上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日曜日は休息の意味かな。静の時間は今回のみ、後は動のみになるかな。
それにしても世間的にも日曜日なのかな、どっちかというと長期休みにも見えるような。

      

BLOOD+(1) 通常版
BLOOD+(3)
プロダクションI.Gマガジン

青空のナミダ(初回生産限定盤DVD付)
語り継ぐこと(初回生産限定盤)
SEASON’S CALL(初回生産限定盤)
CRY NO MORE


アバンから。
あれからすぐに沖縄に戻ってきたのか?小夜たちは。
ともかくも家についてみるが、売られているな。
しかし家の鍵は隠し場所にあるという。
これは正式な手順を踏んで売っているのか。違うよな、ここまでそのままな家だと。
デヴィッドたちはここに関しては何もしなかったのか。
まあ、それは小夜たちにとっては安心を呼び込んだんだよな。
ただいまと言える場所だから。

変わったOPとED。
OPはなんだか巌窟王を思い出すな。
あの雰囲気だったような。
絵も違うように見えるし、この作品は本編とOP、ED作っている会社は違うのかな。
OPで気になったこと。
カールの後に出てきた新キャラらしき人たち三人はシュバリエなんだよな。
後どこかへ行こうとしているのは誰だ。
カールかと思ったけど、後ろにいたのは4人ではなく5人に見えるし。
それともハジなのかな。そして残された人たちはいったいなんだ。
それからフードを被っていた子供たち。
またも子供を変化させて戦わすのか、いいのかそれは。いろいろと。
ぐらいかな。全くよく分からなかったな。
曲はあっているように思えたけど。

本編。
赤い盾の本部への報告を済ませているデヴィッド。
この人たちの本拠はこの船なのかな。
しかしどうやって停泊許可とかは取っているんだ。
私有船で通してもらえるのか、あれだけの規模の船を。商船ではないよな。
ベトナムは以上。
今度はテッド・A・アダムズを追うのか。
その前にカールたちの行方。
カールは一身上の都合で会社の工場長もリセの理事長も辞めたている。
それが公式に発表されていること。
あれ以上あそこにいる必要がない為かな、やはり。
怪我の影響もあるのかな。

それからソロモン。
デヴィッドもあそこでソロモンを見ていたからか、ついでに調査。
サンク・フレッシュ・ファルマシーのCEO。
就任後の華々しい遍歴はあれど前歴は見えずか。
誰もそれを調べようとはしなかったのか。それとも調べようとしたものは消したか。
それでも噂は聞きそうだが、そこまで有名な人物なのなら。
ソロモンに関してはデヴィッドたちにもまだシュヴァリエである確証はなし。
小夜やハジでは分からないのか。何かしら通じるものがありそうだったんだが。
小夜はともかく、ハジからは何も聞こうとはしないしな、無理か。

そして実験農場で見つけたレポート。翼主の実験に関するものらしいが・・・。
それを書いたテッド・A・アダムズ。
米軍に所属していたのかベトナム戦争でMIA。以降の記録はなしか。
あの当時科学者もいちいち現地にいたのか。
巨大な実験農場と呼ばれていたものな。そう考えると当たり前かも知れんな。
それなら確かにどっかに行く人間や攫われているのもいそうな。
混戦してそうだものな、あの国自体。
ということで暫くはその人を探しに行くのかな。
そのアダムズの事をを調べている間に小夜には休息を与えたと。
小夜には休息が必要、壊れないようにというジュリア。
しかし、今の小夜という人格を壊さない限り赤い盾の役に立つとは断言できないような・・・。
というかどこまで行けば壊れることになるんだ。暴走がとまらなくなることか。
暴走した場合は処分すればいいことではないのか。ジュリアとデヴィッドでは考え方は違うのか。
里心が付かなければいいとデヴィッドは言うが、もう遅いような・・・。
アバンから。
あれからすぐに沖縄に戻ってきたのか?小夜たちは。
ともかくも家についてみるが、売られているな。
しかし家の鍵は隠し場所にあるという。
これは正式な手順を踏んで売っているのか。違うよな、ここまでそのままな家だと。
デヴィッドたちはここに関しては何もしなかったのか。
まあ、それは小夜たちにとっては安心を呼び込んだんだよな。
ただいまと言える場所だから。

