上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の題名の動物園って何のことなんだろうな。
確かに自然が多かった場所のようだけど、動物園というほどの動物がいたかどうかはわからなかったな。
ともかくも今回は小夜の過去話。

   

BLOOD+(1) 通常版
BLOOD+(5)     BLOOD+(6)
プロダクションI.Gマガジン

青空のナミダ(初回生産限定盤DVD付)    語り継ぐこと(初回生産限定盤)
SEASON’S CALL(初回生産限定盤)    CRY NO MORE
やるドラ ポータブル BLOOD THE LAST VAMPIRE


アバンからもやの中に浮かび上がる古めかしい門。
ここが動物園か。
ためらいつつ一緒に開ける小夜とハジ。
さて何が出てくるだろう。

カイ達はいまだ赤い盾の本部船。
一体どこを航行中なのだろう。
検査結果は全員、ネガティヴということでようやく疑いは晴れたか。
で小夜の捜索状況といえば、行き先がわかっているぐらいか。
だが、どこに張り込ませていたのだろうな。その情報員は。
行き先はポイントオリジン、ジョエルの日記にある動物園。
小夜の生まれた場所。
動物園といったところでカイは気づいたということは完全にジョエルの日記は読んでしまったのか。
カイはそれでも小夜を受け入れるのか、会って考えるかな。
赤い盾のトップのジョエルのところにある懐中時計と日記。
ジョエルの日記には原本あったのか。
これが今までの全てではないだろうけど、あのジョエルの日記だというならよく無事だったよな。
火事があったのに。

小夜とハジ。
門の中は荒れ果ててはいるがすこし痕跡はあるか。
それを見て蘇る火事の記憶。
そして水。噴水か。
小夜を呼んだジョエル。
ずいぶんとおじいさんだな。この人の日記があの本なのかな、赤い盾の。
小さいハジ。何歳ぐらいだろう。
友達としてジョエルが連れてきたのか。
仲良くする様言っているけど第一印象は双方とも悪そうだな。

あの頃の小夜はちょっとワガママ・・・どころの問題じゃないようだが。
こんな色のバラじゃいや、摘みなおしてきてとはな。
「自分で行け」に、「気に食わないなら話しかけるな」か、ハジも負けてはいないようだけど。
何にも私の言うことを聞かないってこの頃の小夜の友達の基準は一体どこだろう。
教えてどうなるものでもないだろうけど。
それでは友達になれないとジョエルは諭すだけだし。
あの子の友達となるには相手の気持ちを思いやってみろか。
お前達はやがて・・・って何。
この時にアンシェルがいたようだし。
この頃のアンシェルはもうディーヴァのシュバリエなのかな。
違うようだな。なんとなく小夜の観察者か何かのようだ。
情でも移ったのかとジョエルに聞いているし。

治療の時間で血を飲むのは今も昔変わらずのようだ。
いつもと一緒で変化はなし。

ハジにチェロを教えてあげる。
そうすれば仲良くなれる。
小夜が考え付いたこと実践してみるもうまく行っていない?
切れた小夜はジョエルがあなたにいろいろ教えてやれっていうから教えてやった。
押し付けがましいな、言い方が。
歌と踊りなら充分仕込まれたと聞きそれなら伴奏してあげる。
でもハジは動かない。
私の言うことが聞けないなら、前のいたところに帰れと言われたが、それは嫌なようだな。
何でも言うことをいくというし。
しかし買われた?
ハジは売られていたのか、一体いつだよ人身売買が横行していた頃って。
というかハジは中国系なのかな、確か良く売れていたのは東洋系という話があったけど。
相手と自分の違い、それを見せ付けられていたから俺を見るなかな。
小夜はそれを見てこんな時どうすれば良い分からない。
泣いているとジョエルは抱きしめてくれる、それは小夜が安心すること。
ハジも少しは安心したかな。
ハジが持ってきていたバラ咲いたままなのはなんでだろう。
あの頃のあたしは謝り方も知らなかった、そうだな。

百合はジョエルの好きな花。
にしては庭園にはない花だよな。
牛というかヤギか?ハジに近寄ってくるが、小夜からは逃げる。
やはり動物には嫌われているな小夜は。
たくさんの動物がいるが友達ではない、だからこそ友達が欲しかったのかな小夜は。

いきなりの雨で馬小屋かなにかで雨宿り。
ハジは私のそばにいてくれる。
生きているものはジョエル以外近寄ってこないと思っていた。
小夜は寂しかったのか。だからジョエルはハジを連れてきた?
小夜がワガママだからといわれ小夜がハジにイタズラ。
ハジが意地悪なことを言うからと。
仲良くなったなようだな。

