上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は街中にはびこっている変な奴らの話だな。
後は煉と綾乃の友情話か。
綾乃はなんかいまさらな話をやっていたな。
今更、人を殺せる力とかなんでだ?
まあいい話なのだろうがな。

変な力を持った人たちは本当に実地でゲームやっているような感覚なんだな。
しかし出てきた二人ともなんか変だ。
あの魔法使いはかなり気持ち悪いな、いろいろと。
キャサリンは霧香に雇われて業務委託契約ですか。
人材不足だからだろうが、こんなの本当にいいのか?
使い方を間違わなければ、役に立つことは確かだからかまわないか。
ある程度の器物破損は覚悟しないとだめだろうけどな。

和麻の実家から放逐されていた過去に関係した人だろうな。
「悪魔に食われるために生まれたわけじゃない」
ついでに何らかの生贄にされて死んだのだろうな。
煉が最初に生贄にされたときに怒っていたし。

煉は帰宅中。
カノンだけかと思ったら、一応いたのな、笠原。
カノンと笠原は煉に関しては良く気が合う二人だ。
こちらも友情には恵まれている。
何があっても動じないし。信頼されているよな。

カノンに絡んでいた奴の兄貴。
子分まで従えているところがなんかおかしい。
しかし、カノンが持っていたぬいぐるみがなんか気になるな。
とりあえず、その兄貴は煉により力を奪われ終了。
身体にまったく影響がでないのはさすがだな。
妖魔が取り付いていたこと綾乃は気づかなかったのか?

しかし、煉が一番関係ないようで結局一番最初に事態に近づいていくよな。
東京都庁まで出向いて探りいれたりのはいささかやばいだろうと思った。
友達まで一緒だし。
でまたも攫われているし。
相変わらず、ヒロイン染みているな。
助けに行くのは綾乃と和麻だよな。

次回は万魔殿内部に潜入か。
ネットを通じて妖魔を取り憑かせて何をする気なのかな。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/743-6bf778a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。