上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の話は幕間かな。
ここのところ話が殺伐としていたが、一転して穏やかな話だったし。
まあ、アンシェルとジョエルの会話はほっといて・・・。

 

BLOOD+(1) 通常版
BLOOD+(7) 通常版
BLOOD+(9)

BLOOD+~双翼のバトル輪舞曲(ロンド)~

青空のナミダ(初回生産限定盤DVD付)    語り継ぐこと(初回生産限定盤)
SEASON’S CALL(初回生産限定盤)    CRY NO MORE
Colors of the Heart(初回生産限定盤)(DVD付)    This Love (初回限定盤)(DVD付)
雷音    Brand New Map (初回限定盤)(DVD付)



アバンから。
ルイスと岡村がアンシェル・ゴールドスミスを張っている。
資本に物言わせて世界中の名だたる企業の株主になったゴールドスミスホールディングスの総帥がアンシェルの表の正体か。
一般的には知られてないが、知る人ぞ知るような人物のようだな。
ソロモンの言うことを信じるならあれは翼手となる。
アメリカの政府筋と密接の仲なら世界はどうなるか、・・・破滅に向かうのは確かかな。
翼手かどうかを確かめることでCIA時代の知り合いから暗殺されるらしいとのルイスの情報。
ルイスの情報網は広いな。未だに生きていることがすごい。
そう話していると銃撃を受けるアンシェル。
かなり即死に近そうだなが、大丈夫なんだろうな。しかし、この惨状をどうやって言い訳するのだろうかね。
アンシェルの事だから罠に嵌めてそうだけどな。ならそこにいるのはすべてぐるか。なら話はすぐ終わりそうだ。

OP、EDが今回から変ったか。
エンディングのKは知っているが、オープニングのジンは知らないな。新人なのかな。
おもしろい曲だな。
絵は普通に戻ったか。
気になったのがいくつかあったな。
まず、ディーバがずっと少年姿なのに何か意味あるのかな。
それに、ジョージが出て来たということはまだ生きているのかな。
小夜がディーヴァに手を差し出すが、拒絶されたか。
和解はないと想っていたのだがな。あったらある意味すごいと想うけどな。今まで死んだ人物の事を考えるとさ。
最後に小夜に差し出される手は誰だろう。普通に考えるならカイかな?

小夜は睡眠中。グレイの家に戻って来たようだな。
穏やかに眠っていたが、少しの物音で目が覚めたか。
すぐ刀を持つとは、ここでも気が張っているのは変らないようだ。
そういえば、この間ハジはどこに行っているのだろう?

居間ではグレイが釣りに行くぞと張り切っている。
前に釣り針を作っていたものな。そのこともあったかな。
でっかいのを釣ると楽しみな子供達。
カイは川釣りをやったことないと戸惑い気味。沖縄には川がないものな、確か。
海釣りと川釣りの何が違うのかはわからないけどな。
モニークは洗濯物もあるからと家で待っている
ついでに、真央をパスらしい。
その代わりに小夜に誘いをかけるハヴィア。
羽伸ばしたほうが良いとのカイの誘いにうなずく小夜。
カイの怪我は直ったのだろうか。脱臼でも起こしてそうだったが?
ともかく朝飯食ったらすぐ出るようだ。
川まではそれなりに距離があるのかな。

ゴールドスミスの城ではアメリカ進出の事を祝っているようだ。
アルジャーノもそれなりに楽しんでるのかな。
アルジャーノの会話を聞くに、ニューヨーク支社から距離があるところに研究所ができたようだ。
デヴィッドに侵入された施設の代わりだろうな。
鹿狩りができるとなると郊外っぽいな。
アンシェルの暗殺に失敗したらしき人物もいる。
ミスター・グラントが首謀者らしいが、何者だろう。ありえるのはアメリカの軍需産業系かな。
アンシェルを今邪魔に想っているのはそれぐらいだろう。
にしてもアンシェルは元気そうだな。怪我した様子もないし。あれはどう納めたのだろう。

門の前では招待状がなく追い出されそうになっているジョエルとデヴィッド。
懐中時計の紋章を出すことで入れたが、ウォルトシュミットの名はそこまですごいものなのか。
まあここは血縁関係がありそうだから、比較的簡単そうでもあるな。

釣りの方ではカイがグレイから釣りの仕方を習っている。
が、投げる、釣るだけ。
それだけ言ってやってみろ。
ありえない事だが、事実そこまで教えることはなさそう。初心者でも釣れるときは釣れそうだしな。
小夜は見ているだけか。
子供等も釣りに来たのではなく、遊んでいるな。そのほうが楽か。

