上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ベルウィックサーガがあまり進まなかったので、今回は別のことでも書く。
といっても、あまり書くことがないので、ベルウィックサーガの前作ユトナ戦記のことでも書くかな。



ティアリングサーガユトナ英雄戦記 オフィシャルコンプリートガイド


ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記

モーラトン海に浮かぶ島大陸リーベリア
かつてこの地は邪神が支配する暗黒の大陸であった
地上には魔獣がはびこり
人々は邪神帝国の奴隷として苦痛と絶望の日々を送っていた

だが今をさかのぼること800年前、
一人の青年が民衆を率いて立ち上がり
大地の女神ユトナの愛を得て邪神が支配する帝国を討ち滅ぼした

青年と女神は結ばれ
ともに力を合わせて
人々が夢見た理想の王国を築き上げた

二人が愛した王国は4人の王女に引き継がれ
それぞれの名前を冠した4つの聖王国が誕生した

豊かな中原地帯を領土とするリーヴェ王国
北東の山岳地帯を領土とするカナン王国
北西の未開地を領土とするレダ王国
南部の草原地帯を領土とするサリア王国

4王国は協調と抗争を繰り返しつつも
600余年の長きに渡りリーベリア大陸に君臨した

だが 50年前に起きたレダ王国とサリア王国の戦争は
両王国に大いなる災いを招き
レダとサリアは相次いで滅亡した

カナン・リーヴェ両王国もまた長く戦争状態にあったが
「ノルゼリアの悲劇」によってリーヴェ王国も滅亡
大陸の覇権はカナン一国のものとなった

カナン王バハヌークは
ゾーア帝国の再興を宣言し大陸全土の制圧に向けて動き出す

そして一年の後・・・

ウエルト王国に向けてセネー海を西に進む海賊船の中に、
二人の青年の姿があった

一人はラゼリア公国の公子、リュナン
もう一人は
グラナダ海賊提督の子、ホームズ

ともに大陸の未来を担う
若き勇者たちの旅立ちの姿であった



キャラクター

リュナン  CLASS ナイトロード
 ゾーア帝国によって滅ぼされたリーヴェ王国の1公国ラゼリア公国の王子。17歳ながら、「ラゼリアの若き英雄」と呼ばれる。ゾーア帝国に対抗するため、ウエルト王国の協力を得ようとやってきたが、ウエルトは内乱の最中であった・・・・

ホームズ  CLASS ボウヒーロー
 グラナダの私掠艦隊「シーライオン」の若き棟梁。「セネー海の覇者」と呼ばれる、海賊ヴァルス提督を父に持ち、父とともにリュナンを助けて帝国と戦うが敗れ、グラナダを脱出する。リュナンをウエルトに脱出させた後、仲間とイスラ島に向かう。

サーシャ  CLASS プリンセス
 サザーランド将軍以来の名門「ウエルト王国」の王女。父ロファール王がバルト要塞の戦いで行方不明になったため、ウエルトの実権を握った宰相コッダに、母であるリーザ王妃を幽閉され、追われる身になってしまった。

ケイト  CLASS レディナイト
 ウエルトの王妃リーザの近衛騎士。リーザ王妃の勅命を受けて、コッダ軍に追われるサーシャを守りながら戦う。女性ながら剣と弓の両方を使いこなす頼もしい戦士である。

アーキス・クライス
 リュナンに仕える若き二人の剣士。槍と剣を全般的に使いこなす、頼り甲斐のある仲間である。アーキスは素早さに長けた連続攻撃を繰り出し、クライスは力に長けた強力な一撃を繰り出す。

オイゲン
 リュナンの父グラムド大公に仕えてきた、ラゼリアの将軍。グラムド大公亡き後、リュナンを守りながら帝国と戦ってきた。すでに一戦を退いているが、豊かな軍務経験から、今はリュナンのよきアドバイザーである。

マーロン
 ウエルトの東、ヴェルジェの領主。老齢ゆえバルト戦役には加えられなかったが、忠節の志厚く、国民にも慕われている。ロファールが出陣の際、宰相を務めるよう求めたが、「その器にあらず」と固持したため、コッダが宰相となった。




簡単にいって、PS版ファイアーエンブレム。
まあ、前にファイアーエンブレムを作っていた人が、任天堂から分裂して作ったということを聞いたことがあるが。
(が、任天堂からは訴えられている。いまだに裁判は終わっていないようである。)
だから、システム的なものはほとんど一緒。
まあシュミレーションRPGだから、システム自体は似たり寄ったりだが、こういうファンタジー系は。
とっても、あまりシュミレーション系はやらないから区別はつかない。

主人公が2人いて、部隊が2つに分かれるため、仲間になる人数はかなりいた。

主軸はリュナンのほうで、ただ進んでいく。後戻りは一切出来ない。
ホームズはいろんなところへいけるという名目だったが、時期によっては行ける所も限られてくる。
まあ、武器の売っているものが都市によって違うから、そこらへんは利便性があったが。

キャラクターもいろいろいる。
一人一人いろんな人と関連性がある場合があるから、人間関係が難しく感じることもあったが。
王族関係にはよく会うし。
国は滅びているのに、王族関係がまだいるってのは変な感じだし。
血縁関係がかなり複雑化して、思ったところ以上に変な関係が見られる。
リュナンとエンテは従兄妹同士、下手をするとレンツェンもだし。
ホームズとサーシャは兄妹。ついでにアトロムもだしな。
面白いが。

いろんな思惑が絡み合い、民族、宗教までも関係するから、めちゃくちゃな状態になっている。

ティアリングサーガのラスボス、グエンカオスは一人の女性が原因でリーヴェリア自体への復讐のようにおもえたし。


戦略関係はオイゲンのせいで難しくなりまくり。
オイゲンの作戦は本当に大丈夫なのかと聞きたくなることが多々ある。
どっかで、オイゲンのやっていることは全て意図してとか言われているが、どうだろう。
まあ、ともかく表面上オイゲンは軍師らしいが軍師じゃないだろう。
他にまともな人材はいないのか。と言いたくなる。
それにあまり動じないリュナンもどうかと思ったが。

まあそういうことで、進まない進まない。
半分まで進んで半年近く放置していたこともあったな。
後で攻略本片手にどうにかして進めて終わらせはしたが。
それでもかなり時間がかかったような。

一応話としては面白かった。
ちょっと人の行動がよく判らないこともあるが。
リュナンのエンテに対する感情とかはあまりわけがわからなかったが。
何でも知っているようなオイゲンに尋ねてみたい気もしたが。
最後のマップで仲間が増えてもなあという気もしたが。

まあ、ティアリングサーガはキャラクターのほうが重要な気もした。
敵味方関係なく。
いろんな伏線は一応張られていたし。
敵にも事情はあることがかなりわかったし。
名前ありがいて、それなりに味方の人間と関係がある人間もいたようだしな。全てのイベントを見たわけでないが。
人物辞書みたいなのつけてをくれと思った。
ややこしかったから。

まあ、ティアリングサーガは完璧に人物が重要。
人物を掘り下げるとかなり面白い話が聞けそうな気もするから続編があるのかと思っていた。
と思ったら、違う国での話。
カナンとかレダ関係の話はどこへ行ったのだろうかな。
あれだけではあまり意味がわからなかった。





テレビ「どっちの料理ショー」に出た食材も入ったおためしセット
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/30-4e642b3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。