上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
荒野で、街を捨てた住人達と再会したシュウは、人々から乃亜とイエラがハーディアンの巣に向かったと聞かされて動揺する。一方、ハーディアンの巣に連れ込まれていたイエラは、そこに無数の休眠状態のハーディアンが存在していることを知る・・・!
その時、突如、太陽が欠け始め、日食が始まる。周囲が暗くなったため、繭の姿で休止していたハーディアン達が活動を再開し、シュウ、そして人々を襲い始める。その戦いの中、シュウは変わらぬ正義の心で立ち向かうかつての同僚に出会う!


OP曲 時空を超えて
ED曲 君がいる限り
TVアニメ「キスダム-ENGAGE planet-」オリジナルサウンドトラック




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


七生は思ったより普通なのか。
破壊衝動はないのかな。
死者の書の光を浴びたことによる裏返りなのは間違いなんだろうに。
あの時、近くにいた所為でハーディアンの影響が少ないのかね。
由乃が近くにいるからというのもありか?

由乃は記憶喪失か。
唯一覚えていたのがシュウという名前のみ。
七生はそのまま、一緒にいるのか。
七生にとってある意味幸せな状態だろうな。
でも呼ばれているのは自分じゃないと分かっているからきついだろうにな。

しかし由乃があのときに死んでなかったというのはどうも信じられないな。
一応、シュウは死亡を確認しているんだろう。
でないと変な気もするけどな。
死んでいたとなると、やはり鈴音と同じような状態か、
そういえば、一番死者の書の光を浴びているのは由乃自身だな。
その影響で死ににくくなったというのかな。

皆既日食によるハーディアンの活性化。
随分と早い日食だったな。
あれで活動しているとなんか変な感じだ。
実際完全に暗くなるのは5分か、10分ぐらいだろうしな。

人狩りのハーディアンは七生とシュウの共闘により倒されたか。
今までそういうことなかったから珍しいことだな。
イエラが誇っていたが、あれは何か違うだろうに。

由乃とシュウは遭わずじまい。
由乃と遭ったのはイエラのみか。
死んでいる人間とは思わないか。
乃亜に似ていて名前同じ・・・、少しは疑えと思ってしまったがな。
七生としてはあわせたくなかったからちょうど良かっただろうな。
いつかシュウは由乃に遭うことあるだろうが、そのときシュウはどうするだろう。

一緒に死ぬか、ただ復讐に囚われるか。
七生とシュウの違いか、どっちもどっちのような気もするな。
取り敢えず、誰も望まないエゴには違いないな。
次回は過去話か?
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/718-94f51044
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。