上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カレンの内情を中心に名誉ブリタニア人の暮らしぶりだな。過去にしか幸せは見えないからこそあんなものに頼りたくなるのだろう。
死に逃げるのと薬に逃げるのとどっちがましだろうな。




コードギアス 反逆のルルーシュ 2    コードギアス 反逆のルルーシュ 3


COLORS    勇侠青春謳

コードギアス 反逆のルルーシュ O.S.T.



―あらすじ―
弱者の味方として活動を展開していく黒の騎士団。
イレヴンの間では英雄扱いとなるが、カレンもまた世の中を変えるために、ゼロは必要だと感じていた。
カレンはイレヴンとブリタニア人のハーフだが、その複雑な家庭環境からブリタニアを憎むようになっていた。
そのような状況下、世直しの一環で、イレヴンの間で蔓延している薬物「リフレイン」の密売現場に潜入する黒の騎士団。
カレンはそこである人物の姿を見る。

F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。

アバンはいつもどおりダイジェスト版。
「ギアス」と「黒の騎士団」。ルルーシュが手に入れた力の事。
「その行動がいかなる結果を生むのか、今は誰も知らない」
不安になりそうな、終わり文句だよな・・・。

OPの映像が変ったか。
新しいOP,EDの人が決まったそうだから、数回しか映らないだろうにずいぶんと変革しているな。
全体的にスザクとランスロットが主役に見えてしまうな。
コーネリアの親衛隊が一人消えている。あれは誰だったんだろう?
咲世子さんが黒の騎士団にいる、ついでにサクヤまで。
後なんか新しい人がいるな。科学者が医者か?
ロイドの対っぽい。そう考えると紅蓮の製作者か何かか?
何かを掴もうとする手、かなり細いから女の人だよな・・・ナナリーかC・Cか。
最後のランスロット、ずいぶんイメージが違うな。
悪者に見える・・・。最初見たときはまったく違うものかと思った。

あれから2週間以上経っているらしいな世間は。
カレンすごい格好で寝ているな、風邪ひかないのだろうかあれ。
カレンは母親が嫌いのようだ。

福祉とは言えイレヴンにやるにはもったいないとイレヴンへの補給物資の横流し。
それを阻止するための行動。
走ってやってきているのがなんか笑えるよな、黒の騎士団って。
本当に地味な活動だな。

「黒の騎士団!」と授業中に寝ぼけていたカレン。
周りは笑っていたが、大丈夫なのかね。ブリタニアにとっては悪のはずなのに。
授業の半分はルルも寝ているようだ。
居眠りの達人って、あれで寝ているのか、器用だな。
考え事しているようにしか見えない。最初はカレンの行動にあきれているのかと思ったよ。

コーネリアとユーフェミア。
エルアラメイン戦線とか言っているからEUとは戦争中なのかね。
コーネリアは九州へ出兵らしいな。麻薬ルートを潰すための。
リフレインの蔓延により生産性の低下と中華連邦からのルートが確立されているようだな。
本当にEUとも中華連邦とはそこまで仲良くないわけね。もしかしたらこの3国で世界を分けているのかな。
「衛星エリアに昇格させたい」
ブリタニアの植民エリアによって何らかの区別があるようだな。
「このエリアは私が綺麗にしてお前に渡す」
ユフィがもともとここの総督として赴任してくるはずだったのかね。
それをコーネリアが無理強いして総督として安定させているのかな?
ユフィは今のところ、何もできて無いからな。この人が総督になって大丈夫なのかまだ見えないな。
コーネリアを止める事はまったく無理そうだしな。

「スザク、そっちそっち」
「止めろ、止めるんだスザク」
「ごめんルル-シュ、会長命令だから」
「顔が笑っているだろう」
「動かないの」
中では縛られて、仮装されかけているルルーシュ。
声だけ聞くと、何事かと思うな。
「おはようにゃん」
猫の仮装をしている生徒会メンバー。
猫祭りとはアーサーの歓迎会だったのね。アーサーの名前はいつ決まったんだろうか?
「モラトリアムできるうちは楽しんで行こうよ」
そういう方針でミレイはいろんなお祭りをしていっているのかね。ストレス発散にはなることだろうし。
ルルに着せようとしたのはぐるみじゃないようだな。
しかし着ぐるみでは猫に見えないよな。
「カレンは要らないだろう、とっくに被っているものな」
3話での話を言っているんだよな、ルルはカレンが猫を被っているのを知っている。
生徒会メンバーはあまり気にしてなかったが、ばれていると言っていいのかね。
「あなた、テレビにでも出れば、人気者になれるわよ」
テレビと言えば、河口湖の騒ぎで注目の的になっていたシャーリーたち。
四六時中追いかけまわされて質問攻めと学校の外に出れなかったらしい。
ゼロに関していたことだからか、注目度がすごかったんだろうな。
「我等生まれた時は違えども、死すべきときは皆同じと願わん、ばーい三国志」
「プロポーズですか?」
「死にゃばもろともってこと」
倒れる時は、皆まとめてですか。ミレイらしいな。