小夜はフェンシングの練習のようだ。
教師ですら敵わない腕前だな。
しかし今手にしているのは刀だよな、なんでフェンシング?
型が違うだろうにな。
「いつか剣を手に世界を旅する
大人になったらここをでて広い世界を見るのが夢
その時はハジも一緒」
あの頃の小夜の夢、それが語れる友達。
ハジが来てくれたからすごく楽しかった。
しかし、あれはいつのこと。まだ分からない。

時間がたったかハジが大きくなっている。
小夜は面白くない、ハジのほうが小夜よりチェロがうまく引けるようになった。
ハジが手ほどきしましょうかと言い出す。
それは前のお返しか?
それに背が高くなった。ますますどうしようもないことを言い出すな。
小夜はチェロを弾こうと弓を取るが、弦で指が切れる。
弦で怪我をしてもすぐ直る小夜。

それを見たいていたハジはジョエルに小夜のことを尋ねる。
小夜が普通と違うことが気になるのは必定か。
下男から血をもらい輸血していることは、小夜が生きるには血が必要だから。
生命の歴史は一千万いや数億年とも言われている。
世界には解明されていない謎が多い。
ただ我々がここに生きるように小夜もここに生きている、これは真実。
あのこがなぜそうなのかは知らない。
あの子も全てを知り、全てを見届けたいが、私にどこまでそれができるのか。
時の流れというのは無慈悲なもの。
ということは小夜はただそこにいただけなのかな。誰かが作り出したわけでもなく。
ならば小夜とディーヴァを説明できる人っていないのか?

ボート遊びをしているハジと小夜。
広い庭だよな。ジョエルは何をしていた人なのだろう。
小夜はハジに私が恐いかどうかを試す。
しかし船の上で立ってはいけません、危ないよ。
ハジの胸の鼓動も私の胸の鼓動も同じなのに流れて行く時間は違う。
その謎はまだわからず、唯その事実があるのみ。

現代、小夜たち。事実確認。
ハジもあの頃と同じ、でも始めてであった時は子供、私よりも大きくなった。
しかし今は、あの頃と同じ。
その原因は崖と百合。
そして掌の血。
小夜がハジの時間を止めた。それは確か。

ピクニックのようだな。
黒スグリのジャムは出来が良いとつまみ食い。
それを注意しているハジはジョエルに似てきた。
でこの目的はジョエルへのプレゼントを探すため。
そのためにここに来たのか、小夜はジョエルがすきなんだな。
今日の誕生日パーティーでジョエルが好きな百合を贈りたい。
ジョエルは百合の中でも赤が好きな様でそれを探しに来たのか。
崖に咲く赤い百合がとてもいい色でここにしかはえていない。
ジョエルにあげるもの何も持ってはいないので小夜がとりに行こうとするのをハジが止める。
しかし危ないな。その代わりにハジに行けってそこまで性格はまだ変わっていないな。
ハジは一生懸命降りていっているが、落ちそうになっている。
それじゃなくてそっちのと注文の多い小夜。
遠いほうのはなさすがに危ない、と思ったら落ちるハジ。
花はしっかり握り締めたまま・・・。

頭から流れる血を見てパニック状態の小夜。
怪我人とかは始めて見るのかな。
ハジとジョエルの会話を聞いて、血を失ったから私の血を分けてあげればと思ったんだな。
そして手に傷をつけ血をハジへ。
その上では立ち込める暗雲、何かが起こる。
血を飲んだ。
ハジは目を開けているが、なんか暴れだす。
拒絶反応かなにかな?
暴れ続けていたが、急に動きを止めるハジ。
心臓が止まったということは完全に死んだのか?

それから、邸まで走って行ってそれから・・・
火事に遭う。
でもその隣にはハジがいた。
ハジの時を止めたのは小夜。
ハジに小夜が血を与えてしまったから。
それでハジは小夜ののそばにいることができると特に後悔はなさそうだな。
二人で長い時を駆け抜けてきたか。

私はやっぱりなんだろう。
そして、ジョエルの誕生日に何があった。
ジョエルの時計は止まったときにあった出来事とは。
何をした・・・邸のものを殺したあの子は私、それともディーヴァ?

塔の唄っている子に友達になりましょうという小夜。
唄がやみ、落ちてくる青いバラ。
その塔の鍵を開けたのは小夜だよな。
あの子がディーヴァ、小夜の妹。
でもなんで小夜は自由で、ディーヴァは閉じ込められていたのだろう。
性格の違いか、他に何か理由があったのか。

いつのまにかソロモンがいるな。
小夜とディーヴァは血の繋がった家族。
ディーヴァはソロモン達の母であり恋人でもある。
そのことを思い出したかを確かめにでも来たのか。
ソロモンが小夜に会うのは何を確認するためだろう。
アンシェルに逆らってまでも。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/370-95e77829
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。