上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
キースと2人、地球の地下深く、グランドマザーの元へと降り立ったジョミー。
彼を待ち構えていたのは、驚くべき真実であった。
一方、全人類圏へ向けてキースのメッセージが発せられる。
人類とミュウ、その相容れることの出来ない二つの種族に共存の道はないのか?




地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.4 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.5 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.6 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.7 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.8 【完全生産限定版】
竹宮恵子BOX
地球へ・・・

endscape(初回生産限定盤)(DVD付)
Love is...(初回生産限定盤)(DVD付)
JET BOY JET GIRL(初回生産限定盤)(DVD付)
This Night


F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。

綺麗に終わったな。
いささか詰め込みすぎでばたばたと死んでいった感がどうしても納得が・・・。
面白かった事は面白かったな。
地球の緑の丘って最後のシーンになるのかな。

グランドマザーとジョミーとキース。
ジョミーはグランドマザーに対しても話し合う気でいたのな。
「人類とミュウの共存はミュウの殲滅はグランドマザーに与えられた絶対命令により無理。
人類こそが悪であり、グランドマザーが最後の良心」
グランドマザーが良心でキースが良心の砦か。
「このプログラムを変更できるのは完璧な人間だけ。
人類は我を必要や、否や」
コンピュータもキースだよりか。

ということでキースの説得に廻るジョミー。
「人類の真の愚かさを知らない。
ミュウと人類の基本が同じなら、なおのこと。
SD体制をやめるわけにはいかない。
欲望は人類全体に解き放つことになる。
ミュウが生き残るためには人類を殲滅するしかない。
SD体制は人類の欲望を封じ込めたパンドラの箱」
と人もミュウも信じることが難しいといっているなキースは。

心配しているセルジュとトォニィ。
他はそこまで心配してないのな。

スウェナがキースからのメッセージを公開。
前回預かっていたデータか。
マザーがミュウ因子を排除しない理由を話しているな。
「SD体制以前に発見されたミュウ因子。
進化の必然か、進化の気まぐれか、また世界の主導権を握るのはミュウか、人類かを見定める実験を始めた。
そうやってSD体制が出来たということなのな。
ミュウ因子が進化の気まぐれとしたら、自然消滅するはずだった。
だが、ミュウは生き残った。
SD体制にはミュウを受け入れるプログラムは存在しない。
人が一人一人何をすべきか考えて行動せよ」
SD体制を維持すべきといっていた人物からのメッセージ。
ほとんどの人にとっては寝耳に水どころではないな。
軍の間では戦闘放棄が広がったようだがな。

トォニィはまったく受け入れがたいことだがフィシスに諭されている。
トォニィに説教するフィシス。
なんか別人のようだな。
前回のキースと対峙したことで何かが変わったのかな。

上の騒ぎは知らずに、こちらでは未だ対峙中。
剣を使って決闘か。
「他の道を模索しようとしない」
「道があればとっくにやっている」
両方とも本気を出してない。
ジョミーがマザーに拘束され中断。
現存のミュウの殲滅を敢行するマザー。
ジョミーはミュウの力を使わないのは話し合うために来たためか。
ここらへんまでキースはずっと迷っていたのだろうな。
布石は打っているのに変な話だがな。

「命令を実行せよ」というキースに「自分のしたいようにする」とマザーに向けて銃を撃った。
「ミュウの生き様を目にした時、人を省みずにはいられなくなる」
ミュウによる精神汚染され、速やかに排除と言い渡された。
完璧な人類と認識していたわりにはあっさり排除なのか。
体制が承認されれば用はないという事か。
でキースは刺された。

ミュウの力をあわせてマザーを破壊。
あの一瞬で力が集まったのかと思ってしまったがな。
あれだけの大きさだったからかなりの疲労困憊になっているな、ジョミー。

まだ生きていたキース。
でもどうしようもない状況だな。
でも「話がしたい」か。
ようやく普通に会話が出来た二人。
本音で話すのは最初で最後だろうな。
「生まれて初めて自分のやりたいようにやったまでだ」
それは今回のこと全てだよな。
スウェナへ渡したメッセージとか。
マザーもまだ生きていたようでジョミーも刺された。
しかし、マザーのこの力は一体なんだろうな。
場を形成しているからどんなことでも可能というところなのかな?