「良かった、またみんなで集まれて、本当、よかった」
泣くスザクにはちょっとびっくりした。
「たまに空気読めと言いたくなるねどね」
これには同意。スザクの行動って善良すぎて本気かどうか疑わしくも見えるからな。
しかしニーナもカレンも、いつのまにか馴染んでいるようだな。

「華々しい登場以降、世間は黒の騎士団に染まった。
民間人を巻き込むテロ、横暴な軍隊、汚職政治家、営利主義な企業を一方的に断罪していった。
協力者も増え、ナイトメアも手に入れた。
表立っての話ではない、ゼロはクロヴィスを殺している。
もう、彼がいないと駄目なのかもしれない」
世間的な黒の騎士団の状況。
頭を潰せば、すぐ壊れてしまう危うさを含んでいるな。

「最近さ、付き合い悪くない」
「そうかな」
「そうだよ」
リヴァルとルルーシュ。連絡取れない場合が多くなっている所為だろうな。
河口湖の時もそうだっただろうしな。
ニーナなぜ、ユフィを思い出して顔赤らめているのだ?
惚れたのか・・・。

藤堂と四聖剣ら。四天王とは言わないのな。普通ならそっち使いそうだけど・・・。
こちらもゼロの話題。
この人たちにはユーフェミアを助けたことでそれほど信用されてないらしいな。
草壁中佐を殺した事もあるようだけど。
王族全てを殺していっても意味はないと思うけどな。
キョウトまで紅蓮弐式をまわすと情報は早そう。
草壁の事は自決だろうが、止めなかったという噂もあるらしい。
噂があるということはあれらの生き残り、まだいたのかね。
藤堂も中佐なのか。まだ動きそうにない人だが、この人が動くのはいつだろう。
ゼロの反発してそうだったんだが、OPどおりだと黒の騎士団側っぽい。

ミレイが渡したいものがあるらしくカレン宅へ訪問。
かなり広い家だが、人はそれほどいないのか?
ミレイが持ってきたのは中学からの成績証明書。
ブリタニア人とイレヴンのハーフだって事がばれたと言っているが、それがそこに書いてあるのかね。
メイドの方が本当の母で父親がシュタットフェルト家の当主。正妻も妾もその娘も一緒に暮らしている複雑な家庭。
「衣食住には不自由ない我慢できないほどではない」
「一つ一つ我慢できることであっても積み重なってしまえば擦り切れちゃうものよ。
人の秘密は知りたくなる方だけど、人に話す趣味はない」
ミレイも色々と人の事情に通じてそうだからな。やはりルルたちの事情も知ってそうだ。

猫と遊んでいるスザク。懲りない人だな。
猫祭りの方は終わったのか。
「皆が助かったのは良かった、ゼロさまさまだな」
「犯罪者を取り締まりたいなら警察に入れば良いいのに彼らはどうしてそうしないんだろう」
「警察じゃできないと思ったんだろう、警察なんて・・・」
「今は駄目でも警察の中に入って変えていけば良い」
「変える過程で結局色々なしがらみを抱えることになる」
「ぎりぎりまで変える努力をしてから初めて言えること。
それをしない限り、彼らの独善に過ぎない」
「彼らのいう悪って何だい、何を基準にしているのかもわからない。
一方通行の自己満足だよ」
スザクとルルの言い合いって程じゃないな。ゼロに関するスザクの意見と言ったところか。
正義を信じるからこその言葉だな。これらは。
スザクの言い分もわかるが、今被害にあっているのを救うにはゼロがやっているほうがましにも見えるんだよな。
そこにシャーリーがやってくる。
スザクが空気を読んで出て行こうとする。
「それじゃ、僕軍の方へもどらなくちゃならないから」
シャーリー、スザクに励まされルルに告白しようとするが、聞いていない。
「あいつ、軍に戻らなくちゃと言っていたな。
戻る、そこがお前の居場所というわけか」
昔よりはかなり居やすそうな場所だそうだしな。
ルルにとっての居場所ってどこになるのかな。ナナリーがそうでなくなると黒の騎士団となるのか?

扇と連絡を取っているカレン。
リフレインが蔓延しているという話。
「誰だって懐かしいよ、ブリタニアに占領される前の日本が」
リフレインは日本人を狙い撃ちにした薬。
補給も増えた、仲間になりたいものも増えたらしい黒の騎士団。
正義の味方だからなのか知らないが、窓口はどこになるんだろうか?
やはり扇たちなのかね。

