上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 桃月学園に学校の名物クラスを紹介する『突撃!となりのホームルーム』という深夜番組の取材がやって来た。まずはD組に乱入したTVスタッフだが、最初に見たものは死神(中身は芹沢茜)に取り付かれたジジイの姿。ビビったレポーターは泣きながら帰ってしまった。しかし出直してくることを知ったC組のメンバーは・・・・。



ぱにぽにだっしゅ! 第1巻 (通常版)   ぱにぽにだっしゅ! 第2巻

ムーンライト・ラブ  ルーレット☆ルーレット
パニポニOP&ED

ドラマCD「ぱにぽに」世界最後の授業~ベッキー危機一髪~編
ドラマCD ぱにぽに~修学旅行密着24時!~編
ドラマCD ぱにぽに セカンドシーズン Vol.1
ドラマCD ぱにぽに セカンドシーズン Vol.2
ドラマCD ぱにぽに セカンドシーズン Vol.3
ぱにぽにだっしゅ!ヴォーカルアルバム ~学園天国


森の中。
動物と話をしている少年。
そこへ『マホ』が飛んでくる。
しかしきれいな『マホ』とはなんだろう。
そこへ何かを探している姫子。感じがかなり違うな。
イライザって誰、まあともかくイライザに飛ばされた『マホ』を探しているらしい
24時間以内に探さないと世界が滅びるらしい。
なぜにそんなことになっているのだ。
姫子個人が死ぬとかの方がまだわかるような。
そこへさっきの少年が木の上から登場、いつの間に登ったのだ
あほ毛ちゃんと呼ばれる姫子。
なんだかな、あまり良い名ではないよな。
それが遅刻の理由のようだ。それはダメだろう。

1年D組。
突然の取材陣。
がジジイの後ろの死神を見て逃げ出す。
死にぞこなっているジジイと言いたい放題だったがキャラ付けだったのか。
死神の姿をやっていた芹沢。
なしてそんなことをしたのだろう。
ジジイを試すためか。

今回はRPG風なのか。
遅刻の罰をしていた姫子、テレビが来ていると大はしゃぎ。
メソウサのテレビのイメージはいったい、怪物が来たかと思ったのか。
都の趣味は里見浩太郎、渋いというべきなのか。
水戸黄門になるだろうからな。
深夜番組は低俗番組。本来は寝ている時間。
ゲームや通販番組で徹夜をしたことはある。
ほめられたことではないな。
しかしシークレットカツラなんだろう、すごい変だよな。
シークレットブーツでもなあそこまであからさまではないよな。
姫子の髪もまだ直ってなかったのか。

学校の紹介は校長が許可した。
突撃の方がおもしろいと言い出し教師にも内緒にしていたようだ。
人が悪いというかなんと言うか。
ジジイ、責任を感じているらしく、腹を掻っ捌くといいだし魚をさばく。
魚はどっから。腹掻っ捌かれた魚もまだ泳げているし。
どっかのマジックか。
学校のPRになるようにと校長からの依頼。
それを聞いたベッキー、もう帰る。
ブリにジュースは合わないだろう。

テレビに出たいネコ神。
だからかいろんなとこで出ていたような。
背景の柄で。

有名になって地味キャラ返上出来るのか。
くるみは目立たなくてもクラスが目立てばいい。
目立てばクラス対抗の番組に出れるそうだ。
C組の個性。
でこ、あほ毛、地味、良い子、分類不能、玲は何になるのだろうか。
個々は強いがクラスの個性はない。そうだね。明るいとかぐらいか。

テレビに出れば友達がたくさん出来るかもとメソウサは期待。
友達がほしいのかと一条から聞かれる。
で一条からの紹介でえぞふくろうの雛。
白くて可愛いがエゾふくろうの好物はウサギ。
どこまでの大きさになるのだろう。
耳食われているメソウサ。大丈夫か。
耳には痛覚はないのかね。
と、そこへベッキー。
ベッキーでテレビがつれると喜んでいる都。
一条の言うチャック・ノリスって誰だ。
テレビは出ないと言い出す、ベッキー。
何があったのやら。

