上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黄金 ― 貴重な価値のあるもの。
何が黄金の意志なのだろうか?
戦うことがか?守ろうとすることがか?
戦うことだったのなら、それこそミトメタクナーイ!だな。






機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 3
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 8


機動戦士ガンダムSEED DESTINY(1) 怒れる瞳
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (2) さまよう眸


公式ガイドブック 機動戦士ガンダム SEED DESTINY ―運命の架け橋―
公式ガイドブック2 機動戦士ガンダムSEED DESTINY-崩れゆく絆-


機動戦士ガンダムSEED DESTINY ~PHASE-IMPULSE



アバンから。
ミネルバはジブラルタルに戻っている。ヘブンズベース戦からどのくらい時が経っているのかな。
シンの悪夢。戦った記録。
ヘブンズベース、デストロイ、ステラ、フリーダム、アスラン。
何だろうかこれらは。
シンにとって意味のあった戦闘。
嫌だったものにしてはフリーダムはなぜに。
フリーダムを倒すことを求めたのはシン。ステラの敵を取るために。
それから、なぜアスランに?
フリーダムに関係あるものだったからか。それにしてもよくわからない。
夢は人の根底にあるものの具現化。だから意味不明なのか。
うなされるシンを起こすレイ。
かいがいしいが、なんだか観察中に見えるのはなぜだろう。
シンはアスランを撃ったことを後悔している。それをレイが納得させる、無理矢理。
アスランとメイリンは裏切り者だからしょうがない。
優しさは強さではなく、弱さ。
会話になっていない会話。それに納得するシン。
優しさの定義は人それぞれだろう、多分。
優しさを弱さと称するものは往々にして力を求めるもの。
力によって自滅するものが多いが。どうなるだろう。


ネビュラ勲章。
シンは二つ目。前も一応もらっていたのか。だからエースパイロット扱いされていたのか。
レイとルナマリアにもか。形が違うくみえるが。
シンとレイ、フェイスに。
シンはまあほっといて、レイはなぜに。
シンの抑止としてか。
アスランの抑止のためのタリアのように。
しかし、レイは今ではシンのストッパーにはなれないだろうに、むしろ煽り役。
シンはアスランと同等に立てた、さてどうする。
一応英雄にも成れた。
シンの頑張る。何を、どう。
ジブリールを殺すまで、その他の人を殺しつづけるのか。
それも、なんだかな。

タリアとデュランダル。
変な2人。
この二人の関係は、軍内部でどうなっているのだろう。
あまり誰も気にしてないということは、公然の秘密なのか。にしてもな。
デュランダルに言いたい事はあっても、聞く気がないだろうとタリア。
聞く用意はあるというデュランダル。時間あるのか。
アスランとメイリンの事を言い出すタリア。
いまだにそれにこだわっているのはタリアのみか。そこまで、どうでもいいことだったのか。ザフト内では。
調査を継続させている様でもないし。本当にあれで、全ての人が納得したのか。情報封鎖は完璧だろうが。
ただの女のわがままと見ているようなデュランダル。
この人ってこういう人だったのか。
今のところ、自分の言いように進んでいるから、機嫌が良くタリアにちょっかいを出す。
かなり破綻しているのに、水面下では。何時、この人の仮面が外れるのやら。
そんなデュランダルのとこへカーペンタリアから報告。
ジブリールがオーブに入った、と。




同じ頃、アークエンジェルも情報入手。遅いなかなり。
すぐ近くにいるはずなのにな。
ザフト側の情報ルートから来たのか、まさかと思うが。
にしても、ザフトがもうオノゴロというかオーブ本島周辺を展開させてからではな。
混乱するオーブ。
しかしオーブは何時の間にセイラン家のものになったのだ。
首長会というものは宰相がいなければ機能しないものだったのか。
ここまで首長自体に権限はないものなのか。そこまで無能をそろえていたのか。
それなら何の為にいるのか分からなくなる。
必要ないじゃないか、ただいるだけなら。
まあ、ただセイランに追従するものしか集めてなかったとでも言いたいのだろうが。なんだかな。
何を持ってセイランについたのやら。


デュランダルはオーブへジブリールの身柄を要求。
ミネルバのジブラルタルからオーブへと出陣。何日かかるのだろうか。そこからだと。
足自慢とは言えどうやっていくのやら。
一回宇宙に上がってか、それならすぐつくだろうが。
普通に海路をたどると何日かかるのやら。飛行機のように空を飛んで2日ってとこか。
なぜにミネルバをだすことでザフトの本気を示すことになるのだ。
ミネルバはデュランダルの意志の権現か。


