上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
地球へのスターウェー上で激しい戦闘を繰り返すベルクロスとアルテミア。その後方の火星にて散発的に戦うニルバールにアルゴノートと後続艦隊がようやく追いつき援護する。戦場のど真ん中へ、衝突も混乱もなしにワープしてきた事に驚くニルバール。
すぐさまディアネイラはベルクロスの行方を精神感応で追う。
艦隊での移動では間に合わないと判断し、単独先行を告げ、地球へのスターウェーに突入するアルゴノートはその惨状に驚く。






ヒロイック・エイジ II  ヒロイック・エイジ III  ヒロイック・エイジ IV
ヒロイック・エイジ V  ヒロイック・エイジ VI  ヒロイック・エイジ VII
ヒロイック・エイジ VIII  ヒロイック・エイジ IX  ヒロイック・エイジ X

OP曲 angela「gravitation」
ED曲 浦壁多恵「Azurite」
ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックI

ヒロイック・エイジ 1 (1)




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


今回の話はなんかひと段落終わったという感じだな。
そういえば、ファフナーのときも15話は中盤のクライマックスという感じだったな。

狂乱中のベルクロスにメヒタカが襲い掛かる。
スターウェーの中でも暴れるから壊れていっているな。
スターウェーって壊れてもまだ戻るのかね?
土星のあたりのスターウェーは崩壊したことでいろいろと変わりそうだけどな。

ニルバール奮戦中。
指揮が変わったからか、いろいろと順調だな。
しかし、ノドスの狂乱の影響で太陽系消滅という予測結果がでてきた。
希望の末路といわれればそうかもな。
ニルバールには絶望と希望が入れ替わり立ち代り訪れているな。

ちょうど知らせようとしたらアルゴノート到着。
援護艦隊も引き連れて。
状況が分かっているディアネイラは援護艦隊をニルバールに託してアルゴノートだけを先行。
消息不明だったの艦全てをディアネイラが捕捉させたのはさすがだな。

アルゴノートのみで向かうことを告げるディアネイラはかっこいいな。
ディアネイラ、吹っ切れたことでなんか変わったな。

にやけた面のモビート。
あれからまだ戻ってないのか。
この二人の会話は面白いな。
ニルバールも調子が戻ってきたし。

カルキノス、レクティが復活。
丈夫というかなんというか。
狂乱したノドスに巻き込まれると一番危ないのはカルキノス。
カルキノスは不死に近いから死に関する項目があるらしいな。
4人とも狂乱してしまったらユティですらとめられないと思うがな。
ユティの力は分からないから、本当はどうか知らないけど。

ベルクロスの狂乱は増大していっているのか、形態を変えたな。
余波だけで青銅の種族の巣が壊れている。
銀の種族はこれで完全撤退。
やはりパエトーもユティもなんか感情に支配されているようなな。
パエトーは恐怖でユティは恋情かね。

スターウェーに穴を開けて道から外れると月に激突。
ベルクロスの所為で月が壊れていく。
メヒタカではカルキノスは止められないな。

アルゴノートとカルキノスが同時に地球圏へ到着。
イオラオス、カルキノスを止める気らしいな。
やはりエイジと張り合うのはやめないんだな。
ある意味すごいな。

レクティがアルゴノートを壊してみたらカルキノス、メヒタカ、レクティが死んだらしい。
やはりエイジにとってアルゴノートが大事なんだよな。
狂乱に陥ってもそれだけは分かるんだな。

ベルクロスがかなり怖い状況だな。
身体の方から崩壊している。
筋肉組織が壊れいっているがそれでも止まらずか。
狂乱状態は怖いな。滅びの種族といわれているのも分かる気がするな。

エイジを止めに来たディアネイラ。
エイジと接触してエイジの心を知って謝り続けるディアネイラ。
ディアネイラはエイジを疑っていたからな、それもあるのだろうな。
でエイジはディアネイラの先に光を見て止まったようだな。
メヒタカの攻撃をディアネイラをかばいカルキノスが吸収したな。
吸収したことでベルクロスが少し戻った?
何が起こったんだろうな。

カルキノスじゃなくて、メヒタカのほうが死んだのか?
敗北させてくれる存在を待っていたから負けてよかったのか。
契約から開放されたのは確かだろうな。
しかしユティ、メヒカタには冷たいな。

カルキノスぼろぼろだが、狂乱は終わりエイジに戻った。
ディアネイラとエイジの会話、王道なんだが鳥肌が立った。
双方ともが双方共にとって光なんだな。
この二人はそこまで離れる必要はなさそうなんだがな。
狂乱を防ぐためにも二人一緒にいたほうがいいな。

地球圏まで戻ってくることは出来たがこれからどうなるんだろうな。
あの狂乱を見た後ではあまりあそこでは戦って欲しくないのだがな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/725-27b7fe16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。