ユグドラシルも崩壊している。
シャングリラが地球への救出へ向かっているのか、シドは大きな決断をやっているな。

まだ壊れてないグランドマザー。
あまねく我は人類とともに存在する、ってかなりしつこいな。
「聖地・地球の消滅を持って最終フェイズ並行される」
地球を壊しても構わないってネットワークの方が本体なのかマザーは。
でもまだあきらめないジョミー。

メギドが地球へ向けて回頭中。
メギドで破壊するのな。
そこまでしてマザーが地球を破壊する理由は何だろうな?

トォニィがジョミーたちのところへ到着。
間に合ったというか、ジョミーが呼んだのかな?
「頼みたいことがある。
地球を破壊しようとしているメギドを止めてくれ。
最後の頼みだ。
仲間の想いを無駄にしないために。
お前は強い子だ。僕の自慢の・・・。
ミュウを人類を人を頼む。
お前だから頼んでいるんだ。
お前は次の時代を生きろ、そのために僕たちは戦ってきた。
ブルーとの約束を果たすために。
人類と手を取り合い新しい時代を作れ」
「若者よ、伝えてくれ。人類とミュウを手を取り合えと。」
「強くなんかない、まだ子供だ」
「お前が次のソルジャーだ。
ミュウを、人類を導け」
駄々をこねるトォニィを説得するジョミー。
ジョミーは最後まで人とミュウのためだな。

「ミュウと共に地球を護れ」
キースからセルジュへの最後の命令か。
こちらも悲しいものがあるな。
ワルキューレで出撃するセルジュ。

レティシアの結論。
「ミュウの力は伝える力なんだよ、人類とミュウを繋げる。」
人類とミュウが人として立ち上がった。
キースのメッセージによってSD体制は破壊されるべきと結論がでたのかな。
マザーネットワークの破壊し始めたようだし。
ハブが破壊されれば機能は低下するか、確かに。

リオが地球の人をかばって死亡。
いきなりすぎだ。
人をかばってはリオが最初になるのだろうけど、リオは死ぬ必要あったのかとちょっと思ってしまうな。

メギドを人類とミュウで協力して壊している。
最後の命令は遂行されているな。
だが、一基だけ破壊されず。
最後の一基はマードックが特攻か。いいとこ取りだな。
「あの馬鹿に会ったら伝えてくれ。
お前は良くやったよと」
ミシェルも一緒に亡くなったか。
らしいと言えば、らしい最後だよな、この人たち。

カナリアの子の場所まで降りてきていたのか、長老ら。
長くは持たないと力をあわせて子供らを転送。
フィシスもなのか、フィシスは力なくしていたんじゃ?
「私たちのことを覚えていてください」
とフィシスも子供らと一緒に転送。

「強いよ。思っていた以上だ」
「手がつけられなくなる」
「大丈夫、彼らなら」
「パンドラの箱を開けてしまったのはよかったのだろうか」
「後悔できるのは人間だけ」
「全力で生きたものにも」
「お前に会えてよかった」
「箱の最後には希望が残ったんだ」
途中で思念派に変わったのは声がもう出なくなったからだろうな。
ジョミーが先に死亡か、キースもすぐに逝った様だがな。
長老らも亡くなった・・・。
・・・悲しいな。

フィシスらとカナリアの子らはシャングリラにちゃんと着いたか。
マザー、女神様ではなく、人となったフィシス。
これから先カナリアたちの面倒見るのかな。

地球を後にし、人の未来へ向かうシャングリラ。
トォニィがソルジャーとしてがんばっているようだな。
ハーレイが作っていたレインの木彫り、完成していたんだな。

地球が青に戻った。
何千年かかったのだろう。
とりあえず、人も機械もいない方が地球にとっては良かったということなのかな。
最後に映った花はナスカで最初に咲いたものと一緒だよな。

半年見てきたが、それなりに面白かったな。
ちょっとばかり突っ込みどころはあったけど。
半端に話を聞いていただけだからな、原作を読んでみたいものだ。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/772-41d4e0d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。