上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
無事、茶州州牧に着任した秀麗と影月。
秀麗は、朔洵のことを忘れるかのように、仕事に没頭していた。若き二人の新州牧たちは、百年先の茶州を見据えて、施策を練る。
そんな中、秀麗は、新年の朝賀に出席するために、静蘭とともに、彩雲国の王都、貴陽に戻ることになるが、劉輝に会うには、気持ちの整理をつけなければならなかった。


   

―原作―
彩雲国物語―黄金の約束    彩雲国物語―花は紫宮に咲く
想いは遙かなる茶都へ―彩雲国物語    彩雲国物語―漆黒の月の宴
彩雲国物語―欠けゆく白銀の砂時計    彩雲国物語―心は藍よりも深く
彩雲国物語 光降る碧の大地    彩雲国物語 紅梅は夜に香る
彩雲国物語 緑風は刃のごとく

彩雲国物語―朱にまじわれば紅  彩雲国物語―藍より出でて青
―ドラマCD―
ドラマCD 彩雲国物語~はじまりの風は紅く~
ドラマCD 彩雲国物語 第二巻 黄金の約束
彩雲国物語 ドラマCD1 番外編~「楸瑛と絳攸」・「親睦温泉旅行」~
TVアニメ「彩雲国物語」ドラマCD 第一巻 彩雲国物語 ドラマCD2
彩雲国物語 オリジナルサウンドトラック 1
最高の片想い  
―DVD―
彩雲国物語 第1巻〈初回限定版〉 彩雲国物語 第2巻〈初回限定版〉
彩雲国物語 第3巻〈初回限定版〉 彩雲国物語 第4巻 初回限定版
彩雲国物語 第5巻 初回限定版 彩雲国物語 第6巻〈初回限定版〉
彩雲国物語 第7巻〈初回限定版〉
 彩雲国物語 第8巻〈初回限定版〉
彩雲国物語 第9巻〈初回限定版〉


F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。

今回は朔洵のことと朝賀への布石となるかな。
後茶州をどうするかということぐらいだな。

あれから時間は経っているようだが、朔洵に関しては秀麗も色々と責任を感じている為かかなりのダメージだな。
朔を恨めていれば少しは楽だったのかもしれないけどな。
それすらしないで、未だにあれを拒絶していればいいと考えている秀麗がなんかすごいというか何か違うだろうというか。
しかし死体すら見つかってない朔洵。
生きているとは考えないものか?
血を吐いていたが、死体を見たわけでは無いからそう考えてもおかしくなさそうだけどな。
まあ毒を飲んでいたという確証がある以上、それを否定することは無理か。
でもあんなものをどこにもって行くというんだろうな。

ともかく燕青も静蘭も駄目で、朔を引きずっていたのを慰めたのが龍蓮か。
神出鬼没な龍蓮は今までどこにいたのやら。
禿鷹の二人組に頭飾りを交換してもらって今は秋の実りか。
松ぼっくりはともかく栗を挿しているのは痛くないのだろうか?
克洵もな、あれを衣装などの指南役に選ぶのは人選ミスだろうに。
ああいうのが流行りだと思っているのかな。
静蘭や香鈴とかのほうがまだ良いんじゃ・・・。

茶州を学術都市にするという秀麗と影月の計画。
物が駄目ならば、人という発想もおもしろいものがあるよな。
うまく行くかどうかは今からだろうけど。
百年先まで見据えた計画かどうかもな。

そういえば、凛さんがようやく出ていたな。
かっこいい女性らしく、気風のいい人だな。
胡蝶になんか似ている感じがするな。

悠舜と燕青の掛け合いが少ないな。
後茶州の官僚達との掛け合いも。
燕青がいじめられているのはおもしろいのに。
なんか物足りない・・・。
噂の銘才を見てみたい気もしたがな。
ついでに影月もなんか影が薄いよな、気のせいかな?
一応、香鈴と色々あるようだが、なんかな。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/621-e867e813
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。