上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
死を覚悟した樹達の前に、封じられていたはずのシュウが降り立つ。シュウは由乃の元にいくため、海底に向かう。そこで見たものは竜宮城とレジスタンス艦隊を襲っている巨大ハーディアンと、捕われている瀕死の七生だった・・・。人類の存亡をかけたハーディアンとの最後の戦いが幕を開ける!


OP曲 時空を超えて
ED曲 君がいる限り
TVアニメ「キスダム-ENGAGE planet-」オリジナルサウンドトラック




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。

ネクロダイバー襲来。
ガルナザルはシュウのことを坊ちゃん呼ばわりか。
コーティング剤っていつの間にそんなものがあったんだ?
前回まで閉じ込められていたあの物質のことなのかね。
そのおかげか、かなりの数のハーディアン相手に強いよな。

樹を見つけてを事情尋ねる、といっても由乃が先、ついで乃亜か。
竜宮城へ向かったことは分かっていて、七生のことはガルナザルたちも安否確認中か。
とりあえず深海へ行くシュウ。
それを援護するサラディン号。
この船の人たちってシュウの言動そこまで気にしてないよな。
ハーディアンやベルゼブを倒せれば、それはどうでもいい事だからかな。

京香たちもシュウのことは認識。
ここの情報はすごく早いよな、京香がいたところってあまり離れてない?
ネクロダイバーが生きていたところでもう手遅れ、世界中をベルゼブが覆い続けている。
「終わりと誰が決めた。」
神視点だった京香。・・・気づいてなかったんだな。
自分が玲を生んだことだけの罪悪感とかで突き進んでいたのかな。

玲の存在を感じるヴァルダ。
敵を前にしても由乃のことばかり。
その途中で七生発見。
「許してくれ」といい、七生があっさり死んだな。
それもシュウをかばってかい。
由乃に関してシュウに託していたが死んだと思わないのか。
と言うかだったら、あの時追いかけた方が良かったんじゃ・・・・。

シュウが呆然としている間はヴァルダたちががんばっているな。
「強ければ、早くなんとしていれば」と切れたシュウ。
何もかも終わらせてやると半暴走状態なシュウ。
ようやくネクロダイバーの本領発揮か。

ベルゼブが密集しているしていることで誘導体が形成している事を発見する乃亜。
乃亜が役立っているな。
いつの間にか京香も仲間になったのかね?
真崎、サイボーグとしての本領発揮か。
しかし胴着着て刀かい。
あっているようななんか違うような・・・。
水中でも普通に戦えるって真崎は樹と違ってほとんど機械なのかな。
樹はおぼれていたし。
一度ハーディアンに食われたがまだ大丈夫な真崎。強いな。

ベルゼブ、水中でも活動可能になっている。
犠牲前提で突進。
後手に回ってばかりの人類側。
アフラーウエイブを実行するも別の群れが襲来し、同士討ちにまで発展。
艦内に侵入され、どうしようもなくなっている。

サラディン号を助けに向かおうとし、その前乃亜と接触するシュウ。
サラディン号と玲とどちらか二股かける気のシュウに失格、僕たちが後衛は受け持つと言い出す。
ゲルドの鏡。・・・鏡、壊れていたような?
と言うかあの後回収してたのか。
縛りは絶たれるって言うから実体化すればシュウから離れても大丈夫なのな。
ヴァルダたちはアフラーシステムを解析し、それを拡大させ倒している。
人が作ったのよりもかなり効果があるな。

玲がベルゼブを集めているから玲を倒さない限りするベルゼブはいつまでも集まるか。
ドルフィンを当てて注意をそらしどうにか玲に特攻するシュウ。
誘導波を遮断され、ベルゼブが暴走。
誰も制御できない。

それを誘導するヴァルダたち。
僕たち、実体化すると何でもできるんだな。
誘導に従い大気圏外まで連れ出されるベルゼブ。
「一掃する用意は出来た。
エネルギーを解放するだけ」
最後の命令、思ったより冷静だなシュウは。
玲も拘束されているな。

ヴァルダたち死んだ・・・。
ようやく合格がでたと思ったらこれか・・・。
なんとなくは分かっていたが、寂しいな・・・。
そういえば、イエラやはり生きていたな。

ベルゼブがシュウを援護する艦隊。
「生き残るのは俺だっ!」て生きる気あったのか?
玲を倒すと終わりなのかね。
と言うか玲が後継者?
そうでなければまだいるよな、敵。次ぎでてくるのがそうなるのかな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/766-6ac93067
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。