上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。
その租界が突如崩落した。地盤を支える構造体自体を破壊するという恐るべき手段でブリタニア軍に大ダメージを与えたゼロは混乱に乗じて敵本陣に突入する!さらにユーフェミアの復讐を誓うスザクも参戦!
コーネリア対ゼロ、スザク対ルルーシュ!?今、最後の血戦の幕が開く!!!




コードギアス反逆のルルーシュ4    コードギアス反逆のルルーシュ5
コードギアス 反逆のルルーシュ 06    コードギアス 反逆のルルーシュ 07
コードギアス 反逆のルルーシュ 08    コードギアス 反逆のルルーシュ 09 (最終巻)

瞳ノ翼
COLORS    勇侠青春謳
解読不能   モザイクカケラ
コードギアス 反逆のルルーシュ O.S.T.
コードギアス 反逆のルルーシュO.S.T.2
コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 1
コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 2
コードギアス反逆のルルーシュ Sound Episode 3
コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 4
コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 5

コードギアス反逆のルルーシュ―STAGE-0-ENTRANCE
コードギアス反逆のルルーシュ STAGE1 (1) (角川スニーカー文庫 201-2)

コードギアス 反逆のルルーシュ 特典 PC用リフレインディスク(「名セリフ集・ラジオCM」&Windows用「スクリーンセーバー」)付き



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。

ある意味、予想範囲内な終わり方だったな。
2期あるから、ゼロまで戻るかな、とは思っていたけど・・・やはり最初からやり直しになるんだろうな。
みごとなほどの下りようだしな。
しかし何か一つでも、謎が解決して欲しかったな・・・・。
マリアンヌのこともC.C.のことも全て棚上げか・・・。
戦闘シーンが盛りだくさんで面白かっただけにそこが少し残念だったな。

取り敢えず、最初から。
アバンは今までのまとめだな。
OPはDVDのパッケージ絵と今までのものか。
ここにまで力入れる時間はなかったのかな。
いい曲なんだが、あってのかあってないのかよくわからない構成だ。

しょっぱなはオレンジか。
しかしオレンジ、言語機能むちゃくちゃだな。
バトレーへのものは覚えているようだが、どこまで記憶はあるのかな?
実験体にされたのはオレンジの意思ではなかった様だし。
コードRの研究は結局何なんだ?
不老不死に関することだけじゃないよな。
オレンジは変に機械化しているし。

租界外縁の破壊は内部協力者の仕業だったのか。
時限式と言うかあるワードで発動するようになっていたんだな。
クーデター用の仕掛けか?
あの上に載っていて崩落して、コーネリアはよく無事だったよな。
ここでの戦闘は無理とブリタニア政庁まで撤退。

藤堂とギルフォードの再戦。
途中で介入が入って流れたがこのまま戦えば、どっちが強かったのかな。
MVS、配備され始めているのか。
なんなところで時間の流れを感じるな。

富士から東京租界へ移動中なんだよなアヴァロンは。
ユーフェミアのことがあるから本国行きだったのか?
スザクはロイドからランスロットの鍵を奪いゼロの元へか。
すごい傍若無人だな。
ロイドを殴る必要はあったのか?
怒りが先行しているせいで何も見えてない所為なのかな。
自分の手でというならランスロットいらないんじゃ・・・と思わないでもない。

グラストンナイツはコーネリアの部隊になるのか。
本来はダールトン配下なんだな。
シュナイゼルのものかと思ったが、そうでもないのな。
シュナイゼルがコーネリアから借り受けていたと言うことだったのかな。

ブリタニア本国での会議。
皇帝は居らず、第一皇子は役立たずなのか。
皇帝は黄昏の間にいるままなのかな。
取り敢えず、エリア11の処理はシュナイゼルが握るか。
この人はいい事言っているはずなのだが、やはり胡散くささがあるな。

政庁だけ守るブリタニア側か。
テレビ局、学園は占拠された。
学園内の人は無事のようだが、他のブリタニア人たちはどうなっているんだろうな。

ミレイを庇っているのはリヴァルが唯一かっこいい活躍だな。
さすがに玉城のことはゼロが止めたけど。
学園を司令部として占拠し黒の騎士団に守らせるか。
自分の身近に置くことで守れると思ったんだろうが、玉城とかいるからな。
よほどうまく使わないと難しそうだ。
まあ学生相手に遊んでいる暇ないから大丈夫だと思ったんだろうがな。