オーブは技術自慢。マスドライバー何時の間に直った。カガリがいた頃にはまだ修復中だったはずだが。
ジブリールがそこから月へ逃げる。
地球連合軍の総戦力は月?
普通地上ではないのか?
プラントを狙うための戦力だからか。
それでもかなりの小競り合いをやったのなら、そこまで月には戦力はないような気もするが。
それでも警戒すべきものと。なんだかな。
地球連合軍の戦力の基は一体どこに。基だったはずのヘブンズベースは崩れた。
前のようにパナマに逃げた戦力があったわけでもないし。
ビクトリアとパナマはいまだにある。それにしてもな。
ジブリールが月に行くのを警戒したいのなら、本当に月周辺に網を張っていたほうが楽なのではないのか。
犠牲もそこまでいらなくなるしな。
それでもオーブが邪魔。だからこそ、オーブを攻める。ジブリールを目的として。
なんだからますます、ジブリールとデュランダルは繋がっているような気もしなくもないな。
ジブリールがオーブに来る理由が余りにもない。
ただ、マスドライバーの使用なら別に何処でもよかったような気もするが。
オーブに脅しをかけるためといわれると、まあ理由になるかもしれないが、なんだか弱い気もする。


オーブ軍はザフト軍の展開に混乱中。
市民は全く知らない。


アークエンジェルは動けない。いまだにエンジンが直っていないし、補給もすんでいない。
まだ2日はかかると。
修理に何日かかっているのだろう。前にエンジンがやられたときは2週間ぐらいか。
今回はそれ以上かかっているのかいないのか。どうだろう。
それとも2週間以内にアスランが堕ち、ヘブンズベースが堕ち、今度はオーブなのか。
かなり早い展開だな、それは。


アスランがそれを見ていられず、動こうとするが、いまだ動けず。
止めるネオとメイリン。
メイリンは動けるようになったようだな、でも点滴を打っているのは、効性物質か、栄養剤か。
どちらにしろ、メイリンはまだ病人か。
何も考えずにすむな。まだ。
アスランの怪我は何時治るのやら、キラが帰ってきたらか。
今のままだと、ただの役立たず。復活できるのか、この状況で何もしなかったら。


セイラン本家でウナトとジブリールの会談。
ウナトはなぜにそこまでジブリールを恐れるのだろうか。
ジブリール本人にそこまでの力があるのか。
ジブリールが持っていたのはロゴスの皮だけではなかったのか。
ジブリールが動かしていたはずの大西洋連邦の大統領も捕まっていたはずだし。
それなのに、なぜ。
一体ジブリールにどういう権限があるのか。
前のアズラエルのように軍事産業理事という肩書きがあるでもないし。
そこまで、今の地球連合軍はブルーコスモスと同じものなのか。
国という母体をなくした地球連合軍を誰が保護しているのやら。


ジブリールの言う反撃作戦、レクイエム。
デュランダルが宇宙へ上がってからが、勝負ということは今オーブで行われようとしているのはただの捨て駒。
それなのにそれを容認するということは、セイランはオーブを切り捨てたということにはならないのか。
まあ、この人たちは自分の思い通りにならないものは全て、知らないで済ますだろうが。
それが通じると思っているのはなんだかな。
オーブ政府からのザフトへの回答も、自軍にふざけた回答といわれるし。


それを聞き、デュランダルは苦渋の決断とし、オーブ侵攻を承認。
茶番に付き合っている暇はないと。
正義と切なる平和のために。
それで全ての犠牲が報われると思うのはいかがなものかと。
オーブ沖の艦隊。オペレーション・フューリー開始。
攻撃目標点、セイラン本家、オーブ行政府、国防省。
それらに対し、容赦はしなくて良い、しかし、民間人の犠牲は最小限に。
ってそれは無理ではないのか。普通。
それほどピンポイントにやれる自信があるのか。
というか、ジブリールの確保のはずなのに殺してどうする。何か違う。
何がやりたいのか、ザフトは。
ただ、オーブ政府を完封なきまでに滅ぼしたいのか。それなら分かる気もするが。
というか、ザフトと交渉したのはセイラン家、というか宰相。
国家元首であるはずのカガリではないことのは突っ込まないのか。
誰でも良かったのか、交渉相手は。


そんな回答が通じると思っていたユウナもな。
アークエンジェルとは状況も何も違う。
あの時いたのは地球軍の特装艦とはいえ、ただの一兵士集団。
それを追っていたのはザフトの1部隊のみ。
オーブもそれなりの手順を踏んで匿った。それなりの利益を上げるために。
今回の場合は、1個人とは言え、それなりに影響力のある危険人物。
ザフトはかなりの部隊を率いて囲んでいる。
それに証拠はもう揃っているような状態でのあの回答。
通じるはずがないもの。それを指示したのは誰だ、ウナトにしてはな。
ユウナの独断か。やはりただの馬鹿か。


