上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
廃墟の街での巨大ハーディアンとの戦闘。敵の圧倒的な力に防戦一方のシュウたち。しかし、戦闘の最中、ハーディアンはいきなり苦しみだし、地中へと逃げ出す。突然の状況が理解できないシュウ達。そこに、巨大なスピーカーを搭載した車両が現れた。シュウ達を救ったのは、世界崩壊から生き延びた科学者達が作りだした、対ハーディアン音波装置、“アフラーシステム”だった。かつて“竜宮城”と呼ばれていたN.I.D.Fの海底基地を拠点に、人類が秘密裏に進めていた対ハーディアン戦の切り札である。人類反撃の希望に胸踊る乃亜とイエラ。開発者の一人に、研究を手伝って欲しいと依頼される乃亜。果たして、乃亜が選んだ決断とは・・・!?


OP曲 時空を超えて
ED曲 君がいる限り
TVアニメ「キスダム-ENGAGE planet-」オリジナルサウンドトラック




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


今回はある意味樹が主役だな。
この人もいろいろある人のようだな。

というか、樹は人なのか人ではないのか?
昔父親に脳に何かを埋め込まれたようだが、あれはハーディアンなのかな。
で一応ハーディアンに食われていたが、食われず生き残っっていることになるのかな。
裏返りではないようだし、人としての形状は変わらないし。
元からあれだけの力の持ち主で、死ににくいのは確かだろうな。

しかし、みんな一点に集まってきているのかな。
七生も出てきたし、そこまでみんなのいる場所はかわらなそうだな。
そういえば、樹や七生のことを化け物と呼ぶとは普通の反応だよな。
狼騎なんかは普通に接せられていたからなんか珍しく感じる。

科学者の集団。
随分と大人数が助かっていたものだな。
ハーディアン対策としては結構有効的なものを作っているようだしな。
NIDFで開発された代物まで持っているって随分と面白いところだな。
音響兵器が今のところ有効と判断されているのか。
まあ虫たちが音で全てを判断しているからそれを利用したとも言えるかもな。
決定的なダメージは与えられないが、身を守るぐらいはできるようだ。
あの集団としては倒さなければ気がすまなそうだけどな。
そういえばここはガルナザルらともつながっているのかな。
竜宮城があれらの本部なのかな?

乃亜は科学者の資格があったのか。
由乃がああだから、当然かもしれないがな。
今までそういう風には見えなかったからかなり違和感が・・・・。
イエラと一緒なのって同じ候補生というのもあったんだな。
それで仲良かったのかな。

でここにとどまるイエラと乃亜。
シュウは出て行くとの決断。
それいったとき、ヴァルダが変な顔をしていたが何でだろうな。
かなり分かりやすい行動だと思ったが・・・?
しかし基地が壊れそうだし、また合流するだろうな。

父親を人質に取られて基地を襲撃する樹。
憎んでいそうだが、完全には切り離せないんだな。
あれが埋め込まれたのは昔は病弱だったとかそういう落ちなのかな、やはり。
しかし、本当の目的はシュウを倒すことらしいが、どう見ても基地破壊も目的の一つだろう。
ここはハーディアン側にとっては厄介だろうし、玲としてもつぶしたいだろうしな。

次回は樹とシュウの対決か。
普通に戦ってもどっちが強いんだろうな、この二人。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/728-8a37d815
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。