上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
井戸の水が酒に変わるという事件が起こり、奇士たちが出動する。
江戸市中の水道に入り込んだ水の妖夷が原因だが、地下に潜っているためなかなか追い詰められない。
その頃、アトルは吉原で一人の男と出会う。
武士である彼は、藩の不祥事の責任を取って切腹を言い渡される状況にあるという。
この世では生きられないその男を、異界へ導こうとするアトル。
異界の入り口を探すため、奇士や豊川狐と共に水の妖夷を生み出した発端を探すが。


    

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 三

天保異聞 妖奇士 オリジナル・サウンドトラック
流星ミラクル   Winding Road
LONE STAR   愛という言葉(初回生産限定盤)
天保異聞 妖奇士 オリジナル・サウンドトラック



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


今回はある意味アトルが主役だな。
アトルは未だに異界に憧れているんだな。
最終的にはアトルの居場所って、どうなるんだろうな。

でそのアトルは切腹させられる岡田に同情して動く。
藩で竹の密輸を朝鮮とやっていたということに絡み、あってはならないと岡田一人にすべての責任を付きつけて終わりにさせるか。
この当時というか江戸時代の大名達ってかなり慢性的に金策に走っていたらしいしな。
岡田は悪くないのに、切腹させられるか。
他国と貿易してはいけないという制度自体が悪いと鳥居のところへ行くアトル。
って、将軍のところへ行くかと思ったが、鳥居かい。
鳥居ではどうしようもないことだろうに、この問題って。
所詮は藩内の管轄だしな。
町奉行では意味はない。どっちかって言うと目付けか老中系じゃ・・・。
解説役にはもってこいだろうけど。

解説といえば、今回は珍しく解説役がいたな。
三話ぐらいまではいたのに、いなくなっていたのが復活したか。
で話は竹島。今で言う竹島ではなく、松島といわれた島らしいな。
まあよくよく考えてみると今の竹島では竹が作れるほど大きな島では無いからな。

他国から侵略されるから鎖国していた日本。
まあ、武力というより、文化というか宗教に畏れたのが最初だろうな。
実際、異文化を制限することである程度の平和は保たれていたものな。
平安時代なんかも、そうだろうし。
そこまで他国と近くないというのもあるけどな、地理的にも心情的にも。

最終的には逃がせばいいと異界への道を探す。
ずいぶんと乱暴な論理だな。
しかし岡田を異界へ送っても意味はないんじゃないかな。
変りに責任を取る人物が出てくるんじゃ・・・。
結局は誰かが死ぬだろうな。

久しぶりに出てきた狐。
呼び出したのはアトルか。
江戸内にいる妖夷の存在が解かるということで今暴れている妖夷の居場所を教えてもらう。

一方その酒の妖夷を追いかける奇士たち。
水をすべて酒に変える妖夷か。
今回のの奇士たちは完璧酔っ払いだな。
小笠原は何かキャラ壊れていたし。
酒の力は恐いな。(笑)
その酒に対抗するために色々と策を講じる小笠原。
結局、酒を吸収して何がしたかったんだろうな。
アルコールを蒸発させて終わったけどさ。
そういえば、宰蔵に「嫁入り先は探してやる」と言っていたが、覚えているのかね。
小笠原とかは酔った時の記憶無さそう。

酒の妖夷を生み出したのは酒によって起こる親の暴力におびえる子供。
狐が探している異界への道。
開けるのは人だけなのかね。
妖夷を作り出すのは人、異界からは追い出される妖夷。
異界って何だろうな。
アトルにはまだ必要になるんだろうな。居場所をまだ探しているようだし。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/640-26212373
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。