上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一応はめでたしめでたしとなるのかな。
アトルの件も雲七の件も決着はついたから。
にしても往壓だけの話が七話までもつれ込むとはな。
そういえば、これの話の本意はいったいなんだろうな。よく分からん。

流星ミラクル
Winding Road

―あらすじ―
怒り昂ぶる雪輪を鎮めるため、立ち向かう奇士たち。
往壓は雪輪から漢神を取り出そうとするが、その名が見つからない。
雪輪の放つ冷気に、なす術のない往壓。
その苦境に、雲七は自分の体から漢神を取り出すよう往壓に言うのだった。
だが、漢神を取り出せば雲七は妖夷のように消えてしまうのではないかと往壓は躊躇する。
一方、アトルは奇士たちの攻撃から雪輪を必死に守ろうとする。



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


で最初は前回の最後から。
ともかくアトルを助けるために妖夷を倒すとなったんだな。
そのためにも雪輪から漢神を取り出すと。
でもアトルはそのまま置いていくんだな。
小笠原が残ってくれたから良いが、そのままだったらアトルは処分されていたのではないのか?
・・・蛮社改所ないでもそれなりの信頼関係が生まれていたんだな。

そういえば小笠原の内情は未だ不明だな。なんか気になるんだが。
養子なのはわかったが、義理の父親の方が何かをしたらしいな。
そこまで没落した家には見えなかったような・・・。
まあ上役なんかにはよく脅しかけられているけどな。
これはそのうちやるだろうな。

ともかくケツアルを呼び出すためにもう一度宰蔵が舞う。
今回はおとなしめだな。
前回のような派手な演出はなしか。
その代わりに元閥をアビが活躍?
一応のチームワークが取れていたからそうなるかね。
被害は甚大そうだけどさ。・・・ってそういえば、これの後始末って誰がするのかな?
前回は物見やぐら壊して、今回は橋を壊してっとすごい状態になっているような・・・。
まあ天災ということで処理するだろうけどな。多分。

どうにかケツアルを呼び寄せられたが、漢神が取り出せず。
名が増えすぎた所為で、元の名が自分でも見失っているそうだ。
にしても雨冠のつくものばかりだったな。ケツアルの漢神。
本当の名もそれに関する名なのかね、もしかして。
ともかく漢神は取り出せず、逃げられたのには変わりなし。

で結論を言えば、雲七もケツアルも結局は人が作り出したもの。
だから雲七の感じがどうしても七次と重ならなかったんだな。
というか、神というもの自体が人が作り出したものには変りはないのだから極論を言えば、妖夷も神も一緒だろうに。

雲七から漢神を取り出し、ケツアルにぶつけると邪悪な蛇から竜へと生まれ変わった。
ずいぶんと簡単に終わったな。
とりあえず、似たもの同志から作られたものは結局神となったということになるのかな。
罪は昇華されたとそう解釈できるな。

往壓は罪から逃げてないとは言うけどさ、結局は逃げていたことにはならないのかね。
違う存在を作ってそれがその人だとずっと居るとなるとその罪はなかったことになるはずだし。
なのに、逃げてない?
よく分からないな。
幽霊と一緒にいることが、その人にとって重圧だった。
どちらかというとそんなものは思い出すまで持ってなかったと思うけどな。
心の底で思っていたかもしれないことを断定的に言わないでくれ、と言いたくなったな。

篠に関しても、何でまた八つ当たりなんだ。
もう少し納得のいく答えが欲しかったよ。
子供もいて、今の生活があるのに、15年前の事にこだわっていた理由があまりにも低くないか。

とりあえず、アトルは吉原行き。
確かにここは隠れ家にはもってこい(奉行所も下手に手出しが出来ない場所だからな)だが、その後はどうする気だ。
客が取れる年齢になったら、いくらなんでも置いていけるわけではないのに。
今のアトルにとって黄金の国になったというだけで良いものなのか。
行き先不安なのは変わりないような・・・。

雲七の方は雪輪と融合してしまったと。
消えてしまうよりは良いが、いくらなんでもそれはないだろうにと思ってしまった。
往壓はこれからずっと馬に話しかけていくのか。うーん、見えないものに話しかけるよりはましか?
色々と違和感はあるけど、これに関してはまあ良かったな、と言っとく。

次はキツネか。
宰蔵がらみの話っぽいな。
すぐにけりがつくかは微妙だな。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/568-146c614c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。