上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
傷ついたベルクロスの異変を感じるディアネイラ。
ベルクロスの攻撃に反撃を止めたレルネーアを見て、ユティとメヒタカもベルクロスの異変に気づく。
その現象をノドスたちは「狂乱」と呼んだ。
戦火の拡大に悲しむメヒタカではあったが、レクティの為に自分も戦う事を決意し、敵味方の区別なく戦い出したベルクロスにアルテミアが攻撃を始める。
そして狂乱するベルクロスはアルテミアとともに地球へのスターウェーに入ってゆく。





ヒロイック・エイジ II  ヒロイック・エイジ III  ヒロイック・エイジ IV
ヒロイック・エイジ V  ヒロイック・エイジ VI  ヒロイック・エイジ VII
ヒロイック・エイジ VIII  ヒロイック・エイジ IX  ヒロイック・エイジ X

OP曲 angela「gravitation」
ED曲 浦壁多恵「Azurite」
ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックI

ヒロイック・エイジ 1 (1)




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


OPが少し変わったな。
ニルバールはレギュラー入りか。
あの兄弟らはどうなるんだろうだろう。

2万回にも及ぶの時空流のエネルギーが爆発。
カルキノスは完全に巻き込まれたな。
けっきょく双方とも耐えられなかったということになるのかな。
その上でベルクロスが狂乱したか。
メヒタカはさすがだな、ちゃんとレクティをかばっていたようだ。

前に突き進むのみの作戦命令ってあるのか?
スターウェイゆがみが生じている。
やはり、木星を壊した影響はでるよな。
時間が経てば経つほど大きくなりそうだな。
でもあの兄弟らは気づいてないんだよな。
目先のことしか見えてなさすぎだな。

ベルクロスにカルキノスが手を出さなくなったのは狂乱に巻き込まれるのを防ぐため。
狂乱は感染するのかと思ったが、無傷のノドスならば巻き込まれることはないのかな。
が、ロム・ローがユティを止める。
代わりにメヒタカを行かせるようにいう。

火星周辺での戦闘開始。
パエトーが言うように、鉄の種族全部ではないがあの兄弟は危険な存在だな。
あの兄弟の命令は正面突破のみで作戦も何もなしか。
正面突破のみじゃ無理だろう。
艦の数はかなり減っているはずだし、エイジは置き去りにしているからそれも頼みにならないのにな。

ディアネイラは故郷まで戦場にすることを危惧しているが、まだ動かない。
ディアネイラが引くことで一つにまとまっている評議会。
評議会はユーノス王家自体に左右されているのかね。

アネーシャは有能だな。
主君に対し助言できる存在はいいことだ。
エイジの存在を感じられなくなったことが兄たちを選んだことになると勘違いしている。
イオラオスのほうがまだエイジのことを信じているな。
ディアネイラにとってエイジの存在はどんなものだろうな。
自分にとってのよりどころか、何かなのかな。
しかし、鉄の種族側は狂乱を知らないようだな。
ノドスについて知っていることってかなり少なそうだな。

前線では囲まれているようで又衛星を攻撃しようとする。
いくら青銅の種族の巣になっているからといっていい加減、それは危険なことを考えたほうが・・・。
その命令を出す前にベルクロスが襲来。

エイジの存在を感じたがディアネイラでさえ恐怖を感じる存在になっているらしい。
衛星軌道が一撃で変化させているベルクロスの力ってどれだけのものなのだろうな。
カルキノスが自分に注意を向けさせたのは火星に衛星を落とすのを防ぐためだよな。
狂乱を見たのは初めてか、パエトー。
取り敢えず、狂乱に巻き込まれることを嫌い撤退する銀の種族。
あの状態で放っておくとだと確かに鉄の種族を滅ぼしそうということもあるようだが。
パエトーは狂乱にも恐怖を感じているんだな。
いろいろと苦手なものが増えていっているよな。

カルキノスの暴走で鉄の種族の艦隊にも損害が出始めてた。
旗艦の撃滅は間際でメヒタカが止めた。
ニルバールにとってはかなり複雑だろうな。

前線とアルゴノートまで50時間も差があるのか。
確かに離れすぎているな。
あの状況を見て、もう滅びの英雄となってしまっているエイジ。
エイジの味方が少ないな。
ディアネイラが立ったことで滅びの英雄となることを防げるかな。
しかし、イオラオスが最初にひざまずくんだな。

火星での戦闘が300時間を超えている。
で味方はかなりの数、減っている。ある意味よく持っているよな。
もう少しで殲滅されるということで遺言を残すニルバール。
そこに介入するモビート。
ようやく追いついたんだな。
ディアネイラが立ったということだが、援軍が多すぎだ。
下手すると本体よりも多いんじゃないのか?
ディアネイラへの支持ってかなりのものだな。

20時間持たせって、その間にニルバールのクーデター開始。
損害が多すぎたことで評議会は見捨てたか。
ようやくうっとしいのがいなくなる。
しかし簡単に従ったな。
後で何かやりそうな気もするけどな。

今回のことで処女航海と言い出すモビートに87回目の航海と突っ込むビー。
やはり面白い二人だな。
モビートにとってディアネイラが立ったことがそれだけうれしいのだろうな。
次回、ディアネイラはベルクロスをどうやって止めるのだろうな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/720-8ea015dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。