上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
竜宮城とサラディン号はベルゼブの大群に襲われる。七生は、巨大ハーディアンとの戦闘で深手を負い、樹達は船内に侵入してしたベルゼブの大群に対処しようとするが、船内と海上に大量に発生しているベルゼブに逃げ場を奪われ、絶体絶命の状況に陥る。一方、竜宮城に向かう途中に流されてしまった乃亜は京香に救われ、そこで京香から、人類を裏切った理由を聞かされる・・・!

OP曲 時空を超えて
ED曲 君がいる限り
TVアニメ「キスダム-ENGAGE planet-」オリジナルサウンドトラック




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。

ようやく京香がやろうとしたことの種明かしだな。
結局は未来を見てしまったがゆえにいろいろと講じようとしていたのな。
先手を取ったところが結局後手に廻ってしまっているような状態かな。
イレギュラーが多すぎだろう。
で結局、京香がしたことで人類が生き残れる確率は1%も無く生き残れるとしたら京香ぐらい。
それも玲がかばうからか。

やはり真崎がサイボーグか。
もともとはパイロット候補だったのかな。

乃亜は仮死状態で京香のところで見つかるか。
船外作業員が救助って人が多いな、ここも。
息吹き返したばかりですぐ動けるの由乃は一体・・・。

無限の宇宙で知性ある生命体がそれに触れたとき死者の書が発動する。
ネクロダイバーを選び出し、ハーディアンと戦わせる。
伝承者は後継者と戦わなくてならない。
伝承者が勝てば、その世界の人類は新たなる進化を遂げることになる。
敗北すると人類は最後の一人まで黒きしるしに食い尽くされ死滅する。
アフラーシステムは伝承者とハーディアンの戦いの前では意味を成さない。
ハーディアンを倒すかではなく、いつ倒せるかあるいは敗れるかが重要だったからか。
必要にネクロダイバーを倒そうとしたのはとりあえず決着を早めるためだったんだな。

伝承だけでは信じられなかったこと。
死者の書に接触したことで見せてくれた、未来と言う名の現実か。
それに、玲は京香が死者の書と接触したことで生まれたのか。
確かにヴァルダたちと似たような存在な訳だな。
でも人が混じっているから反発する存在なのかね。

玲を恐れていた、憎んでいたって言っていたが、それなりに可愛がっていたようにも見えるのだがな。
精神科に預けようとするが、結局はつれて逃げるし。
でも玲が書く絵にはベルゼブがいたことは別の意味で怖い存在だったような・・・。
来る現実を突きつけられるということだろうしな。

NIDFを組織したのは呪われた子供を生んだことの免罪符代わり。
20年間積み重ねてきたが世界の崩壊を目の当たりにしたとき悪魔に魂を撃った。
早期に戦いは終われば、全滅から免れるかもしれないと。
誤算はシュウが生き延びたこと。
いくら死んだとしてもベルゼブの大量発生が起こったことでは遅い。
「あなたは間違っている。シュウは死んでいない、生きている。」
って、そこかい。

でシュウ、復活か。
でも第一声はそれかい。シュウらしいのかも知れんが・・・。
珍しくシュウはヴァルダたちからほめられている?
残留思念で乃亜のことは分かったが由乃は分からず。
でもシュウは七生を信用しているのな、けどな・・・・。

サラディンのところへ、救援艦隊到着。
かなりの数が着ていたな。あちらも最終決戦的なことになっているのかね。
人類が一つになって戦おうとしているといっているし。
しかし、由乃は飛来してきているのが一瞬でシュウとなぜ、分かる?

ネクロダイバーが生きていることがまた京香にとっては誤算だよな。
しかし今更、京香は人類側として戦えるわけでもないだろうし。
後はほとんど傍観者となるのかな。
最後までハーディアン側として戦うのかな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/761-15e6530a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。