カレンは生徒会メンバーにばらしたか。
カレンが黒の騎士団にいることはミレイには納得できることだろう。
シャーリーは二人で組んでやったと思っているな。
ゼロだけじゃないのか。

ランスロット来襲。
切れていて誰も手つけられないな。
躊躇もまったくなしか。
せっかく出てきた雷光もまたもランスロットにより破壊されている。

V.V.がばらしたのはゼロが超常の力を持っているってことだけか。
ユフィは汚名を着せられた、ただそれだけ分かればいいことかスザクにとっては。

カレンとスザクの対決。
完璧にこの人たち会話になってないな。
自分が言いたいことだけを言っている感じだ。
壁をうまく使ってランスロットに対応しているカレンはすごいな。
が、やはり紅蓮は右腕に頼りすぎか。
それを奪われてしまえば終わりだし。
「言い残す事はないか?」って悪役のせりふじゃ・・・。
まあそれをやると倒せないのはお約束でゼロ登場によりカレンは無事。

扇もいちおう指揮能力あるんだな。
扇が無事な限り、学園の生徒には手出さないのは確実だったんだな。
不審者を発見ってヴィレッタ。
学園に潜入する気だったか。ゼロを探しに。

ゼロとランスロットの一騎撃ちは生徒会メンバーを人質を使われ行われず。
まあ普通に勝つことは絶対無理だろうしな。
けどスザク人質、関係なしに突っ込もうとしなかったか?
ハーケンは一つではないし、あまりにも無謀に近かったような・・・。
結局、同じ手で罠にはまるのな、ランスロットは。
ゼロ側に時間がなかった所為もあるか。

でランスロットをおいて政庁へ向かうゼロ。
政庁にも防衛システムが完備されているんだな。
要塞化も可能な様にだったのかな。
キュウシュウのはそういうシステムなかったようだが、ここは特別製なのかな。

援軍の空中部隊はガウェインのハドロン砲で壊滅。あっさりだな。
ついでに撹乱させるために政庁の屋上へ。
見つけたのはアリエス宮に似た庭園。
C.C.も知っているのな、いずれその時が来たら、教えてくれるらしいがいつになるんだろうな。
ともかくそこにいたのは佐渡の援軍を囮に待ち受けていたコーネリア。
宴の準備ってこれのことか。自分ひとりだけなのは自信の現れか?
しかしかなり歪んでいるなコーネリアの顔。怖いな。

ヴィレッタと扇。
ヴィレッタはおそらくゼロを探しに来たんだよな。
扇に会ったことで撃ったのは記憶を失っていたことの決別なのかな。
しかし何で止めを刺さなかったのかな?
全てを消したいのなら、ためらいなく殺しそうだが、少しは扇に対して優しさが残っていたのか?
扇は撃たれたことで混乱し始めている。

白と黒の折鶴。
扇が撃たれた後黒が倒れているのは何か意味があるかと思ったが、扇が撃たれたことで黒の騎士団にほころびが生まれている。
これがルルーシュの思惑を外れ負けが決定し始めるってことだろうな。

コーネリアとゼロ。
スペックで圧倒しているとは言うがやはり腕の差が大事のようだな。
コーネリアがとどめさそうとすると、反対に止め刺されている。調子に乗ると反発が来るのはいつも通りだな。
しかし、やったのがダールトンってのがな・・・。
「ゼロにコーネリアを差し出す」とあの時にギアスかけていたのか。
コックピットブロックから外れている槍・・・。
でダールトンはハドロン砲により死亡か。
ダールトンはもう少し使えそうだったので、ちょっと残念・・・。

コーネリアとルルーシュの対峙。
ルルーシュの行動の根本は全てナナリーってのは誰にでも共通なのか。
でギアスで問いに答えさせるが、コーネリアもマリアンヌの死亡に関しては知らない。
あの時の警護担当がコーネリアは関係者だったんだな。
警護隊が引き上げたマリアンヌが頼んだから。
後知っていることは皇帝に命じられてシュナイゼルが遺体を運び出したことだけ。
あまり知らないんだな。
何か言いたそうな感じはしたが不確定なことはいえないのか?
本当に知らないのか。
しかし、遺体を運び出したって、マリアンヌは死んでない可能性があると言うことなのか?
今のところ、皇帝の思うとおりに行っているとすると全ては仕組まれていたともなりえるな。
・・・ありえそうで怖い話だ。

