上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はなんか世界史のお話だな。
呼び名の所為でややこしいけどな。
アステカ帝国にメキシコにテキサスと。ついでに支倉。
あそこの人は日本人に近いといわれているそうだからアトルはアステカの末裔なのかな。

流星ミラクル
Winding Road

―あらすじ―
 他の者には見えないという雲七。彼はいったい何者なのか。
 往壓は十五年前に犯した罪の記憶を取り戻していく。
 その頃、アトルの馬、雪輪は鳥居耀蔵の手によって捕らえられていた。
 鳥居は雪輪を異国の神であると言い、その妖夷を操る能力を見定めようとしていたのだ。
 鳥居の飼う妖夷の血に、昂ぶり暴れだす雪輪。
 変貌した雪輪を鎮めるために、アトルは自らを犠牲にしようとする。
 往壓はそれを止めようとするのだが……。



F2 ranking 

よかったら、1クリックお願いします。


雲七の正体は、いまだ不明?
なんとなく分かったような気はするけどさ。
とりあえず、死んだ状態なのは確かのようだな。
往壓が漢神を使ったためにあんな状態になったんだな。
でもあそこまで妖夷が恐れおののく存在ってなんだろうか。
あの神社のいた祭神でも入ったからなのかな。
しかしあの状態ってある意味式神に近いような・・・。

しかし七次を殺した件で、急にアトルが怒り出すのが良くわからなかったな。
何でいきなり死ね?
罪の償い方をいきなりあんたが決めるのかい・・・と思ってしまった。
雪輪がいなくなった所為の八つ当たりなのか?

でその雪輪、南町奉行所でお取調べ。
鳥居、遠山のまねをしてのお白州・・・ってそれはないだろうにな。
笑えたがな。
人相手じゃないからできることだな。しかしあれはただの噂でしかなかった筈。
ドラマの所為でその印象がすごいけどな、確か遠山の刺青は桜吹雪ではなく女の生首だったからな。
ともかく、河童を使って雪輪の本体を呼び出すと竜というか、蛇が現れたわけね。
国を追い出された異国の神か。大人しかった、雪輪が凶暴化したのは雲七とこの町の所為らしいな。
異界が江戸に繋がっているのは確実なのかな。

しかし、鳥居は専門家であるはずの花井が知らないことを良く知っているよな。
蘭学嫌いではなくただ下手な学問の流出をとめたいだけか。
無駄な知識は混乱を生むのは確かだしな。
鳥居の言っていたアステカを滅ぼした理由、生贄の事もそうだが、本来の目的は金だったはずなんだがな。

そういえば、奉行ってそこまでえらいのだろうか?
小笠原のみが土下座していてそう思ったのだが。
町民にとっては脅威であるはずの奉行、武士にとってはそれほどではないと思ったのだけどな。
誰も礼を尽くしていない所為でよくわからなくなるな。

今回の一番の見せ場を取ったのは宰蔵かな。
相変わらずよく分からない舞だが、妖夷をひきつけることが生来できるらしいな。
そこから派生する、アメノウズメの話。
神と妖夷は似たもののようだから、そうなるのだろう。

アトルのほうの正体はアステカの末裔か。最初はジプシーか、何かかと思ったが違ったか。
コステロに国を奪われた民、北へ逃げた民族ね。
しかしテキサスとメキシコが争っていた時期ってかなりややこしい時期に移動していたようだな。
カルフォルニアに江戸初期より伝えられる日本人の血ね。
いたのか。
ありえそうで、ありえなさそうだと思っていたんだが。
日本人街って作ってもそれほど持っているとは思わなかったしな。
刀も良く使えたものだと・・・・な。(刀は手入れが悪いとすぐさびる、非効率的な代物と聞いているし)

その人たちから聞いた日本の噂話。
いつもながら思うが、何であそこまで美化されているのかな。
マルコ・ポーロの東方見聞録もそうだけどさ。
夢のような国ね、その時点で何か違うだろうと思ってしまう。
ひねくれものの所為か、夢を持て無いからか?

「妖夷が現れる時、人の思いが関わる。
その人を殺せば、妖夷はいなくなるのか?
身分や偏見も貧困も人が作ったものだ
その人を殺せばなくなるのか?
ここでないどこかを求める心を裁く事はできない
できることは、妖夷を倒すことだけ」
往壓の言葉。わかるのだが、なんか違うような・・・。
もともと妖夷というもの自体が人が作ったものではないのかな。
だからか、違和感がありまくるな・・・。

次回は、雪輪の件が決着するかな。
ついでに雲七の事も。それともまだ引っ張るかな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/563-dbe3ffde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。