オーブ軍は動かず。
市民はザフトが展開しているのすら知らない状態。
避難勧告すら発動されない。
この国は一体何なのだろうな。
こういう場合のガイドラインとかマニュアルとかはないのか。
普通、前に侵略されたのなら、それなりのものを作っておくべきではないのか。
そうせずに、ただ政府が全ての情報を握り、市民には何も知らせない。
これで何の為に国を建て直したのやら。
こんな国を作るためにオーブは立ち直ったのか。
これで国民主権。どう見ても独裁国家。なんだかな。


そうしている間に、ザフトは攻撃開始。
セイラン本家へ、爆撃。
ジブリールは逃げ出している様だし、何処へ行くのか、もう月へか。
一応の警告を出した上で攻撃しているのか。にしてもな。これで市民に全く被害がないといえるのか。
まあ、双方共に必要な犠牲だったとでも言うつもりなのだろうが。嫌な感じだな。
命令があって初めて動けるオーブ軍ってただの役立たず。
そこまで命令系統の一本化は必要だったのか。
ここまで来たのなら、それなりに命令系統は動くはずだろう。
変なとこで文官統制されているな。でも、ユウナもカガリも軍の階級を持っていたはず。
完全なる文官統制とはいえない状態でなぜに命令が必要なのか。
こうなると、国防長官にでも、幕僚参謀長にでも命令指揮権はあるはずなのでは。それすらないのか。変な国。
もう、本土が攻撃されている状態で、今更ながらに防衛線を張る。
遅すぎるだろう。今更何を守るというのか。
本土は攻撃されているのに。
前方のザフトを排除すれば、本土に行っているザフトが撤退するとでも言うのか。
まあ、市内に防衛線を開かれても困るが。それにしてもな。


アークエンジェル内のカガリ。
スカイグラスパーででようとする。
って言うか、なぜにスカイグラスパーがあるのだ。
フラガが乗っていたやつか、それを修理しておいていたのか。
あれは地球軍の戦闘機のはずだろうが。それに乗って何をしようというのだろうか。
何処とも識別できないものに。何を考えていたのやら。
今更、スカイグラスパーでザフトのMSに勝てる見込みはほとんどないだろうに。
前のときもスカイグラスパーでカガリがMSには勝っていないはずだし。
何かをしたいと思ったのだろうが、無謀すぎる。
またオーブが焼かれるくらいならこの身が焼かれてもかまわない。
焼かれて何になるのだというのだろうかね。
何もならないだろう。ただ自分がオーブの崩壊を見ずに済むだけ。
国土を守りたいのか人を守りたいのか良く分からない発言だな。両方かも知れんが。
自分ができるのはそれだけ。なら何の為に国家元首になったのやら。
目的が見えていない。


それを止めるキサカ、エリカ。
この二人しか、止められないのか。カガリの無茶は。
でも煽ることしかしないしな、この2人は。


キサカとエリカだけが知っていたウズミの遺言。
「この扉開かれぬ日を切に願う」と封印された遺言。
黄金のMS。
力を欲する来れば、これを贈る。
学ぶべきものは、自分が願えば学べるだろうから、ただこれだけを遺す。
力はただ力、多くは要らないが、厭うほどではない。
力は必要、守るために。
自分の決めたことを為すためにこれを取れと。


いったい何時用意したものやら。
ウズミもななぜに戦う力。
確かに守りは必要かもしれないが。
結局は人を殺す力。
どうせなら、全てを守るための盾を作ればいいのにな。アルテミスのような。
そのほうが幾ばくかの守りになるのだがな。
守るだけの兵器と言うものはないのか、やはり。
兵器を作るということは反対にまた強力な兵器を生むことになる。
それが分からないでもなかろうに。盾を作っても同じかもしれないが。
盾のほうが幾ばくかまし。


ORB-01 暁。
動いていればそこまで派手には、止まっているのをみるとかなり派手だな。
フォルムは百式というよりZに似ているような気もするが。
OSは地球連合軍のGATシリーズと一緒の様だし。
カガリが動かせるということはアストレイのナチュラル用のものか。
あれらと同時期に制作されたことになるが、いかがなものか。
ザフトの量産型よりは強いらしい。今のところ。
バビのビームを返していたように見えたのだが、あれは一体なんだろう。
盾を展開している様にも見えなかったのだが。
盾は手にもっていたし。


トラサメにはキサカが乗っている。
トラサメの識別はなかったと思うのだが、どうするのだろう。
そのままほっとくのか、何もせずにあれはオーブの友軍だと認めるのだろうか。


