上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
この世を拒んだアトルは、異界から祗影という巨大な妖夷を生み出した。
その出現に、印旛沼は土石流に飲み込まれていく。
混乱の中、奇士たちの前に西の者たちが姿を現す。
札を使い、妖夷を意のままに動かすことができるという彼らの正体とは……。駁へと姿を変える往壓。その時、西の者たちと行動をともにしていた元閥が思わぬ行動に出る。


    

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 三

天保異聞 妖奇士 オリジナル・サウンドトラック
流星ミラクル   Winding Road
LONE STAR   愛という言葉(初回生産限定盤)
天保異聞 妖奇士 オリジナル・サウンドトラック



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


ここにきて、西の者の正体がようやく発覚か。
正体がわかったからといって何が変るということでもなかったな。

アトルが呼び出した妖夷。
首と呼ばれる竜の一種か。
ケツアルクアトルもそうだし、アトルが呼び出すものはすべて竜なのか。
しかし、異界へはいかないな、アトルは。
今がいやなのに異界へ行くのをためらっているようにも見えるのは気の所為か?
異界へ行くには妖夷を生み出せばいいとなるから、異界へ行く資格は持っているんじゃ・・・。
まあ行こうとして、西の者に邪魔されているけど。

狂斎はアトルにちょっかい出していたのって自覚なかったのか?
でも自分で助けれないっていきなり諦めるなよ。最初は威勢が良かったのに。
アトルにこの世の楽しいことをかなり教えていたのに、通じてなかったということもあるのかな。

西の者については室町時代にあった南朝の生き残り。
往壓達がいる時代から300年前ぐらいにあったものだな。
そこまで古い話ではないな。もっと古いものたちかと思っていたよ。
しかし、幕府に復讐って、復讐すべきは室町幕府だろうに。
江戸幕府はあまり関係ないと思うけどな。
徳川は源氏を名乗っているとは言え元は藤原だし。
とりあえず、今の権力者を倒せればよいのかな。

とりあえず、西の者達は後亀山天皇系の末裔となるのかな。
天皇家は神の血を引いていると言われており、生神様扱いされていたな。
それを証明しているのが古事記だな。
人の世が倒れ、神の世の再来を目指すって、あまり意味ないことだろうがな。
結局はただの権力闘争というところだろうな。
しかし往壓が知らず、アビが知っているのは何故だろう?
小笠原にでも習ったのか?

とりあえず、その目論見を先見していた鳥井たち。
西の物が動いたのが何で今頃になってという気もあるが、江戸幕府よりに見れば鳥居は正しいことをやっている人だよな。
良い人か悪い人か解からない人なのは確かだな。
これらは水野の命令なのか、鳥居の独断なのかはわからないけどな。
どっちかってと鳥居が独自に動いていたような感じだな。

妖夷の正体は神の鎧。
穢れている地に降りる為に必要だったもか。
神はいないが、鎧は残されていた。
残された鎧は寝ていたが、人の感情により起きる場合がある、ということか?
よく分からないが。
妖夷の中に神が宿っていたのが、今は空。
そこに人の想いが入り込んで目覚めていたとなるのかな。
だから人に引きずられたように妖夷は暴れていたと。
しかし、狐みたいなのはどうなんだ、あれは妖夷じゃなく神になるのか?

元閥は完全に西の者側か。
神職は神に逆らえないということなのか。
神にも色々あるだろうがな。
前島聖天は江戸城の真下にあるらしいな。
普通に考えるとそうなるか、一種の人柱代わりか。
ここの蔡神ってなんだろうな。

アトルが呼び出した妖夷は西の者が札で操れる。
札を使わないと駄目ならば、札さえあれば誰でもできるんじゃ・・・。
札が破れると一気に潰されていたしな。

往壓は駁竜となり竜を倒したが、人に戻れなくなったか。
変化する前、他に2つの首があったが、あれって何だろう。
3つ首に変化するのかとも思ったが、違ったし。

変化してしまった往壓を倒すために草薙剣か。おもしろいものを持ってきたな。
今熱田にあるのも本物ではないといわれているのはまあ当然だろうな。
草薙という名を持つ剣は3本はあると言われていたはずだしな。
三種の神器は持ち出されるごとに入れ替わっていることになっているからな。
平家の都落ちの際も持ち出されて回収できなかったと言われているし。
元は伊勢にあった刀を天皇に捧げて、熱田に祭られているのを草薙の剣といっているようなものだろう。
しかしあの剣、三種の神器というにはかなり装飾が多すぎだな。
大和時代かそこらに作られた代物だから装飾などはほとんどないし、もとより鞘がある時点で何か違うと思ってしまったよ。

刺されてしまった往壓だが、一応主役だしな死ぬことはないだろうな。
気になるのは人に戻れるかどうかかな。
ある意味神と融合しているようなものだろなあの状態の往壓って。鎧という役割にもなっているし。
そう考えると、西の者達が目指しているもののって往壓なんじゃ・・・。
でも、異界を開くことで世の混乱を招くことを推奨するが、異界へ行く事は考えない人たちだから、今のところ神と融合できるということはなさそうだ。

一応、次で終わらせるんだよな。
次は幕間になっているのは何でだろうな。
後はOVAでやっていくからか?
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/648-5d3aa14d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。