ハジはここをすぐ出て行くのかと想っていた。
実際、すぐに出て行こうとした。ディーヴァを追いたいから。
が、ニューヨークは遠いということでまだここにいるのか。さすがに海を越えることはできないか。
ハジは飛べないのかな。
「彼等を頼ることは悪いことではない。
あなたには休息が必要という彼の言葉が正しい。
休むことで見えてくることもある」
珍しくハジが小夜を諭しているな。
それだけ小夜が鬼気迫っていたのもあるかな。
少しの物音で刀を抜こうとするし。
ただ、犬がバスケットを持ち出しているだけ・・・かなりマヌケな構図だな。ある意味。

犬はそのままバスケットを持ち出して行くが、ハヴィアが止める。
ぬいぐるみを持ってきたのか。重くないのかな。
犬の名前はポーチャで、食いしん坊ですぐとってたべちゃうらしい。
ついでに熊の名前はヨージか、ナハビはスティンガーと付けたかったらしい。
熊の所有権はハヴィアだしな。
その代わりにナハビは11月29日が誕生日と言い出す。
覚えておいて、ってプレゼントの催促かい。
なんだかちゃっかりしている子供だな。
ゲームが欲しいらしいが、それはどんなゲームなのかな。
グレイはまだ早いといっていたようだから、テレビゲームとかかな。
ハヴィアもずるいということで次の誕生日、来年のパーティに来てねと小夜に言っている。
これもプレゼントの催促なのかな。
来年には小夜がいるのかが気になるけどな。


F2 ranking 

ランキング始めました!
よかったら、1クリックお願いします。
パーティ会場ではジョエルの存在がかなり浮いている。
気にしているが、誰も知らないだが見覚えがある。それなりに顔が売れていたのかな。
ジョエルにとってもこういう雰囲気は久しぶりらしい。
そんなに表に出そうにないものな。赤い盾の所為で。
デヴィッドのタイにカメラがある。
外のルイスに直結しているようだ。
軍需産業のトップが勢ぞろいらしい。かなり嫌なパーティだな、それは。
ルイスは昔CIAにいたが岡村は半信半疑。
写真を見せられてかなり驚いていたようだから昔のルイスってかなり違ったか。
昔は細かったのかな。でないと動きが鈍いし。
「人ってのは変るもの、誰だって」
変るきっかけがあればな。

ジュリアとデヴィッド。
ジュリアは驚いていたが、ヴァンに見つかったらと気に掛けている。
借りたままだったペンをかえすために声をかけたらしいが、そのペンはアルジャーノを脅すために使ったものか?
他に借りていたペンが思い浮かばない。
そこにやってくるコリンズ。
昔よりもかなり尊大になったものだな。
相変わらずスパイごっこと揶揄しているのはあまり変らないかも知れないが・・・。
昔の誼で警告と余裕綽々だな。
それなりにデヴィッドたちに驚きを与えたかったのかな。
今後君達の相手は世界一の大国になる、お遊びもほどほどにすることだと。
あまり意味無さそうだが。
ヒロインを独占させておくわけにいかないってディーヴァの事か。
小夜とディーヴァそれほど変らないはずなのに、コリンズにとっては小夜はお人形。
何が違ったんだろうか。・・・もしかしたら、人間くさかったのが気に入らなかったのかな。

洗濯をしているモニーク。よく働く人だな。
明日はニューヨークって真央たちも一緒に移動するのか。
ここも気に入っていたという真央。
穏やかでよさそうな場所だものな。
ずっといれば良いのにとモニークは言うが、実際はカイがいれば良いのにか?
カイのどこが好きと聞かれると真央はバカなところと言い出す。
直球馬鹿というか真っ直ぐなところ、小夜を守ると良いそれを実行しているところか。
こっちに目がないがそういうところが好き。
モニークも小夜を見ているカイがすき。ついでにそういうことを認めらている真央も好き。
良い子たちだな。そうでないとカイにはついていけないか。

何匹釣ってくるか。
坊主って、それはひどいだろう。カイだけならともかく。
しかしこの二人は仲良いな。同い年ぐらいかな。

グレイが一匹連れたがカイはつれず。
本格的なアドバイス。
魚の気持ちになれば良い、どういうときに食いつくか、川の流れを読むこと。
難しいことはない、シンプルに考えればいい。
が、そのシンプルってのが難しい・・・確かにそうだろう。

小夜寝ているのを気にしているカイ。
釣りに頭を戻し再挑戦。今度はよく考えて針をながしてみるとかかった。
つれるかと思ったら、小夜が気にしていた所為で負けたな。お約束か。
それなりに消沈しているカイ。
「たかが魚一匹。
だが相手にとっては命がけ。
生きたい生きていれば何とかなる」
グレイに言われ思い出した言葉。何とかなる。

ジョエルを知っているカーライル侯爵夫人に出会う。
ゴルドシュミットはウォルトシュミットの派生、祝う権利はあるのか。
しかしウォルトシュミットは銀行に影響力がある家だったのか。
金と銀、ウランはすべて持っている。かなりの家だな。何故そうなったがかなり気になるが・・・。
ジョエルが事故にあったとの噂。・・・まああれは事故かな。多分。
ともかくアメリカで新事業をはじめるとのことでお祝いに来たとの名目。
ジョエルとアンシェルはジョエルの父の葬儀の際には世話になった関係らしい。
それなりに顔をあわせたことはあったんだな。