イレヴン、いじめ。
周りも見てみぬ振り、カレンが止めに入ろうとするのをルルは止める。
勝てるわけがないのもあるだろうし、事情をかんがみて助けないのだろう。
「自分でブリタニアの奴隷を選んだ。
租界で働くというのはそういうこと」
「文句あるのか」
と矛先をこちらに変えてくるチンピラ。
「飽きただろう、イレヴンいじめなんて」とギアスをかけたルル。
ある意味助けているな、これであの連中はやらなくなるだろうし。焼け石に水だろうけどな。
しかし、ギアスがなかった場合、ルルは絡まれたときどういう行動をとるのだろうか?
喧嘩とか強そうには見えないが、強いのか?
「いらっしゃいませ
カルフォルニアドックはいかがですか」
助けた人がブリタニア人だとわかると、そう言いだす。
商売根性というか、あんなことはなかったことにしたほうがいいというわけね。

「エリア11は日本だった頃くらべて良くなったともいえる。
植民エリアに入ったおかげで軍事も経済も格段に安定した。
市民権だって手に入る市役所へ行けば名誉ブリタニア人になれる。
後はプライドの問題、そっちを大事にしたい気持ちもわかる」
「ルルーシュ・ランペルージはどうするの。
シャーリーが言っていた、頭いいのに努力しようとしない」
「だから何もしないんだろ。
さっきのイレブンだってわかっている。ブリタニア人に頭下げた方が、良い暮らしができる」
「評論家ぶって、世界を斜めに見て。
少しでも期待した私が馬鹿だったわ、多少ましな男だと思っていたのに」
ルル、わざと殴られたよな。
ルルーシュ・ランペルージとしては先が見えすぎてしまうから、何もできなくなるのだろうな。
目の前の事に対処しても根本的なものを変えない限り何もならないとなるだろうし。
その根本を変えるにも力がないと出来ない。だからこそ今まで動けなかったのだろうし。

ジェレミアとヴィレッタ、おもしろい場所で密談している。
オレンジ事件と言われてびくつくジェレミア。
トラウマになっている(笑)。
言い換えると例の枢木スザク強奪事件となるのか。
ジェレミアの記憶の喪失と同じ症状がヴィレッタにもある。
シンジュクの時にサザーランドを奪われている。
学生服の男を見たが、顔は覚えていないか、ゼロの正体についてはこの二人が鍵となるのか?

黒の騎士団の活動。リフレインの事だな。
ブリタニアを倒すと言っていたのに、やっているのは警察の手伝い。
格好はどう見ても正義には見えないけどな。
ゼロが先行してルートの確保。本当に王から先に動く人だな。
租界の中は安全と言っている先から「黒の騎士団参上」
ノリノリの玉城、言っていることとやっていることが合致しない人だな。
このセリフが声優が嬉しくて泣いたセリフか。

カレンがナイトメアで内部を制圧。
その倉庫の奥にリフレインの末期患者たち。
名誉ブリタニア人もそこまで幸せではないわけね
覚せい剤に逃げた人がかなりいるようだし。
日本の技術力は世界一とか言っていた。
栄転、留学、結婚、事業の拡大、ブリタニアに占領された時に失われた夢。
逃げたくなるのも良くわかるよな・・・。
そこにカレンの母親もいた。
ナイトポリスが出てきたということは警察もぐる。
コーネリア、内政関係、人に任せすぎだ。どこまで腐敗しているんだか。
スザクの言い分はこれで通らなくなったな。

ナイトメアは接続部を狙われると弱いのだな。
あっさり壊れたし。

「いるから、ずっとそばにいるから」
「そんなことのために」
「良かったね、ブリアニア人になれるんだよ
電話だって旅行だって自由にできるんだよ。」
カレンだけでもブリタニア人にするために、シュタットフェルト家の当主を頼った。
カレンのそばにいるためだけに、メイドとしてでもあそこに居たかったというわけだな。
たとえ、いじめを受けようとも。最初の脚立は悪戯されていたよな。部屋もすごい状態だったし。
色々積み重なりすぎて薬に逃げたのだろう。
しかしカレンが母親を嫌っていた理由って何だろう。
子供を盾にしてシュタットフェルト家に頼ったからか?
ある意味捨てられたと勘違いしていたからかな。
にしてもナオトもシュタットフェルト家の人間なのか?
とりあえず、カレンがシュタットフェルト家の唯一の子供っぽいのは確かだな。
継母である人がカレンを追い出せないのもそうだろうし。

「嘘の涙は他人を傷つける
嘘の笑顔は自分を」
C・Cの言葉。
嘘の笑顔はカレンの母親だろうが、嘘の涙は誰が流した。
スザクか・・・・まさかな。

カレンの母親は薬の後遺症で会話はできない状態。
それでも判決が出たらしく、20年。懲役じゃなくて、禁固だろうな。
「変えて見せるから、お母さんと普通に暮らせる世界に」
「がんばれカレン、私の娘」
話せないはずの母親から励ましの言葉。
カレンに新たな目標ができたことで抜け出せなくなったな。

今回は本当にカレンが主役だったな、裏の主役はなんとなくミレイっぽい。
次回もカレンが主役っぽいな。
なぜC・Cがスクール水着を着ているのだろうか?
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/584-9463ebb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。