上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”男は度胸、女は愛嬌”が普通だったと思ったが、女は度胸か。
今は女性が強さを求められるということなのかな。


   

―原作―
彩雲国物語―黄金の約束    彩雲国物語―花は紫宮に咲く
想いは遙かなる茶都へ―彩雲国物語    彩雲国物語―漆黒の月の宴
彩雲国物語―欠けゆく白銀の砂時計    彩雲国物語―心は藍よりも深く
彩雲国物語 光降る碧の大地    彩雲国物語 紅梅は夜に香る
彩雲国物語 緑風は刃のごとく

彩雲国物語―朱にまじわれば紅  彩雲国物語―藍より出でて青
―ドラマCD―
ドラマCD 彩雲国物語~はじまりの風は紅く~
ドラマCD 彩雲国物語 第二巻 黄金の約束
彩雲国物語 ドラマCD1 番外編~「楸瑛と絳攸」・「親睦温泉旅行」~
TVアニメ「彩雲国物語」ドラマCD 第一巻 彩雲国物語 ドラマCD2
彩雲国物語 オリジナルサウンドトラック 1
最高の片想い  
―DVD―
彩雲国物語 第1巻〈初回限定版〉 彩雲国物語 第2巻〈初回限定版〉
彩雲国物語 第3巻〈初回限定版〉 彩雲国物語 第4巻 初回限定版
彩雲国物語 第5巻 初回限定版 彩雲国物語 第6巻〈初回限定版〉
彩雲国物語 第7巻〈初回限定版〉


―あらすじ―
秀麗たちは、完全に封鎖された茶州州都・琥を目前に、足止めを食らっていた。
秀麗と影月が茶州州牧として着任するためには、何としてでも期限までに琥に入らなくてはならない。
意を決して関所を突破した秀麗一行は柴彰の姉、柴凛の邸に身を寄せる。
邸には柴凛からの置き手紙と、もう一通、茶朔洵からの、茶家当主選定式への招待状が残されていた。


F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。

今回は色々と場面が変り目まぐるしい状態だったな。
先週と同じように久々に邵可たちま出て来てたし。
禿鷹の内情を話すためだろうが、いきなりだからかなり飛んでいる話になっているよな。
そういえば、秀麗達がいない間って珠翠が邵可の世話をしているのかな。

その禿鷹の二人組は春姫と一緒に琥へ向かうことになったか。
口の利けない春姫とは筆記で会話していたようだが、手話でも会話は通じているのか?
まあ野生の感とかで動いてそうな二人だけどな。
だから通じると思って、一人で行くと手話でやったんだよな。
まったく通じてなかったけどさ。
で盛り上がってしまった二人は誰も止められないというわけだな。
禿鷹の二人組の進むルートは危険がいっぱいだな。
あの二人しかいけないだろうな。
あれだけの高さの崖を大荷物を持って飛び降りるなんてさ。

龍蓮と出会った二人はあの格好に惹かれていたな。(笑)
あれのどこに惹かれたのやら。
っとそういえば、龍蓮ってかなり前に秀麗たちに追い出されたのに、まだこんなところにいたのか。
秀麗たちが気になって居る所為で同じ場所をぐるぐる回ってそうな感じだけどな。
でとりあえず、遠まわしに支援。

秀麗たちも琥へ到着。
静蘭の権限で関所の護衛らを倒しているのはいいんだが、何も言わずに倒していると本当に山賊か何かのようだよ。
周りにあれだけの人もいるし、なんらか宣言していた方まだよかった気がしなくもない。
慣れていた燕青はともかくとしてさ。

蔡凛の屋敷に置かれていた手紙。
全商連の約束は一応取れたとなるようだな。最低限だけだけどな。
しかし”自分の街は、自分達で守れ”と皮肉る蔡彰がいない。
そういえば、全力を出さざるを得ないからか。

英姫と霄の会見は完全に英姫ペースだな。
霄が完全に押されて、何をしに来たのかわらかなくなりそうだ。
どう見ても助けられる人には見えないしな。
克もだめもとで祖父への嘆願。
まったく聞いてくれなくても度胸は試されたとなるな。
今回は度胸がある人ばかりだったわけだな。

次回は朔もでてくるようだし、蕾を奪り還し開始かな。
話は少し動くかな。終わりはしないだろうな。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/586-1a2358d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。