上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
プロメとの会話を続けるディアネイラ。異種族間テレパシーでその記憶をプロメから受け取ったディアネイラは、失われた惑星「エリュシオン」を見い出すために動き出す。そのことにロムは怒りをにじませ、異論を唱える。モビードはディアネイラとプロメの「対話」を記録した事を確認し、それに自分のメッセージをつけてニルバールや他艦へ送る。ディアネイラから最初の進路が送られてきたアルゴノートは「エリュシオン」に向け発進する。




ヒロイック・エイジ II  ヒロイック・エイジ III  ヒロイック・エイジ IV
ヒロイック・エイジ V  ヒロイック・エイジ VI  ヒロイック・エイジ VII
ヒロイック・エイジ VIII  ヒロイック・エイジ IX  ヒロイック・エイジ X

OP曲 angela「gravitation」
ED曲 浦壁多恵「Azurite」
ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックI

ヒロイック・エイジ 1 (1)




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


ディアネイラとプロメの会談は続いているな。
いでよと言う言葉の真理、スターウェーは星々の交流との結論。
記憶の有り様が違うのに受け入れれるディアネイラはすごいな。
混乱するか、下手をすると発狂してもおかしくないだろうにな。

銀の種族側も黄金の種族の力が残っているということで意見が割れているし。
幻想と思っているのは裏切られたからか。
それは感情的な意見だろうに、ロメロ・オーは気づかないか。

とりあえず、銀の種族側もそれなりに賛同者が増えていっている。
会談場所のにある棚のような場所って観覧席みたいなものだったんだな。

黄金の種族が現れた場所、エリュシオンを膨大な記憶の中から見つけたディアネイラ。
誤りではなかったと嬉しそうだな、プロメは。
記憶と感情はディアネイラに委ねる為とまで行っているし。
銀側も賛同者もかなり増えてき多数を占めたか。
ここは民主主義なのだな。

とりあえず、鉄は一時、滅びを免れた。
今行われている争いは止まるのだな。
が、黄金の種族の力をもたらすと言う考えを認めようとしないものも存在する。
ってロム・ローは別か。
ノドスの事に関しては全てロム・ローだけで動けるんだな。

道を見出せなかったとき、黄金の種族の力が存在しなかったときも滅ぼす方へ傾くと脅されるも黄金の種族の力が存在すると言い切るディアネイラは強いな。
プロメですら、言い切ることは出来ないのに。

そこからの延長、ノドスの契約に示されていること生きるあらゆる者たちの道を示している。
道を示す力、スターウェーを作り出す力は誰もが持っているものか。
プロメは記憶を司り、態度で種族に道を示した。
ディアネイラはともに生きる者たちに道を示す。

ディアネイラと同じ力が目覚めれば、生命と生命が結ばれ、星々が交流する。
それがスターウェーを生み出し、満たされる。
それこそが黄金の種族が望んだこと、行おうとしたことか。
それが正しいのかもしれないな、ロム・ローとパエトーは分かりたくないだろうがな。
銀の種族だけではたどり着けない答えだしな。

可能性を信じてくれたことにプロメに感謝し、帰還するディアネイラ。
帰還した後、イオラオスがボーとしていたのはなぜだろうな。
しかし、ディアネイラに感謝されて、いい顔をしたなイオラオス。
ああいうのはやはり犬っぽい。

銀の種族との争いを終わらす、最後の機会と行動を急ぐディアネイラ。
ニルバールたちに銀の種族との対話記録とメッセージを送る艦長。
まだ事情が分からずだろうなニルバールたちは。
ニルバールたちがここに到着したときにはアルゴノートはエリュシオンへだしな。

会談が成立したことにレクティは戸惑っているな。
それに、エイジたちはまだ戦っているな。
決着を急いでいるカルキノスが参戦。
エイジとユティの戦いで星がまた壊れていっているな。

今回は、ユティはカルキノスを止めないのはカルキノスの存在を認識してない。
かなり、やばいそう・・・。

ケルヴィウスが狂乱し始め、エルマントスの力が発動。
レクティの力を持ってもあまり変わらないか。
それに離脱していたメヒタカが邪魔した。
ノドスが全員そろったな。
すぐさま、メヒタカはレクティともに落ちたけど。
メヒタカは戻ったな、また死にかけかね?

ユティはエイジもお互いのみしか見てないな。
で、カルキノスが間に入った。
・・・・最悪だな。
エイジの攻撃がカルキノスに当たっり、ユティの行動が全て止まった。

カルキノス、元に戻っている・・・。
で、消えるカルキノス。
ノドスの石も壊れたか、ノドスの終わりって何も残らないんだな。
レクティ、時間戻せないのかね?

ユティ、狂乱開始なのか、巨大化している。
かなり大きくなっているし、さすがに他のノドスらもすぐさま逃げるか。
ほとんど力の暴走状態だな、宙域全てを飲み込んでいる。
エルマントスの力も駄目か。
飲み込まれていったのかな、エイジたちは。
見事に何も無くなった場所な。
元に戻ったユティが泣いている・・・。
カルキノスにとってはユティを守って死んだから、本望なのかな?

ロム・ローが回収したのはユティのみか。
エイジたちはどうなったんだろう?
ともかくユティはかなりの憎悪を持ってエイジに向かってくるのかな。
感情とか意味無いといっていた銀の種族もいろいろと変わってきているな。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/758-065c28d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。