上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
惑星コドモスのプロメが、いちはやくアルゴノートの来訪を察し、来訪者に備えて準備を始める。コドモス地表において人類が生存できる環境を・・・。これから重大な会話がなされるであろう事をレクティに伝え、その声を聞くように指示をする。一方、ロムもプロメの行為を冷淡に見守っている。そしてディアネイラはイオラオスとともにプロメとの会話に臨むべく、コドモスに降り立つ。



ヒロイック・エイジ II  ヒロイック・エイジ III  ヒロイック・エイジ IV
ヒロイック・エイジ V  ヒロイック・エイジ VI  ヒロイック・エイジ VII
ヒロイック・エイジ VIII  ヒロイック・エイジ IX  ヒロイック・エイジ X

OP曲 angela「gravitation」
ED曲 浦壁多恵「Azurite」
ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックI

ヒロイック・エイジ 1 (1)




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


コドモスへの道中はまったく影響はなしか。
プロメは話し合う気満々だな。
一族の意向は一応置いておいての行動だよなこれは。

戦っているユティとエイジたち。
カルキノスとやった時より周りへの影響がかなりすごいよな。
周りは岩だらけ、艦隊は全滅したしな。

ニルバールがんばっているな。
未だ健在で防衛線は維持しているようだし。
アルゴノートからの通信が今頃か、かなりタイムラグがあるな。

イオラオス、ディアネイラに呼ばれた。
単独で呼ばれるのは初めてじゃ無いかな。
イオラオスを使ってコドモスへ降りるディアネイラ。
護衛もかねているようか。
ディアネイラもイオラオスに関しては馴れたのか。

待ち合わせ場所はこちらの環境にあうように整えられた場所か。
歓迎していることを意味しているんだろうな。
銀の種族はいろいろ生成出来るんだな。便利だな。
アルゴノートは周辺を警戒しつつ、待つしかないか。

プロメの行動、パエトーとロム・ローにとっては愚かか。
名乗りあうプロメとディアネイラ。
本当に鉄の種族の文明に沿っての行動だな。
しかしディアネイラの本名、長いな。

双方ともに筒抜けの会話か。
銀の種族に関してのことがほとんどだな。
銀の種族にとって鉄の種族に関してのことはある程度分かっている所為かな。

戦いながらもプロメの動向へ耳を傾ける銀の種族。
可能性の提示になりえると言うことで、対話を続けることは一応了承されたな。
しかし、パエトーは切れているな。見事なほど感情論だが気づかないよな。

銀と鉄に共通することはノドスを与えられたことだけ。
それが黄金の種族の意思がある。
互いの和解を持って契約が矛盾は整合によって黄金の種族の英知がもたらされるか。

精神の均衡を保っている銀の種族。
宇宙でもっとも怖いのは孤独、精神の共有はそのためか。
銀の種族が動いているのは喪失感と使命感。
鉄の種族を滅ぼすべきとは銀の種族は見捨てたばかりか鉄の種族には力を与えたからか。
八つ当たりに近いのな。
まあ、それだけでなく木星のこともあるけどな・・・・。

鉄の種族は未だ宇宙へ住むことの英知を持たないが未来永劫もてない訳ではない。
ディアネイラとしてはそういうしかないよな、あの兄弟らなら自分たちの所為じゃないと言いそうだ。
黄金の種族から学ぶべきことを模索する二人。

鉄の種族への攻撃について。
この破壊は秩序を保つためのもの、しかし対話による秩序もできる可能性。
銀の種族側も揺れているな。

ノドスたちは誰も近づけないか。
巻き込まれたら終わりだしな。
・・・エイジがメヒカタ攻撃したよな。
狂乱でも引き起こそうとなっていたのか?
ユティはまったく手を止めないな、ユティの精神は繋がってないのかな?

鉄の種族は黄金の種族から学んできたものは無いのだな。
と言うか会ったことすらないのだろうな、エイジ以外。
オロンを見つけたことは黄金の種族に近い証拠か。
ディアネイラが持っている感覚がかつて無い真理。

プロメとディアネイラの考えはスターウェーに関することか。
スターウェーは生命を交流であるとともに命そのものであり、生まれ死ぬもの。
黄金の種族の目的は宇宙をスターウェーで満たすことであるとの結論。
それならば、戦いを許容したのも移動を活発にすることであり、鉄の種族の行いも宇宙にとっての害悪だけであるはずが無い。
争いも可能性の一つと提示されたか。
ディアネイラとアルゴノートの存在が死んだはずのスターウェーを再び誕生させたことがそれを裏付けているか。
しかし、金の種族への信頼は高いな。

だがパエトー認めず、暴走している。
感情と向き合うことはやはりしないか。
アルゴノートへの攻撃は銀の種族が止めた。
まさかと思ったが、かなりびっくりだ。
プロメを支持する銀の種族か。
対話は総意となった。
可能性を認めたのかな。

ノドスを従えるロム・ローに従う銀の種族はまだいるが。
それらが納得しない限り、闘争は終わらないか。
戦い続けるユティもな。
ロム・ローを止めるにはどうするかな。

黄金の種族が始めて降り立った場所。
銀の種族は省みなかったか、スターウェーを失った星だから行けなかったともいえるよな。
プロメの記憶がディアネイラに託されるのか。
プロメはディアネイラを認めたのだろうな。
プロメとディアネイラ、プロメはかなり大きな人だったんだな。
エリュシオンへ向かうか。
エリュシオンで黄金の種族の全てが分かるのかな。

次回、ケルビウス狂乱するのか?
カルキノスはどうなるだろう。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/753-30f60b1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。