上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-あらすじ-
由乃に与えられた「死者の書」の力に翻弄される哀羽シュウ。その力はハーディアンの攻撃を退け、シュウ達を生き延びさせることが出来た…。しかし、力により“伝承者”と化したシュウの姿に、狼騎たちは恐怖する…!
その頃、ハーディアンの攻撃により分断された人類は、各地に点在する生存部隊よりの情報から敵群の中枢部を確認し、抗戦の準備を整え始める。翌朝に迫った一斉攻撃を前に、N.I.D.F.も残存戦力となるコクピットアーマーを中心に、準備を進める。未だ、自分が手にした力に戸惑うシュウに、七生の言葉が突き刺さる!


ED曲 君がいる限り



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


主人公よりも、周りの人間のほうが男らしいな。
由乃とか七生とかが。

狼騎が逃走し様としたシュウを撃って拘束。
やり方が荒いな。
ネクロダイバーの力って今のところ物を自分に吸収させて使えるってだけなのかね。
撃たれても血は出ないが、痛みはあるんだろうな。
自分が変わるのがわかるというのもなんか、いやな感じだろうな。

ヴァルダはやはりあの剣なのか?
ヴァルダがシュウの従となるらしいが、どう見てもそうは見えないよな。
でもヴァルダが一応シュウを選んだということにはなるんだよな。

いまだいた国防軍の生き残り。
思ったよりも装備も残っていたな。

総司令がハーディアン側だったとわかったとき、一気に話が変わったな。
今までの概念的なものがすべて切り替わった感じがした。
あんなところから現れるし。
今までの行動の原理はいったいという感じだ。
いきなり人類は滅びなければならないのだといわれてしまうとな。
総司令が人なのかどうかも気になるところだな。
ハーディアンが最初に現れたときの海難事故の生き残りとされていたはずだけど公式記録だと生き残りはいないはずだったしな。
そういえば、真崎はどこへ行ったのだろう?

なぜネクロダイバーは狼騎でなければならなかったんだろうな。
狼騎を使い何をするつもりだったんだろう。
死者の書は人のものなのか、ハーディアンのものなのか?

狼騎、冬音とやられたか。
由乃は七生に助けられたが、一緒につぶされたかな?
七生はまったく報われてないな。
由乃が持っていたあのペンダントはいったいなんだろうか?
何かしら意味があるものなんだろうな。
ついで言われたエジプトのルクソールに何があるんだか。

トウキョウはほとんど滅び、ついでに各国都市もやられていっている。
ロシアのほうはどうなっているのか、不明だな。
つぶれているようには見えなかったけど。

この話は生き死にが激しいな。
予告では亜久里が生きているし。
となる徒歩かも生き残っている可能性あるのか?
由乃はどうなっているのかがわからないし、とりあえずハーディアンに狙われていたのは確かだろう。
今のところの生き残りは樹と亜久里だけか。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/665-2e7f2051
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。