変わったOPとED。
OPはなんだか巌窟王を思い出すな。
あの雰囲気だったような。
絵も違うように見えるし、この作品は本編とOP、ED作っている会社は違うのかな。
OPで気になったこと。
カールの後に出てきた新キャラらしき人たち三人はシュバリエなんだよな。
後どこかへ行こうとしているのは誰だ。
カールかと思ったけど、後ろにいたのは4人ではなく5人に見えるし。
それともハジなのかな。そして残された人たちはいったいなんだ。
それからフードを被っていた子供たち。
またも子供を変化させて戦わすのか、いいのかそれは。いろいろと。
ぐらいかな。全くよく分からなかったな。
曲はあっているように思えたけど。

本編。
赤い盾の本部への報告を済ませているデヴィッド。
この人たちの本拠はこの船なのかな。
しかしどうやって停泊許可とかは取っているんだ。
私有船で通してもらえるのか、あれだけの規模の船を。商船ではないよな。
ベトナムは以上。
今度はテッド・A・アダムズを追うのか。
その前にカールたちの行方。
カールは一身上の都合で会社の工場長もリセの理事長も辞めたている。
それが公式に発表されていること。
あれ以上あそこにいる必要がない為かな、やはり。
怪我の影響もあるのかな。

それからソロモン。
デヴィッドもあそこでソロモンを見ていたからか、ついでに調査。
サンク・フレッシュ・ファルマシーのCEO。
就任後の華々しい遍歴はあれど前歴は見えずか。
誰もそれを調べようとはしなかったのか。それとも調べようとしたものは消したか。
それでも噂は聞きそうだが、そこまで有名な人物なのなら。
ソロモンに関してはデヴィッドたちにもまだシュヴァリエである確証はなし。
小夜やハジでは分からないのか。何かしら通じるものがありそうだったんだが。
小夜はともかく、ハジからは何も聞こうとはしないしな、無理か。

そして実験農場で見つけたレポート。翼主の実験に関するものらしいが・・・。
それを書いたテッド・A・アダムズ。
米軍に所属していたのかベトナム戦争でMIA。以降の記録はなしか。
あの当時科学者もいちいち現地にいたのか。
巨大な実験農場と呼ばれていたものな。そう考えると当たり前かも知れんな。
それなら確かにどっかに行く人間や攫われているのもいそうな。
混戦してそうだものな、あの国自体。
ということで暫くはその人を探しに行くのかな。
そのアダムズの事をを調べている間に小夜には休息を与えたと。
小夜には休息が必要、壊れないようにというジュリア。
しかし、今の小夜という人格を壊さない限り赤い盾の役に立つとは断言できないような・・・。
というかどこまで行けば壊れることになるんだ。暴走がとまらなくなることか。
暴走した場合は処分すればいいことではないのか。ジュリアとデヴィッドでは考え方は違うのか。
里心が付かなければいいとデヴィッドは言うが、もう遅いような・・・。

その小夜たち。
リクは掃除、カイは探しもの、小夜は寝ていた。
ばらばらな行動だな。
リクは掃除していたが、かなり埃がすごかったのかな。
一体何ヶ月ここを留守にしていたんだろうな。
小夜は寝転んでベトナムでの出来事を振り返っていたようだが答えも何も出ないだろうな。
なんとなく小夜は同じ所でぐるぐる回ってそうなイメージがあるかな。
小夜は変わらない家があって安心したとはいっているがな。
戦闘機の音に反応していたから、未だに気が張っているような。

カイと小夜が話しているとリクの悲鳴。
下に降りてみると呆然としているリク。
かなりなものを見たようだな。電気まで止められていたのか冷蔵庫がかなりひどい状態らしい。
見たくないし、見せなくないわな、そんなもの。
しかしそこまで言っていると捨ててしまうしかないんじゃないのか、そのまま。
というか、この物件、なぜ何もしないままほったらかしだったんだ。
賃貸として貸し出していて、それが戻ってきたから売るにしてもそれなりのことをするものではないのかな。
違うのかな。中古物件ってこのまま売るものなのかな。
しかし写真とかそのままな場合は売れにくいだろうに。