カガリはユウナより軍の指揮権を剥奪。
それによりユウナの逮捕。全て単純に従うオーブ軍。
要らない指揮官がいなくなって良かったなというべきか。
軍部を掌握したのなら、先にザフトへの時間稼ぎは。
それか市民の安全確保を優先すべきではないのか。
ザフトの大義名分はジブリールの確保。
それを盾に、もう一度交渉のしようがあるはずなのだがね。
それをせずに、ただザフトを撃つ必要性は何処に。ただ犠牲を増やすだけ。
ただザフトを撃った場合、下手をすると国際社会からの隔絶が決定づけられるような気もするが、大丈夫なのか。
一回でも言いからザフトへ交渉を提示し、それでも攻撃されたのなら、反撃してもかまわないが。
問答無用にザフトへ反撃なのは、どうなんだろう。
ここまで来ると話し合いの必要はないのか、本当に。


オーブはコーディネイターもナチュラルも暮らせる国。
それにより国際社会で中立を保つことで、反プラント国と親プラント国の仲介に入れるはずなのだが、なぜそれをやらなかったのやら。
それでうまくいけば、戦争にはならない様な気もするが。無理か。
もう少し、オーブが国際社会上で立場を明確にすれば、それなりの立ち様があった筈。裏でも表でも。
何のための中立国か、ただ自国を守るためなら一切の国際社会への介入は止めるべきだろう。
自国の立場を明確にせず、ただ戦争を止めろと普通は言えない。説得力がないから。


何を持って国を守りたかったのか。
今の戦闘はただ自国を守るためではなく、ジブリールのために死んでいっているようなもの。
それに介入するということはそれを容認するのと同じに見えたとしても不思議ではない気もするが。


自論。
なるべく国家元首には血を被ってほしくない。
平和を願うのなら特に、その人だけでも直接的に血を被ってもらっては。
人を殺している者が何を持って平和を維持していくかが怖いから。
武力に依存しないとはいえないから。
力を求めるものが多いからな。兵器を。
だからカガリは苦手、他にも理由はあるが。


まあ今の状態では全ての人が血を被っているからいいのか。それにしてもな。
カガリは、またザフトを撃ってしまっている。
この状態で、戦争が終わったとしてもそれに対する罪はどうなるのか。
まさか何もないとは言えないだろう。
一回血を被ったものが、また血を被らないという保証はないのだから。
また国家元首に返り咲くというのなら、なおさらに。
だからこそカガリにはもう銃を手にとって欲しくなかったのだが。


今のこの状態でカガリがオーブの国家元首に返り咲くというのなら、軍部への依存はいい加減止めたほうがいいのだが。
もう少し、交渉の術を学べ。自分の意志を通すための。
それこそ、デュランダルやラクス、ジブリールに。
そのほうが幾ばくかましだろう。
国民が戦渦に巻き込まれないだけでも。
そのために戦うというのなら。


カガリはやはりMSに乗っているほうが楽らしい。
自分が何かしているという気になるのか。
軍事的なものはいまだに学んでいたようだな。
それを少しは政治的上なものに回せばよかったのに。
それともそちらのほうしか才能がないのか。そうなんだろうな、多分。


ザフトはいささか不利に、しかしいまだ優勢には変わりなし。
ザフトにとってオーブはやはり邪魔な存在。
しかし、オーブを撃って何が変わるのか。
ここにはコーディネイターもいるはずなのにな。それはいいのか。
コーディネイターは同族意識が強かったのではないのか。
同族意識が強いからこそ、オーブはいらない。
コーディネイターはプラントで暮らすのが当たり前なのだからということか。


ミネルバもオーブ領海に到着。
初手はレイが行くはずが、シンに。
前に宣告したようにオーブを滅ぼすために。
マユを殺したオーブを。
マユは分かるのだが、なぜにステラ。何か意味があるのか。
ジブリールのことに対する覚悟か。


シンはフェイス権限でタリアに許可をもらわず発進。
レイが認めたからと。
それでいいのか、いいのだろう。
やはり変な権限だな、フェイスは。
ここまで人間が多いと意味があるのかないのか。
好きかってするための権限としか見ないのなら楽だな。やりたい放題できるから。
まあ、デュランダルの手の内の中だけだろうが。


シンとカガリの対決。
攻めるものと守るもの。
この二人が戦うことで得られるものはあるのかな。
シンはカガリを認めないだろうし、カガリはシンを認めるのだろうか。
昔はオーブ国民だったが、今はオーブを攻めているシンを。
まあたぶん、カガリはシンは勝てないだろう。この状況では。
またシンは怒り出すだろうから。何を言おうと。
どうなることやら。








スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/53-f43c7208
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。