上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
サルファハーンで、亜久里との悲しい再会と別れをしたシュウ。
かつてのN.I.D.F.の仲間との出会いは、シュウにN.I.D.F.配属当時の仲間達、そして恋人・由乃との思い出をフラッシュバックさせていた…。
その頃、ハーディアンからの目を逃れるようにN.I.D.F.の潜水艦に、京香と真崎、そして玲が潜んでいた。
シュウと亜久里の再会を知り得ていた京香は、“死者の書”がもたらす新たな“転生者”の出現を、真崎に伝える…。




OP曲 時空を超えて
ED曲 君がいる限り



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


今回は過去と現在の入り混じりだったか。
珍しくハーディアンとの対決がなかったな。

京香たちに言わせると転生したと言う亜久里。
遺体がそのままなのはなぜだろうな、埋めてやれば良いのに。
京香の言う転生はハーディアン化とは又別のことなのだろうな。
なら、又出てくる可能性もありか?

勝手に動き出している玲。
京香にとってもイレギュラー的存在のようだな。
真崎は京香についていくことは決定事項ですか。
なぜそうなっているのかは、いつか出てくるかな。

ヴァルダたちは完全に実体化されたわけではなかったのかな?
話す場合とかは実体化していたが、取り敢えず消えることも可能のようだな。
イエラは完全に面白がっているよな。
突っ込みとボケってお笑いじゃないんだからさ。

昔の話。
シュウと七生はかなり違う性格だな。似ているようで似てない。
七生は大人しめな性格だし。亜久里のほうがよく似ているな。
シュミレーションとはいえあそこまでやるシュウがかなりひどいな。
ああいうことをやられていれば、亜久里がシュウのことを恨んでもおかしくないな。

ネス機、はじめは2機のみか。必要パイロット数も2人だけ。
それがかなりの数作られていたのはなぜだろうな。
パイロットの数も減ってはいないし、最初と後で変更でもあったのかな。
それにネス機には遠隔操作まで入っていたんだ。暴走していたが。
ずいぶんと変な機体だな。

シュウが怪我が治りやすいのは昔からか。
あれだけのお怪我が一ヶ月で治るのは確かにすごいな。
生存本能が高いんだろうな。
一応使命感も高そうだ。機体を壊したことを謝っていたし。
選ばれる人物に適しているようで適してなかった人物だよな。

どうも今度復活したのは狼騎のようだな。
玲が介入して何か違う感じになるのかな。
未だに覚悟が決められないシュウはどうなるだろうな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/689-130b75cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。