翌日、レポーター強気で行けと励まされる。
大丈夫だろうかね。また逃げ出したら、この番組はどうなるのだろう。

取材拒否で自習になっているC組。
ベッキーを探しにいく。

1年A組。
五十嵐先生、なんか授業のこと聞かれている。
一応クラスのことを言っているがかなり自分を売り込んでいる。
彼氏募集なのか、医者か弁護士がいいそうだがあれでは来ないだろう。
柏木姉妹、すごい格好をしているな、チャイナドレスか。
これも自分で作ったのか。
先生に関して言いたい放題のクラス。
父兄参観みたいだ、化粧しているのは始めてみた。
それを聞いた五十嵐先生はカメラからテープを取り出しめちゃくちゃにしている。
自分は弱者といっているがどう見ても弱者じゃないよな五十嵐先生は。

1年C組は研究室に篭っているベッキーを説得しようとするが失敗続き。

1年D組。
またすぐ帰ってしまったらとおもいすでにねたは仕込んであるというジジイ、
何を仕掛けたのやら。
メディアはベホイミに癒し系魔法少女をさせたいようだが、なぜそこまでこだわっているのだろう。
わりと普通のペットばかりを用意している南条。
世間に自慢したいペット、ワシントン条約に引っかかるものらしい。
何を飼っているのだ、本当。
絶滅危機動物なんだよな。死んだらまた貰ってくるのか、どっからルートが。
取材陣登場。
ジジイへマイクを突きつけ一言クラスの特色を尋ねる。
『ちんちんかもかも』で終わりかね。
また死神を見る前に去りたいだろうし。

エイリアンのほうでも取材依頼が来ている様だ。
本意とは違う解釈をされるという理由で取材嫌いな艦長。
広報は住民への説得のため必要というが聞かない。
一応取材日を言ってみるが予定がつまりまくり。
空いている日は取材がない日。
そこまで嫌いか。なんか変な予定が入っているし。
風邪とか、危篤が先にわかる訳ないだろう。
なんか今回宇宙船がラピュタのに見えたのだが、良いのかそれは。

まだ、ベッキーの説得。
6号のメソウサを使っての人質作戦。
メソウサじゃダメだろう。ベッキーはメソウサを可愛がっているようには見えないし。
姫子のねだり、都のお笑い。ますますダメ。
笑わせてどうする気だったんだろう都は。
機嫌がよくなれば、取材にも応じてくれるってことか。

そこへメディアが登場。
昔の話を聞く。
9歳でMITに入学しているため奇異な目で見られていたため人間不信になっていた。
だからテレビを拒否していた。
それで説得されているC組面々。
そのためベッキーに謝りに行く。

1年B組。
外で体育の授業中。
テレビが来る時間だが、いつもどおりのものを見てもらうとかなり気楽な早乙女先生。
クラスのほうへ行っているレポーター。
そこには同じ顔の人がたくさん、かなり怖いな。
一度みただけで扉を閉めてしまうのもよく判る。
二度もみたくないな、あれは。
でもレポーター、泣きながらも逃げ出そうとはしてないな。

1年C組。
ベッキーが戻っている。
取材が来るがおとなしくとなんか乗り気になっている。
しかし、笑わせてどうするんだ。

取材が来てベッキーへ質問する。
その後ろで茜と一条で鬼太郎ごっこ。
上からは妖怪が降ってくるし。
それをみた取材陣、今度は本当に逃げ出す。
かなり怖いかな。
結局、テレビに映る暇はなかったなC組の面々は。

ネコ神とオオサンショウウオが仕掛け人らしい。
誰かに怒られたようだが、誰だろうな。
ありえそうなのは、一番謎な校長か。
かなり怖い存在のようだ。

またも姫子、『あほ毛』を拾ってくれた少年と会う。
少年はかなり危ない状態だから一緒にいる時間が大事。
ということでまたも遅刻。
アンソニーは少年の名前か。
これはすべて創作だよな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/187-214a9684
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。