上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻想水滸伝Ⅴ、28回目。
2週目以降だとフィールド内でも走ることが出来るがロードは短くならないよな。
しかし、あのNOW LODINGで出てくるバリエーションが前より増えているかな。あれも一種のおまけ要素になるのだろうしな。1からあるし。


幻想水滸伝5 公式ガイドファーストエディション
幻想水滸伝 V 公式ガイドコンプリートエディション
幻想水滸伝V オリジナルサウンドトラック


2週目、ストームフィスト陥落後からソルファレナ奪還まで。
仲間が全て集まった状態なのでちょっとお風呂イベントでも起こしてみる。
かなりお笑い要素が多いな。
皆似て非なるものというのが良くわかるな。
師匠どもとかかなりひどいし。
ソレンセンはあれが普通なんだな。いや実際に役に立っているしいいんだけどかなり可哀相な気もしなくもない。師匠じゃない奴にもよく使われているしな。
3大怪獣の激闘。
ビャクレンとフレイルはわかったがまさかミルーンがな。
何をしたか知らないけど、あれはかなり怯えて痛んだよな。
ということは動物の中ではミルーンが最強なのかな。
サギリとシグレの家族はほのぼのとしていいな。シグレはあの中で最弱(笑)。
この戦争が終わった後にオボロがいなくなっているけど、帰ってくるよな。
そういえば老人達が入った後かなりの熱湯になっているらしいけど(亀は大丈夫なのか?)、あそこって温度調節できるんだな。温泉では難しい気もするけどな。

とまあ一通り遊んで先を進める。
ソルファレナの攻略戦。
サイアリーズとの対決。
・・・やはり死んでほしくなかったよな、この人は。
元老院の粛清は必要だろうけどな。
こういう改革の場合、血が流れてしまうのは否めないし。
それに王子にとってはいまさらと言う感もある。血を被りすぎているしね。
・・・サイアリーズにとってはそれは認めたくないことだったのかな。
リムならば、まだ間に合っているかも知れんけど。それだけが救いになればいいな。

ギゼルに関してはな。
やはり良くわからないな。親の言うようにファレナを強くしたいとは思っていなかったようだし。
どちらかと言うとただ自分の実力を試してみたかったと言う感もあるな。サイアリーズのこともあっただろうけどな。
そういえばザハークはストームフィストの出身だからわかるけどアレニアはどこで引っ掛けたのだろうな。ギゼルは。
親も女王騎士だったということはソルファレナの出身ではないのかな。
アレニアから近寄っていたのか、ギゼルから近寄っていったのかどっちだろう。ギゼルのほうからっぽいような気もするけど。
ギゼルとの一騎打ち、ここのところデスクワークしかしてない人とずっと戦ってきた人間が相手になると思っていたのかね。
サイアが死んだことでやけになっていたわけではないよな。
そこまで強いとは思えないけど、本当にこの人本人が闘神祭に出ていたら、優勝することができていたのだろうか。






スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/405-f395b962
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。