上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グローランサーⅣ、6回目。
移動する場所がまだ少ないから同じところをうろちょろしているだけのようだな。まあレベル上げも兼ねている所為もあるだろうけど。



グローランサーIV Return
グローランサー4‐Wayfarer of the time―ザ・コンプリートガイド‐ザ・コンプリートガイド
グローランサー4‐Wayfarer of the time‐公式ガイドブック


今回は和平会議護衛任務から宣戦布告まで。



F2 ranking

ランキング始めました!
よかったら、1クリックお願いします。
ユニが帰ってきたぐらいで何もないようなので寝ると遠見発生。
大統領とルードヴィッヒ。
ヴァルカニアとの不可侵協定の件か、受けることになったようだ。
が大統領が国民感情を高めていたというのは何のことだ?
化物騒動のことかな。
「これで決定的な事件でも起これば一気に戦争を起こせる」とは恐いことばかり言うな。
戦争をずっとする気なのかな、この大統領は。
イグレジアスのほうも終わってないのにな。
それを煽るルードヴィッヒ。
「ヴァルカニア側が協定を急いだ理由は保身である。
すでに二度、ヴァルカニアからの襲撃を受けた事実がある。
一度目は研究員の誘拐未遂、二度目は秘密研究所の襲撃と。
幸いにも被害が軽微の内に追い払えたため汚点を公表する必要もなく伏せていた」
「これを公表すればヴァルカニアに対して報復行動を起こすことは可能だったが、国内に潜入されたとは国家の威信に関わる。
今のうちに協定を持ちかければ報復に待ったをかけられると思っている。
協定の受け入れが忌々しいが、協定賛成派さえいなければ、多少情報操作をして戦争に持っていける
国民感情を高めてあるし。
だが、商社系企業は国外市場の開放を望み、当然連中と癒着の強い政治家が協定に賛成している。
実際はヴァルカニアが協定を欲する理由は化物被害が出ている所為らしい、特に正体不明の空飛ぶ化物被害が。」
それを信じてはいない大統領。
ともかく本題、ルードヴィッヒにはその会談の警護を頼みたいという。
場所はトロックメア。

目覚めるとホールがあわただしいらしく行ってみるとルーミスが寄ってきた。
新しい任務。
ヴァルカニアとの会談の警護に就いて欲しいようだ。
ルードヴィッヒの直下でやるのだろうからここの兵でやるのはわかるが、いささか危ないような気もするけどな。
ルーミスもなるべく冷静な対処を取れる兵を集めているようだが、難しそうだな。
ともかくトロックメアへ。
公会堂前ではルードヴィッヒとアルフォンス・Oがいる。
ただの挨拶か。双方共に警備の責任者だしな。
ルードヴィッヒに話しかけるが、持ち場は明日決めるらしい。それでいいのかな。
後は自由時間。ここをどう警備するんだろうな。
公会堂近くにいた記者。情報規制がかけられているらしい。
かなりいやな感じだな、それは。
しかし人目でデュルクハイム兵といわれたよ。どうして分かったんだろうな。
一応所属がわかるようなの格好をしているのかクレヴァニールたちは。
他にヴァルカニア兵にも話しかけてみたが、ロイヤル・ガードは歴史上まだ20名ぐらいしかいないそうだ。
王家が何代続いているのかは分からないが思った以上に少ないな。だからこそ価値があるかな。
公会堂の裏手にいたアルフォンスに話しかけてみる。
ここを選んだのはヴァルカニア側のようだな。
守るに易く、攻めるに難い場所か。
かなり危険な場所にか違いないがな。干拓の土地は。
堤防が決壊するとどうなる河からないし。
アルフォンスと別れ、トロックメアの人々にも話しかけてみるけど、それぞれな意見だな。
賛成しているものもいれば、化け物の事を恨んでいるのもいる。
一通り見回ったので宿屋でお休み。

遠見。
ヴァルカニアの研究所かな。
研究員が古代語を翻訳しているようだが、全くなって無さそうだ。
国内の人材だけでは追いついてない常態か、だからこそ国外からの人材が欲しかった。
非合法では駄目だったので、合法的に人材を確保しようとした背景もあるのかな協定には、もしかして。
そこへミュンツァーが様子を見に来る。
ルイン・チャイルドのおかげで光明が見えてきたらしい。
しかし、ヴァレリーは見当たらないな。
そう遠くないうちに古代兵器の全貌が明らかになるらしい。
いつの間にそんな話があったんだ?それが最終目標なのかな。ヴァルカニアの。
そこにシルヴァネールがミュンツァーを呼びに来た。
場所は移動してヴァルカニア王城、悩み中のシルヴァネール。
そこにまたも勝手に城内を歩き回っているクリス、それでいいのかこの城は。
シルヴァネールに用があったのかな、気にしているし。
シルヴァネールは古代兵器と言うものに否定的なようだ。
強すぎる力というのは自滅に走り易いのはわかるけどな。
「ロイヤル・ガードとして王国のために命を捧げる決心はしている。
だが、世界平和のためには何ができるだろうか」
シルヴァネールの悩み、誰も答えは出せそうにもないけどな、今の状態では。

