上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
数少ない生存者が、レジスタンスとして立てこもる要塞。そこは今夜も、ハーディアン達の攻撃を受けていた。冥蟲ベルゼブの群が迫ったその時、人々が「ネクロダイバー」の名を呼ぶと、1人の男がその手に大きな鉤爪を振り下ろした!それは、“伝承者”の力を受け継いだ者の容姿をした、狼騎であった。
一方、ハーディアンに襲われる夫婦を助けたシュウは妻を救われた夫より、自分と同じようにあちこちでハーディアンと戦う別の“救世主”と勘違いされて驚く。しもべのヴァルダは「伝承者は一人…」と、その存在を否定するが…。




OP曲 時空を超えて
ED曲 君がいる限り



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


今回は狼騎が主役だな。
蘇ったというより裏返ったと言うらしい。
裏返ると言うことはハーディアン化したことになるだろうな。

にしても自分が死んだという自覚はあったのか。
ついでに何で京香が裏切ったことを知っているんだ?
狼騎はそれ見ていたっけ?
ネクロダイバーとも名乗っていたのは何故だろうな。
狼騎は京香から何らかを聞いていたのかね。

ネクロダイバーは一人だけか。
古代からっていったいいつぐらい前をいうているのだか。
裏返ったものはネクロダイバーと同じような能力を持っているが、何が違うのかな。
ネクロダイバーは他を吸収することも出来るが裏返ったものは出来ない。
これぐらいかな。
力量的にはあまり変わりなさそうだし。

取り敢えず、狼騎は普通のヒーローらしいことをやっているなと思った。
シュウでは絶対やれないだろうな。ああいうことは。
最終的には、かなり違ったが。
まああの要塞の人たちもどうかと思ったけどな。
手のひら返しがすごすぎる。まったく報われないな。
人が守れるものってせいぜい一人だろうし、あれだけの人間を全て守れって無茶だろう。
調子がいいときと悪いときの差が・・・・。
先に戦っていたのって、最初に殺された人たちの遺族か。
結局誰もついてくる人はいなかったということなのかな。

狼騎もある意味壮絶な過去の持ち主だな。
良かれとやったことがほとんど裏目に出ているな。
約束をまったく守れてないのによく約束しているよな。
普通なら、約束すること自体、嫌がりそうなのに。
だからこそ、上の命令に絶対になったのかな。その方が楽だし。

ある意味、自分で創って自分で壊していているな。
今回の要塞なんかはそうだろう。
あれらも全て全滅か。かなりの人間がいたのだろうに。

集団でまとまっているよりも、少数の方が生き延び易いのかな。
あの夫婦は二人だけのようだったし。
無事生きていれば良いが、かなり確率は低いかもしれないが。

次はシュウと狼騎の対峙か。
狼騎が咎人ならば、シュウは裁人か?
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/694-81e2e0e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。