上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
ディアネイラの捨て身の精神攻撃によってパエトーが戦線離脱し、止まらないベルクロスの猛攻により、レルネーアが打撃を被る。
ユティは意識を喪ったカルキノスに、怒りや不安や安堵を感じるが、それらの感情が何なのかわからず困惑する。
一方、アルゴノートでは、帰還しないエイジを探しに行くためにイオラオスが部隊を編成していた。




ヒロイック・エイジ II  ヒロイック・エイジ III

OP曲 angela「gravitation」
ED曲 浦壁多恵「Azurite」
ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックI




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


ディアネイラは疲労がかなりのものだが、命に大事はないようだな。
パエトーは理解できないと逃げ出す。
銀の種族は思考を共有しているだけで見ているものは共有していないのかな?

ディアネイラが動かない限り動けないアルゴノート。
ぎりぎり航路を示されたからよかったが、無かったら動けなかったんだよな。
とまっていると敵に見つかりやすいだろうし。
本とぎりぎりの艦だな。

拘束状態のメヒタカはまったく動かず。
重力場の生成は星のを使っていたのか。
何もないところからは出来ないんだな。
アズ・アゾート艦隊から逃げ出す艦があれば諦めがつくが、なし。
そのため誰もまったく逃げられない。結束力が強いんだな。

カルキノスとエイジ、未だ戦闘中。
カルキノスがかなりやばいな。
ユティは星を出てはいけないのはなぜだろう。
それも契約が関係しているのかな?

メヒタカが消えたことで艦隊の攻撃は中止。
ずれたら艦隊自体が危ないといっていた攻撃だからな。
メヒタカは逃げたが、移転可能だったのか?
それともユティによって移動したのかな。
取り敢えず、ユティの言葉により、メヒタカはカルキノスのところへ。

カルキノスは消耗が激しいため修復が追いついてないな。
止めを刺したようで、カルキノスは元に戻った。
そこにメヒタカが到来。
メヒタカと対峙するが戦わず。
何か通じるものでもあったのか?

予定航路上に偽装スターウェイ。
偽装がかなりあるな、人類ってそこまで隠れ住んでいるんだな。
隠れ住んでいるなら防衛線とかって意味あるのか?
ある意味捨石のようだ。

アズ・アゾート艦隊は生存者の回収しアルゴノートの後を追う。
アルゴノートの悪運が乗り移ったってノドス相手は生きているほうがありえないんだな。
今まではいったいどうだったんだろう。
アルゴノート側はアズ・アゾート艦隊の追跡を確認するが、エイジの反応はなし。

カルキノス、まだ死んでいるようだが、一応生きているのか?
修復しているし。
無様と言っていたユティ。
悲しんでいるのか?
メクティの役目って何だろう?
メヒタカを慰めようにも拒絶されていたし。

宇宙で泣いているディアネイラは何だろう。
泣き方が子供のように見えるな。
ディアネイラの今の心境か?
ベルクロスが見つけている。

帰還まじかで死んでいく者、生きて帰れなかった者、かなりいるんだな。
今までは怪我人しか出ていなかったからな。
アズ・アゾート艦隊は4分の1にも満たないようで、遺体があるものは全て持って帰っているのか。
宇宙空間は腐らない出来るんだろうな。

イオラオスの中でディアネイラの心配より、エイジの心配が大きくなっているな。
エイジを探しに行こうとするイオラオス。
艦長と言っていたのに父上になってしまっている。
公私混同だ。

「このまま進みましょう。
進む道が迎える道。」
ディアネイラはある意味エイジとつながっているようだ。
ディアネイラが目覚めた。
惑星デューイ、何年ぶりなんだろうなこの人たちにとって。
地球のような水の惑星のようだ。
アルゴノートがつくと同時にエイジも到着。
戦いが終わってすぐ追いかけたんだよな。
すごい体力だよな。

一応は皆あるべき場所へ帰還したことになるかな。
さてそれによってどう動いていくかな。
ディアネイラの親族はかなりいやな人物らしいが、どういう人たちやら。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/692-06442eb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。