上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日光編は一応これで終了となるかな。
少しは話の内容がわかってきたような、こなかったような・・・。



流星ミラクル   Winding Road


―あらすじ―
日光街道で妖夷退治をする本庄らは、怪しい力を持つという石の欠片を手にしていた。
だが、それを謎の集団「西の者」たちに奪われてしまった。
日光東照宮で巨大な妖夷を出現させる西の者たち。
往壓は漢神で戦うが歯が立たない。
雲七と合体した雪輪に、自分を食えと往壓は告げる。
その頃、本庄に仇討ちをするという加納を斬れと命じられた小笠原は、抜刀しかつての友人である加納と対峙する。



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


アビと元閥が久しぶりの解説。
今のところのあらすじを言うていただけだし、出番がこれだけ。
すねて、酒を飲みたいのもわかるような・・・。

アソベたちは竜導に襲い掛かる。
変なものを食った所為なのか
タダの馬ではない
アソベたちは船と一緒に流しちゃったな。
良いのかな、あれ将軍行列用の橋舟じゃなかったのか?

「これは始まりです。
西から嫌な風が吹いている」
意味深な、雲七の言葉。
西というとやはり天皇、公家関係だろうな。
ならばあの仮面の男らはそちら関係の人たちにあたるかな。
もしかしたら、今度からはそちらが相手になっていくのかな。

アソベは放っておいてその隙に加納が本庄に襲い掛かった。
が、加納は江戸に戻ったかと思った竜導たちに弾き飛ばされた・・・。
肉をご丁寧にぶつかっていくから一体どういうギャグかとおもった。
宰蔵が泣いているのもそうだし。
なんか芸風が変ったよな今回。
とりあえず加納は馬に乗って逃走。

混乱は土井が全て抑えた。
いつの間にか行列が着いていたんかね。
で古河城にてこの行列の総責任者の土井に対して釈明。
本庄たちは妖夷退治のためでなく、探し物ためにこの行列に参加していたと言う。
しかし、それが奪われた。

その探し物は殺生石という。
那須の殺生石は周囲ことごとく滅ぼした物。
でもあのあたりは森がうっそうとしていたから違うものなんだよな?
ともかく花井が言う殺生石とは妖夷の封印された姿でかけらであっても力を持つ。
分析のために手に入れたが、賊に奪われた。
しかし分析だけのためじゃないよな、多分。
あわよくば何かに使ってそう。
本庄たちの処分はどうなったんだろう・・・。
本庄の事で棚上げか?

ともかく加納の事は奇士が処分するということに。
加納が変なことをすれば、身を潜めているものにも影響がでる。
下手をすれば、鳥居に付け入る隙を作ることになるということで。
加納を斬れとまで言われてしまう。

「本庄は鳥居の命で名を隠している」という。
一体何のためだろう?
何か意味があって名を隠しているんだよな。言霊を信じるタイプとかか?

加納に怒らせた本庄の言い分。
「あいつが嫌い。異界だの異国だのこことは違う場所を語るやからが。
自分達だけが本当の事を知っているような顔をし、行けもしない世界の事を自慢してみせる。
自分だけは別だこんな国に納まっている人間ではないんだと」
かなりわかりやすい言い分だよな。
しかし、嫌いって何かの裏返しなんだよな、確か。
だとすると、どこかへ行きたいと思っているのは本庄のほうなんじゃ・・・。

その頃、土井が東照宮に到着。
家康の骨が奉られている奥社宝塔に大量の札が張られている。
日光はまつろわぬものの魂が眠っており、家康の神とすることで押さえつけている。
貼られている札は下されるかもしれなかった大権現以外の別の神の名。
家康を神とせず消し去る呪い。
これらも西のものがやったんだろうか?
ならば、あれらが言っていた眠っている神とは家康ではなく、押さえつけられているほうなのかな。

加納らと合流する往壓たち。
肉を焼いていたが、あの状態で持ってきたんか。
アソベと一緒に流れて言ったと思ったんだがな。
加納に事情を説明するもあまり信じてもらえてないな。
あれだけみてもけもので済ませようとする加納は思ったより頭固いな。
インテリではありがちか。

「蘭学の力で妖夷を倒している。
それによってお上に蘭学が優れていると認めてもらいたい」
これが小笠原が奇士になった理由か。
思ったより普通だな。もう少し何かあるのかと・・・・。

夕陽に文字が浮かび出し、西の者達の実験が開始された。
日が草間に翳るという文字に貉を加えると「獏」となる。
漢神って人為的に組み合わせることできたんだな。

獏が目覚めたことで家康の霊が封じ込めていたものも目覚める。
獏は悪い夢を食べる妖怪だよな。
この獏は妖夷を吸収し、悪い夢を見せているようだ。

雪輪は竜となり、往壓と一緒にこの騒動をとめようとする。
なんか怪獣大決戦にようだな。
まあ、多勢に無勢で歯が立たず。

なので一か八かの勝負。
雪輪が往壓を食べ「駮」という竜を凌駕するという霊獣になる。
駮になったは良いがまだ勝負にならず。
それに行き過ぎると戻れなくなると小笠原が助ける様とする。
「あいつは私の部下だ。
私は妖夷の肉を食わずにいられない奇士だ」
身内に厳しいのか、甘いのかわからな人だ。
ともかく加納も思ったことがあるようで西洋の砲術のいろはで手助けしてくれる。
本当はいくらなんでもあの距離は普通あのタイプでは届かないと思うけどな。
ともかく獏の殺生石は破壊され、獏本体も駮に真っ二つされる。

どうにか雪輪、往壓はもとに戻ったな。ついでにたぬきまで。
往壓の上で遊んでいたたぬきがなんかおもしろかったな。
往壓の方はこれでよし。

で加納は、本庄を諦めることはできない理由があるらしい。
どうも加納がオランダ留学を餌に高島への紹介を頼まれたらしい。
そして高島は謀反の証拠を偽造され捕らえられたと。
「おれにお前を攻める権利はない。
本庄を切らなければ俺は俺を許せない」
結局、加納の独りよがりがここまで来たということか。
どうもわざと斬られたようにも見えたしな。
加納を斬って、自害する気だったんだろうな。

しかし、加納と小笠原の対峙なんか別の話のようだな。
なんか顔も違うく見えたし。何でこんな風になったんだ?
「せめて・・・行きたかった。
お前もそうだろう」
あの当時は、渡航は一切禁止されていたはず。
例外は船の難破で外国船に拾われた場合ぐらいだな。
それでもあんなものに乗るほど外へ憧れたわけね。

全てが終わり、休息する往壓たち。
「蘭学のためだと言いながら、結局楽をしたかったためかもしれない。」
小笠原の養子を受けた理由。
本当に楽をしたかったのなら、蘭学も捨てていたと思うがな。
あえて関わっているのは、逃げか、意地か。

「私は私が恐ろしい。
漢神を拒んだのは何が出てくるかわからない・・・」
加納の事が響いて、かなり弱気な小笠原の本音。
自分を見返すのは恐いか。
名は体を現すを地で行っていたのかこの話は。
人の本質ってそんなに簡単なものでもないと思うけどな。
名は一面に過ぎないはずじゃ・・・。

ともかく日光はこれでお仕舞か。
この状態で将軍の参詣ができたのかはかなり謎だな。
次回は江戸に戻るようだな。吉原か。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/592-9d2ac8ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。