アンシェルの持っている青い指輪、代々伝わるもので片時も外したことがないもの。
これでリーザがアンシェルということが証明されたか。今更だろうがな。

ジョエルとアンシェルの話は進んで行く、・・・表面上は穏やかに見えるかな?
新しい事業はバイオ関連で伝統的科学と精神的生物学を統合を目指しているらしい。
「科学は日々進化しないと死んでしまう。
未来を切り開くには新しい血が必要」
「未来に向かって闇雲に歩き出すより過去を落とし前をつける。
初代のジョエルもそういう人物でした」
「ウォルトシュミットが謎の一族と謳われたのはその家風によるところ」
「我々は生きて息をし老いて行く」
「人間は生きていれば、血を流す」
「落とし前をつけるには代償を必要」
「時には大きすぎる代償が」
「踊ることを諦めた代わりに、耳にする喜びを得た」
「秋にわが社が提供するメットの公演あります、その時は招待状を贈りましょう」
「自分でチケットを取らなければ楽しむ権利はない」
「律儀な方だ」
「では、ニューヨークでお会いしましょう」
話は終わったとデヴィッドを引き連れて帰るジョエル。
にしてもジョエルはなかなかの度胸があるな。アンシェルと張り合っているよ、負けてないし。
銃を抜きそうになったデヴィッドよりもな。ルイスとデヴィッドは驚いているってことはそこまで知らなかったということか。
でもあんな組織を受け継いだ人物なら、それなりの事はできそうだったけどな。戦うこと以外。

「蛇は蛇、頭を潰すまでは油断できん」
って、あの船を潰しただけで放っておいたのは誰だよ。会うことでそれなりの危機感を覚えたか。
ジョエルも前とは変っただろうし。覚悟ができた人間は強いよ、多分。

アンシェルは明日ニューヨークへ向かう。
米軍の受け入れ態勢は整っているってのはコープスコウズ関連かな。
ソロモンからの連絡はないらしい。
それを聞いたアンシェルはアルジャーノがサンクフレッシュアメリカのCEOに就任されることを決める。
アルジャーノは飴を落すまで驚いている。思っても見なかったことのようだな。
それが目的ではなかったのか?
しかしアンシェルはソロモンを斬り捨てるのかな。小夜についたとして。

小夜、穏やかに寝ている。夢の中ですら穏やかだ。
ハジが起こそうとしたようだが、目覚めなかったし。子供等のおかげでリラックスできたのかな。
運ばれているようだ、しがみ付くと夏のにおいがする。
ようやく目覚めると、そこはカイの背中。
今のカイなら小夜を背負えるんだな、昔は無理だったが。
降りると暴れだす小夜。
カイが怪我の痛みを覚えおとなしくなると降ろした。

いま丁度、黄昏時で綺麗な光景が広がっている。
ぜんぜん違うが、沖縄を思い出す景色。空気が似ているのかな。
小夜にとってカイは変った。
変らないといったが、強くなった。
カイにとって自分はおんなじ。変ったとは思ってない。
小夜は負けたら皆死んじゃうと気負いすぎていた。
カイが助けてくれてそれをようやく自覚したようだな。
守っているつもりで、結局自分が守られていたと。
「嬉しかったでも、どうしてこうなちゃうんだろう」
ナンクルナイサ、翼手を追っかけている間カイでも忘れていた言葉。
「昨日の小夜と今日の小夜、ずっとずっと繋がって明日の小夜になる。
小夜は家族で、大好きな小夜」
カイの言葉は照れることを平気で言うな、小夜限定なのかも知れないが。
しかし、今回で双方共にそれなりに、決着がついたかな。楽に戦えるかはともかく精神的に強くなったのは確かかな。

「全部終わったら沖縄に帰る
親父の後を継ぐ、雨降ったら昼寝して歌って踊って今日を一生懸命生きる」
店を再開させるのかな。ジョージのような人物か、子供の前ではいつも笑っていたな。
があまり見せは繁盛して無さそうだったが・・・・。
子供が呼んでいるな、帰るか。

朝、出発の準備をしているルイスたち。
真央はモニークに言わなくて良いのかと尋ねるも、その気はなし。
ハヴィアに挨拶されているハジ、ハジもそれなりに馴染んでいたんだな。
小夜も部屋を出るとき感慨にふけっていたし。
ここから再出発かな。シフたちとはどこで合流するんだろう。
次はニューヨークか、なんか本当に世界一周しているような感じだな。北半球だけだが。
さてソロモンはどうなるかな。死なないほうがおもしろいけどな。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/503-e657703a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。