上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
化身せずに戦うエイジとカルキノス。
イオラオスは、突然現れた男(カルキノス)が、銀の種族の側のノドスであることを知る。
双方ノドスへと化身し、出来るだけティターロスを破壊しないように戦おうとするが、パエトー率いる青銅の種族がティターロスへと侵攻する。
それを防衛する為に出港するアルゴノートではあったが…。



OP曲 gravitation




F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


銀の種族によって宇宙へ出た種族もあるか。
金の種族の声の呼応し、自力で出てきたものにのみ名前が与えられたということだったのか。
となるといろんな種族があるということになるのかね。

ノドス同士の対決。
カルキノスはまだそこまで本気を出してないよなまだ。
ユティーに見るに耐えないといわれたのってそれもあるのだろうし。
英雄の種族が戦うとほかへの影響がすごいな。
だからこそほかを滅ぼしすぎたといわれているのかね。
エイジは金の種族からどういわれているのだ。
ただ倒せとだけなのかね。迷いとか何も持っているようには見えないし。
ただアルゴノートや他を巻き込むことは忌避しているな。
ちゃんとアルゴノートの危機には反応しているしな。

そういえば、ベルクロスとエイジどちらが上位なのだろうな。
ベルクロスがエイジの言うことを聞いているということは、エイジのほうが上なのか?

青銅の種族、アリ塚のような兵だけでなく、衛星砲のようなものまであるんだな。
あれの威力はかなりのものだろうにな。
カルキノスは巻き込まれても無傷だったが・・・。

ティターロスは一応無事か。
かなりの損害は出ているようだけど。
宇宙港と防御兵器はだめになったものな。
都市部のほうはどうだったのだろうな。
アルゴノートも見逃してくれたようだし、いい人たちだら無事だといいけど。
これからは銀の種族の手助けなしで行くかはどうなるかな。

アルゴノートのほうもかなりの損害が出ていたな。
アネーシャは治癒能力もちだそうだから、けが人の治療に当たっていたな。
船の装甲が削られていたが、そこら辺の修復はどうなるだろうな。

エイジにとってイオラオスの声は風か。
いろいろ変わりやすいというのもあるのかね。凪とか、暴風とか。
ディアネイラの光ってのは変わらないものって感じだし。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/672-e6deaa9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。