上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
琥にようやく人がそろってきたな。
でもそれほど話は動かずじまい。今から一人一人動くようだしな。

   

―原作―
彩雲国物語―黄金の約束    彩雲国物語―花は紫宮に咲く
想いは遙かなる茶都へ―彩雲国物語    彩雲国物語―漆黒の月の宴
彩雲国物語―欠けゆく白銀の砂時計    彩雲国物語―心は藍よりも深く
彩雲国物語 光降る碧の大地    彩雲国物語 紅梅は夜に香る
彩雲国物語 緑風は刃のごとく

彩雲国物語―朱にまじわれば紅  彩雲国物語―藍より出でて青
―ドラマCD―
ドラマCD 彩雲国物語~はじまりの風は紅く~
ドラマCD 彩雲国物語 第二巻 黄金の約束
彩雲国物語 ドラマCD1 番外編~「楸瑛と絳攸」・「親睦温泉旅行」~
TVアニメ「彩雲国物語」ドラマCD 第一巻 彩雲国物語 ドラマCD2
彩雲国物語 オリジナルサウンドトラック 1
最高の片想い  
―DVD―
彩雲国物語 第1巻〈初回限定版〉 彩雲国物語 第2巻〈初回限定版〉
彩雲国物語 第3巻〈初回限定版〉 彩雲国物語 第4巻 初回限定版
彩雲国物語 第5巻 初回限定版 彩雲国物語 第6巻〈初回限定版〉
彩雲国物語 第7巻〈初回限定版〉


―あらすじ―
茶家当主選定式の招待状を受け取った秀麗は、危険を承知で、茶朔洵の元へ飛び込んだ。
劉輝から、茶州州牧任命の折、贈られた「つぼみ」のかんざしを取り返さなければならないからだ。
一方、茶家三男、克洵は、祖父、仲障のたくらみを止めようとして、牢に放り込まれていた。
その克洵を助けに、克洵を慕ういとこの春姫が琥へと向かっていた。


F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。

ナレーションに穏便に琥に入ったって言っていたが、穏便にじゃないだろう。見事なぐらいの関所破りだったしな。

朔洵がなんか浮いて見えたんだが、気のせいかな。
まあ浮いて見えなくても朔洵が来るだけで周りの空気が変るな。
ここも一応警備がいるはずなのに、一体どうやって入ってきたんだろう。
マイペースなのは影月ぐらいか。
そこまで驚いてないし。相手もまったく眼中になかったしちょうど良いかもな。
あとの人たちはかなりぴりぴりしている。

禿鷹の頭は駆け出したという馬の跡を良くわかるな。
蹄鉄の跡って違って見えないし。
野生児で方がつくものだろうか・・・。勘が鋭いということになるかな。

春姫は良くあそこまで茶家本家の地図を覚えているな。
かなり詳細に作っていたようだし。すごいものがある。
絳攸じゃなくとも迷いそうだが宮城よりは狭いはずだよな。

弟の方も金華連と合流。
危険の基準が・・・人食い熊5匹に追いかけられたって、どんな危険だよ。
ずいぶんとすごい経験しているな。
それから良く逃げられたものだ。一体どうやって逃げれたんだろう?
なんか相手が諦めるまで逃げ回ってそうにも見える。

劉輝たちはまだ紫州に戻ってないのか。
あれから何日経っているのかわからないがもう着いてもおかしく無さそうだったが・・。
これだとまたでてくるのだろうか?

茶家本家に連れて行かれた秀麗。
秀麗、そういえば身一つで朔洵についていったな。
身の回りのもの色々と持ってきそうな人だがな。
二胡とかはなれていたものの方が良いんではないのか。
弘法筆を選ばずと言うことかな。

女の方が強い。
皆それぞれ身近にいるから身にしてみているわけだな。
それらに勝てない男連中。一人相手でもなんかまとまっても勝てそうにないな。
一般的に見たら、強そうなのにな。

克洵、狂うの早いな。
それだけ時間が経ったのか?
環境が環境なせいもあるだろうけど、克洵の根底があってそうなったんだろうな。

次は年始になるのかな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/591-5da845b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。