C.C.がいきなり、妹が攫われたと言い出す。
神根島に向かっているらしい。
これってV.V.がC.C.に犯行声明でも出したのかな。

そこへオレンジが来た。
コーネリアを確保しようとするが、オレンジに邪魔されうまくいかずか。
オレンジは随分変な機体に乗っているな。
人型でない様だし、ナイトメアフレームとは言えるのか?
情念のみで動いているって行動予測できないのは当たり前では。

ロイドはスザクを止めたかったのかな?
ロイドは人に思い入れないように生きているのだな。
いつ何が壊れえも大丈夫なように。自分が壊れないように。
しかし、思い通りになる人や世界を求めているにしては甘い人だよな。

ルルーシュはC.C.の言葉を信用しないというか、確認するために扇に連絡。
が、扇に繋がらず、生徒会メンバーもいないと知らされる。
「代わりなら後で用意する」ってかなり不用意な発言だな。
ゼロに対しての不信感が募っていきますね。

「お前に死なれては困る」か。
やはりルルーシュはナナリーがいなくなった途端、自殺するのかな。
その可能性は高いか。
だからこそC.C.はナナリーの確保を優先させているんだよな?
でないと変だし。

ジェレミアの機体。どう動かしているんだろう?
見えたって何が?
軌道が見えていると言うことかね。
それでもルルーシュはビル一つを使ってオレンジを潰したか。
この人は出て来るだけでもかなりお笑いになっているのに、言動が拍車をかけているな。

つかまった生徒会メンバー。
シャーリーは「ゼロを呼んで」というものの玉城には通じないな。
しかしシャーリー、随分とゼロを信用しているな。
ゼロとしての行動ってどう思っているんだ?
玉城はまったくゼロを理解していないのはお約束だろうな。
ともかく生徒会メンバーが捕まったことでスザクがランスロットからでてくるか。
そのスザクが撃たれそうになったのをアーサーが助けた。
アーサーは玉城に警戒していたしな。
アーサーにとってのスザクはただ噛み付くものではなかったのか。
にしては思い切り噛み付かれていたよな。

ついでにアヴァロン来襲。
ロイドの言い分は「取り返しに来た」か。
ラクシャータがかなり驚いていたから、かなり珍しいことなのだろうな。
ランスロットにかけるものはすごかったはずだが、にしてはランスロットすぐ手放したよな。
セシルさん、すごいな。ナイトメア乗れたのか、庶務関係だけの能力者ではなかったのな。
まあよくロイド殴っていたから運動能力はよさそうだったけど・・・。
セシルさんが乗っているのってランスロットの量産型の試作機か。
そのうち増えているんだろうな、あれが。

ゼロは藤堂に全て軍事指揮は移行。
劣勢になりかかっているところにこの連絡はきついな。
全体情報は藤堂に入っていないのか?

コーネリアとスザクか。
ユフィつながりの関係だな。
ゼロのことを言うためだけに呼んだのか。
ゼロがルルーシュってことも忘れているのかコーネリアは。
スザクが認められたと言うことを示すいいシーンなのだろうが、ちょっと違和感感じたな。
騎士候を授けるとことか。
これで私怨ではなく、命令が出たということで、ルールは破られてないと言うことにもなったしな。

黒の騎士団が劣勢となりブリタニア側が盛り返しているな。
ゼロ一人いないだけでこれか。
やはり黒の騎士団は依存しすぎだ、ゼロ一人に。
扇はそれでもゼロを信じているのか?
お人よし過ぎるな。

コーネリアとルルーシュの違いか。
やはり信頼する副官とかの存在の有無かな。
ブリタニア側はコーネリアがいなくても持つようだしな。
黒の騎士団はゼロがいないだけで崩壊寸前か。
全体情報云々、言っていたが、一応情報としては入ってきていたはずでは?
あれでは3日持つだろうし、殲滅される可能性のほうが高そうだ。
誰かしら事情を知るものがいれば別なのだろうが、ルルーシュは人を信じることをしないからな。
一回誰かの副官にでもなって第3者視点で組織と言うものを見直したほうがいいんじゃないのかな、と思った。