ともかく冷蔵庫の話題はないことにしてカイが持っているグローブに注目するリクと小夜。
ジョージの持っていたもの。
これでジョージを送ってやるために。
遺体は米軍の爆撃でなくなってたものな。確か。
その代わりか。

墓へ向かう小夜たち。
行きはタクシー、帰りは歩き。近いのか遠いのか、やはり微妙だな。
階段を登るカイにジョージが重なる小夜。
カイが一応家長になるしな。貫禄が出てきたのか。
ただ単にカイが小夜を導くものになるのか。ジョージのように。

墓の中へ入ると繭のようなものがある。
くもの巣では大きさや絃の数がかなりあると思うがなリク。
小夜の入っていたやつだよな。まだ残っていたのか。
取る気はなかったのかな、ジョージは。
小夜にとっての始まるの場所である証明。それを残しておきたかったんだろうか。
小夜は自分の存在意義を求める。
リクにとってもカイにとっても小夜は小夜。それが答え。
でもまだ納得できてない様だな小夜は。今回はかなり深いのか。
自分の記憶がないときに人を殺した。
その自分を認めることが出来るかどうかか。その罪に対してできること。
もう二度とそうならないようにはどうすればいいか。
そんな小夜を見てリクとカイで密談。

リクはほっといて昼食に定食屋に入るカイと小夜。
ここも家族だけでやっている店のようだな。手伝いが手伝いになってないが。
小夜が大盛定食、カイがラーメンのみ。
大概の人はびっくりするよな。やはり。小夜一人でもびっくりするかな。
客がいるのに親子喧嘩を始める店の人。かなりおもしろい店だな。
喧嘩が目当てで来る客もいそうだな。
ジョージがいた頃のあの店の雰囲気は確かにこんなものなのだろう。
小夜もあんな感じだろうし、手伝っていたのはリクだけっぽいというか。

昼食も終わり、どこかの公園へ。
森が多くアスレチックがありそして展望台みたいなところがある。かなりおもしろいところのようだな。
その展望台には小夜の友達の香里。
香里から一言「おかえり」。
小夜が欲しかった言葉かな。

下で待っているリクとカイ。
小夜が心配でいてもたってもいられないリクと平然と大丈夫と言っているカイ。
カイはどうしたんだ一体。なんか違和感が、何かが変わったのかカイの中で。
その小夜と香里。
学校でのこと新しく出来た店のことなどいろいろ話をしようとするが、何かぎこちない。
薄皮が一枚か大きな壁が一枚かありそうな。
初めに聞いたことがジョージの事だけでもないよな。
そして今度一緒に行こうと言う香里。かなりの禁句にぶち当たる。
小夜はこの町は変わらない、変わらないままでいいのに自分は変わってしまったことを自覚する。
それに対して香里も小夜はそのままでいいという。いい友達だよな。本当に回りに恵まれているような。
だからこそ小夜は強さを求めるのであろう、誰も傷つけないために。

小夜から香里に頼み。
というと学校へ。カイ達も合流しているな。
学校は休みのようで門が閉まっているがそのままよじ登り不法侵入。
あんな事件があってもそのままのようだ。
というか今度は教師自体を置かなくなったのかな?
どの通、無用心な学校だな。
機材はどっから持ってきたのかそのままあったのか小夜はハイジャンプに挑戦。
制服のままでか。やりずらかろうにというかスカートだろ。大丈夫なのかそれは。
カイも一度しか止めないし、もうちょっと止めた方が。
ともかくも大丈夫なようで飛ぶ小夜。
バーをきれいに飛び越える小夜。それを喜ぶ香里。
リクも感心しているし、オリンピック級という事だからかなりの高さなのだろう。
しかし小夜にとっては自分が変わったと証明するために香里に見せたのかね。
それでも香里にとっては小夜は友達。少しは救われたか。
ベトナムでの友達だったミンはどういうだろうな。

