上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッズステーションでなんかCMやっていて気になったので見てみた。
何も調べずに見たので少しわかりずらかったな。
知っているのは双子の兄弟。潜水艦。
天変地異により水没した地球。ぐらい。



監督の飯田馬之介って言う名に覚えがあったので、調べてみたら、「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の監督だった。
道理で見覚えのある名前だ。
しかしこの人、現在マンガ書いてなかったか。どうでもいいことだが。

しょっぱなから、賭博している。
どんな話になるんだろう。
しかし、あそこまで勝っているとなるとなんとなく、次は負けるだろうなと思ってしまった。実際負けたけど。
しかしあの二人はどちらの味方かわかりずらかったが、内情などをしゃべっているところ見るとただの煽り役だったのね。
アオイって苗字なのか名前なのかどっちだろう。
しかしこの水兵はどこの人だったのかな。
この街の人ではなく、国連大使の人の護衛か何かで来てた人だったのかな。

結局、いかさまがばれて追いかけごっこ。
屋根の上を良く走り回れるな。
しかしほとんどの家は瓦。ここは一体どういうところなのだろうか。
トロッコもあるし。
なんか珍しい景色だ。
海外では良く見かけるが、日本にああいうトロッコってあったかな?

屋根から人が落ちてきて動じないおばあちゃんがすごいな。
注意することは帽子のことだけなのか。
良くあることなのか、もしかして。
屋根は修理されたような跡があったし。

山の上に戦艦。
一体どういうことでたっているのだろう。

ハンマー・オブ・エデンで60億もの人間が亡くなったということは、まだ4億の人間がいるのか。
地図ができたことで、新国連の設立を宣言。
何に対する拒否権なのだろうか。
ただ拒否権を持つことで自国は強大だといえるのか。
だから、拒否権が欲しいのかな。

都市がそのまま海に沈んでいる。
潜水艦から、連絡艇の射出。

露店が立ち並んでいる。
イスラがアクセサリーを売っている。
そこへちょっかいかける兵隊。将校かなあの格好は。
こういう素材はどこで手に入れるのかな。ちょっと気になった。

なぜにダチョウが。それも人語を理解しているような。
すごい鳥だな。

兵隊は首をしめられているが、誰も注意しないのか。
結局殺されそうになりながらも、アクセサリーは買っていったのかな。
どちらがすごいのかな、やはりイスラのほうか。

キールはダチョウにいじめられながらもイスラにお食事に誘おうとする。
許可されるとダチョウにしがみつく。
面白いというか変な人だな。

国連、議論中。
ほとんど利権争い。
結局拒否権は認められず。
拒否権のことだけで脱退を宣言する2国。
食料と人口。
国連を脱退すると食糧の供給は成されないことになるのか、やっぱり。
何をしたいのかな、その2国は。

そこへ一人の青年。
あのバッチの意味はなんだろう。顔パスだし。

USS、ユリシーズ。
艦長付き副官ティーン・グールド。
10年待った時間切れ。
グールドはこの艦に同調しない世界に対し宣戦布告。
何をしようとするのか。まだ分からないな。
しかしユリシーズって確かドイツの潜水艦じゃなかったか。
何でそんな名前なのだろうか。

キールとイスラはお食事。
結局肉まん。
そこへ、ミサイルが飛んでくる。
がキールも市民もその存在を知らないようだ。
誰を注目もしていないし。
キールなんかもかっこいいといっていたし。

市民の安全確保と反撃。
事務総長の後ろにいた人は国連軍か何かの大将かな。
と、思ったら、その船の艦長のようだ。

ミサイルが飛んできて、攻撃されていても訳のわからない市民。
そこまで安全な国だったのか、復興に力を入れていたため、もう忘れていたことだったのか。
どちらだろう。

イスラは爆撃のショックで赤ん坊が生まれそうになる。
安全そうなとこへ運び込んでいるな
一応のことは教えられていたのか、イスラはキールに手伝ってもらおうとする。
役立つのか、この状態で。無理なような。

いつのまにか脱出していて軍に追っかけられているティーン。
偶然、イスラ達がいる場所へきてしまう。
ティーンを見てダチョウはどこへいったのかな。

イスラの顔に見覚えのあるのかティーン。
あれはどこだ、宇宙服を来ていて、周りは火の海。
宇宙か。そういえば衛星が浮かんでいたが。
関係あるのかな。

アオイは死ぬ気だったのかな。あの場所で。
しかし、あのメッセージ。
世界を平和に。
一体いつからの誓いだろう。

ティーンは時間のことを気にしつつも手を貸すことを決める。
ティーンの本業は医者か。
すごく手馴れているな。
しかし、キールの手を換わりにするのは。
他に木でも持って来て貰えばよかったのではないのかな。
ティーンのおかげで無事赤ん坊が生まれる。
しかし誰の子供なんだろうか。イスラの相手は出てくるのかな。

西のほうはノーマークなのか。
ティーンの迎えなのか、女の人がずっと立っているし。
誰も警戒されていない。いいのか。
軍もそこまでは行かないのかな。

ティーンはキールたちをこの街はもう危ないということで逃げ場を提供する。
が、キールは自分で何とかするというが、結局当てにするのはアオイかい。

アオイは切り捨てるときは切り捨てるだろう。あっさりと。
すべてを成すために。
それを知っていたのに、すがりたかったのか。

脱出艇は足らず、逃げ惑う市民。
船は使えないのか。
そういえば軍艦は攻撃されていたな。
漁船とかはないのかな。どうだろう。

キールとティーン、いる場所が逆になるかな。
顔は似ていて性格は正反対。
周りにかなりの混乱が出そうだな。

まだ良くわからない。
面白そうな話しだが。









右脳の権威、七田先生推薦!ギルスの法則、数って楽しい!【でじたる書房】
【右脳の権威!七田先生も推薦】


スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/71-37c7c951
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。