学校では退却する黒の騎士団に応戦するセシル。
アヴァロンに生徒を全て収容していたが、あの子らはどこへ行くんだ?
本国に行くのかな。
その間に出てきたニーナがガニメデで登場。
ガニメデが持っているものはロイドは一瞬で分かったか・・・・。
核搭載したんだな。
あれを与えたのはロイドだしな。
ともかくロイドが大慌てで一時休戦。
スイッチを握り締めてゼロの居場所を聞くニーナは怖い。
しかし一瞬、わら人形でも握り締めているのかと思った・・・・。

神根島の遺跡内部ではナナリー、気絶している?
V.V.は待ちぼうけでつまらなそうだな。

今回のことでC.C.は随分としおらしいな。
尊大さが影を潜めているな、ルルーシュに思い入れが大きくなったのだろうな。
共犯関係が存続しているということに感謝しているし。

神根島の遺跡の入り口のトラップ。
昔の記憶というか、魔女としての記憶か。
人間だったことはまったく覚えてないのか?
名前は?あれは人のときの名前なんだろう。
しかし何百年生きているだろうな魔女狩りの全盛期は15世紀ぐらいだっけ?
針のない時計って時に取り残されていることを示していたのかな。
変なところは優しいようなルルーシュは。
自分が魔王になればいいとか。

で突然現れるオレンジ。
オレンジ、よくぞ追ってきたな。
しかし、どうやってゼロの居場所が分かったんだろう。
感か?

あのキスはC.C.からルルーシュに祝福か。
「死ぬなよ、C.C.」
「誰に言っている」
「そうだったな」
この二人の関係は、こういうところが面白いな。
戦友のような共犯者。

神根島の扉前、ようやく謎が分かるかと期待したが、その前にスザク来たか。
もう少し、遅ければ・・・と思わないでもない。

スザクは目が据わっているな。
カレンもいつの間にか来ていたのか、随分早い到着だ。
仮面が割れるシーンは力はいっている作画だ。

思った以上に驚いていないスザク。
スザクはいつからゼロの正体がルルーシュだと疑っていたんだ?
しかし逮捕?
止めるってそういうことか?

ルルーシュはナナリーを助けるためには全て棚上げでスザクに協力を求めるのか。
さすがはナナリー至上主義。
「甘えるな」は正論だな。
ここらへんの会話は互いに痛いところ突きまくりだな。
スザクにとって過去って言葉は置き去りにすることなのかな?
しかし、最後まで取引ばかりだなルルーシュは。
まったく人を信じられない以上、仕方のないのかもしれないがどっからサクラダイトなんか出した?
あれはブラフだよな。
ナナリーがいるかも知れないところでは変なもの使わないだろうし。

「ここから先のことはお前には関係ない。
お前の存在が間違っていたんだ。
世界からはじき出されたんだ、ナナリーは俺が」
見事なほどルルーシュのトラウマをえぐっているな。
知っていてやっているのか、知らずにえぐっているのか?
知っていてやっているとなるとスザクって思った以上に策士か?
しかし自分の手で撃ってナナリーにどう説明する気なのかな。
ナナリーもルルーシュへの依存はかなりのものだろうしな。下手するとナナリーも死ぬと思うけどな。

スザクはな、やはり受け入れにくいな。
正論にあたるんだろうが、ちょっとな。
世界云々と言うのは、自分が裏切られたからこそのあの台詞なのかな。
でないならば、自分も父親とゼロと同じ視点で言っているのに気付けと言いたくなってしまう。
しかしルルーシュがユフィについた嘘って何?
そんなものはないような・・・・。
ルルーシュもなナナリーが攫われた時点でかなりテンパっている所為で言動が変になっているのかな。
言わなくていいことまで言っているよな。世界を手に入れる男だ、と言うのは・・・本音なのかな・・・。
あれが本音だとするとちょっと落胆。どこの小悪党かと・・・。

最後の銃撃。
ナナリーが反応していたのは、撃たれたのがルルーシュだからかね。
ナナリーが撃たれたと言う可能性はないだろう。
撃ったのはスザクか、ルルーシュか分からずだが。
大穴でカレンか。
普通なのはスザクがルルーシュをだろうな。
ある意味で面白いにはカレンがルルーシュをかな。

C.C.で締めか。
願いはささやかであっただあろうが、起した行動の責任は取らなければならないだろうな。
絶望の中の希望。
C.C.にとってルルーシュはそうなりえるのかな。
オレンジとともに海溝へ落ちているC.C.。
しばらくはC.C.は出てこないのかな。
ともかく謎は大量に残ったままだから続編を早くやって欲しいですね。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/738-b43d2cdc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。