違うようだな。
どちらかというと民衆とかも含めて悪意を全てCBにかぶせるためのものっぽいか。
どこぞの武装組織がやったというよりは各国の思惑で起きてそうだ。

テロを聞いたロックオンが怒りをあらわにしている。
いつも飄々としていたのに珍しいことだな。
テロというのにかなりのトラウマがありそうだな。
とりあえずCBに対しての宣戦布告のようなものだから、その組織を殲滅させる理由になるか。
・・・刹那が纏めたのが変な感じ。

そういえば、後ろで遊んでいたハロ。
あれは防水加工されているんだろうか?
ついでにあれ波に攫われていたのに自分で戻ってきたんだよな・・・。
どうやったんだろう?

次回は刹那とマリナが出会うのかな。
で話がどうなるのかがかなり不明だな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/803-2a7c7ada
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。