またも衝撃音で目覚める。
今度はなんだろうと部屋の外へ出ると伝令待ちのレムスは分からないらしい。
ので外へ出てみると、逃げ出している人がいるのでそちらへ向かう。
公会堂の先に化物がいる。普通なら街中に現れないはずなのにな。
その相手にアルフォンス一人がんばっているな。
周りに倒れているデュルクハイム兵はやられてしまったのだろうかな。
アルフォンスの攻撃もそこまで効いてないようだな。でその化物からの攻撃の余波により倒れてしまうクレヴァニール。
まだ何もやってないのにな。
その間にも天使まで登場している。どんどん状況が悪くなるな。
アルフォンスは一人では駄目だと部下と合流しに向かう。
そして夢・・・なのかな?
アキエルとユリエルと言う二人の天使がいる。このユリエルの羽は白だな。
「ユリエルは甘い、何世紀見ていても人は変らなかった。
もはや方法は一つ、我々にできることは彼等を裁くことだけ」
裁くのは何のためにだろうかな。人を救うためか、世界を救うためかまだ分からないな。
とクレヴァニールの背に羽が出て来て浮いている?
前のような赤い羽根では無さそうだな。
それの所為か知らないが、化物が堤防に体当たりし逃走する。天使もそれを追いかけて行ったようだな。
堤防はかなりの衝撃を受けたのか決壊する。思った以上に脆いつくりだな。

ヴァルカニアが救援活動をしているようだが、あまり成果は期待できないようだな。
一通りの事はできたようだが、沖に流された人たちなどは船が無いから難しそうだし。
水難は時間が勝負、少しでも多くが助かって欲しい。
が、あの化物はヴァルカニアの仕業だというよからぬ情報が流れているためアルフォンスは兵を招集し国へ戻ることに。
国境を封鎖される前に脱出しなければならないか。
一方、デュルクハイム側。
民の救出状況は、潮流の関係で沖に流されたものが多く、周辺海域の2割ほどしか完了してない状態。
本当に最悪だな。
そこにルードヴィッヒが来て、ヴァルカニアの状況を尋ねる。
今回の警備責任者のはずだが、誰も責める事はできないのかな。責任の一端は担っているはずだが。
ともかく、ヴァルカニア側は国境を抜けた様で網にかかってないようだ。
で政治家達の被害。
「デリンガー大統領や主だった政治家は明日到着予定だったため無事だが、和平推進は議員の多くはこの町に住居を構えていたために被害が出ている。」
なんだかが仕組まれた感じだな。
デリンガーやルードヴィッヒの思惑通りに進んでいるようだな。
しかしこれが全て仕組まれたことなら、化物って自然発生じゃないのかな?
引き続き、救助は続行。
でカーギルを呼び寄せたいルードヴィッヒ。
あのジジイって誰だろう、口を封じたい人?

宿屋にて目覚めたクレヴァニール。
一体誰が運んだんだろうかな、一番流され易い場所にいたのに。
ユニが騒いで誰かが助けてくれたかな。
あれから4日経ったらしい。その4日のうちにヴァルカニアとの戦争が始まったのか。
かなり早いな。
あの堤防の破壊した化物がヴァルカニアの仕業との調査報告により議会は満場一致で宣戦布告。
かなり穴のあるだろう調査報告でよくもまあ簡単にできたな。たった2、3日での調査ではかなり不備があるものではないのかな。
あの化物がヴァルカニア方面へ逃げていったというだけではな・・・。
それだけ戦争をしたい人間しか議会内で残ってなかったということにもなるかな。
ともかく至急基地へ戻る様言われたから戻るとするか。

基地に戻るとルーミスの出迎えを受ける、詳しいことは明日か。
で翌日。
ヴァルカニアとの戦争が始まったということで新しい任務。
部隊に欠かせない貴重な魔術師として各地へ向かう軍団に編成されるらしい。
が、そこまで魔法は覚えてないのだが?
部隊編成はレムスのみ呼ばれた。
最後に残っているのは全てルイン・チャイルド。
ルードヴィッヒの特命により特殊部隊に編成されるらしい。ルーミスも詳しくは知らない。
クレヴァニールが行くのはトロックメア。そこの宿でカーギルに会えか。
以後は彼に従え、でこの事は誰にも言ってはいけないらしい。
何か変な感じだが、特殊部隊となるとそういうものなのかな。
出発は明日。

部屋へ戻るとレムスも戻ってきた。
これでお別れになるかもしれないので今夜は思い出話に花を咲かせる。
レムスと出会ってからまだ何年も経ってはいないよな。
でもずっと一緒だったかな、なんかいなくなるときもあったけどな。




ダイエットに失敗してきた方へ、こんな間違いをしていませんか?
ダイエットに成功する6つの法則」ホームページで、無料公開中!
今すぐココをクリック!
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/449-ec337410
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。