買い物をする香里と小夜。
肉ばっかり買っているようで、野菜も買ったほうがいいよ。
ついでに花火か。
その間、バーベキューの準備をするカイとリク。
その機材はどこから、家から持ってきたのかな。
話す話題は小夜のことばかり。
ジョージの変わりに小夜を支えるために大人にならなくてはと言うリク。
それを口にする時点でまだ子供とカイにいわれてしまう。
やはりいろいろ変わったなカイも。リクは変わっている様で変わってなさそうだが。
まだ見えないな、両方とも。
そこにカイの友達だった二人組が通りかかる。
カイがバーベキューに誘う。
そういう問題かと言うが結局なじんでいるな。
カイに真央が心配していた事を言うがカイには眼中になし。
カイにとっての真央はなんだったんだろうな。未だに不明。次でわかるかな。

リクがハジの所へバーベキューを持っていく。
今回は見ないと思ったら、いつの間にかまたいる。この人はいつもどからで小夜を見ているのだ。
今回いたのは高台が多かったから上からでは無理だろうしね。
リクはいつハジに気付いたのやら、カイは気付かなかっただろうし。
リクはついでに小夜の所へ行こうと誘うが、ここでいいと断る。
ハジは小夜を見ているだけなのかな。
守っているし、一緒に戦ってくれるが、導くものにはなりえない。
ただ見守る者なのかな。この人の考えは全く見えないからな、考えることを今の所放棄しとこう。
にしてもハジはものを食べるのか。食べているのを見たことはないよな。
小夜は大量に食べるが、ハジはそんなことはないのかな。
ハジの代わりに小夜が食べているのか、もしかして。そんなわけないよな。

暗くなって花火を始める面々。
バーベキューの方はかたずけたのかな。
楽しんでいるな。あの二人組も混じって。
そんな中、一人海を眺めている小夜。
そんな小夜にカイはここにいてもいい、小夜とリクぐらいは守ってやるという。
でも小夜はまだ帰って来れない、やることがあると言い返す。
クララさんの遺言もあるしな。
その代わりにか
「ずっとそばにいて、離れないで。
戦っても戦ってもカイがいれば私は私のままでいられる。
カイとリクとジョージの家族でいられる。」
「約束する、そばにいる、もう二度とはなれない。
消えたとしても必ず探し出す。俺を信じろ。」
なんだか恋人同士のようなセリフなのだが、この二人が求めているのは家族なんだよな。
しかしベトナムで立証されたことも含めているのかね。
それと家族としての小夜を捨てないためにカイ達が必要なのかな。
ジョージの言ったように過去を乗り越えるためにも。

小夜が花火に参加しだすとハジはチェロを弾き始める。
最後の夜だからサービスか?
花火はまだ尽きない、どれだけの量の花火を買ったんだろう。
小夜たちは楽しそうなんだが、曲はなんだかもの寂しいな。

結局砂浜で一夜を過ごしたのかな。
しかし大丈夫なのか。こんな所で寝ていて、治安の状態とか。気温もそうだが。
ともかくも遊びつかれて寝ていたリク。
置いていかれると思い慌てて起きる。
香里も寝ていたと思いそのまま小夜が去ろうとするが起きていた。
「すごかった、小夜なら大丈夫」
香里は何も知らずとも小夜をさいごまで元気付けようとしていたな。
それは小夜にとって救いのひとつだろう。
そして「いってらっしゃい・・・。」
いつか戻ってくるための合言葉。

デヴィッドたち。
テッド・A・アダムズの居場所がエカテリンブルグと判明。
そのついでに岡村記者のことも調べていたのかルイスはデヴィッドに報告。
リセで遭遇したからか。カールのことも見ていた事は知らないよな。
その岡村をどうするかな。ルイスは。

カイの友達の二人組。
真央にけり起こされる。
起きると自分たちは砂に埋まっている状態。
これカイがやったんだろうかな。
最初につぶれたとなると他の全員にやられたんだろうけど。
真央、カイのことを聞くが返事なしということで部下の名前を呼ぶ。
何されたのだろうな、あの二人。大丈夫かね。

出港する船。行き先はロシアか。
どこからか見送る香里。
貰ったのか預かったのか知らないが、小夜の競技用のシューズを持って。
「私は必ず戻ってくる。始まりの場所へ」
小夜の決意。
そうすることで再出発、守られればいいけどな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/270-1d123848
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。