上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつの間にか、文庫版まで出てたもの。
それで久々に読んでみた、相変わらず面白かった。

  
ドラゴン騎士団 (3)
ドラゴン騎士団 (4)


ドラゴン騎士団

著者:押上 美猫
出版社:新書館
B6版:1~24巻以下続刊
文庫版:1~4巻以下続刊

第1巻
 ナディルの首を手に入れたドラゴン騎士団。
 一刻も早く竜都・ドラクーンに戻りたいルーンの思惑とは裏腹に、魔物退治に執着するラス、金儲けが大好きなザッツのおかげで、竜都への道は遠のくばかり・・・・。
 次から次へと現れるキャラクターは敵か味方か!?

第2巻
 失われたナディルの首を捜して旅を続けるドラゴン騎士団の三人、ラス、ルーン、ザッツ。
 求めているもののありかを示すという「粋美の鏡」に向かうが道を間違えた・・・・!?

―主要キャラクター―

ラス・イリューザー
 竜騎士の一人。
 火竜「炎」を連れている。
 三度の飯よりも魔物退治が好き。

ルーン
 もと精霊族の竜騎士。
 精霊族を救うため竜騎士になった。
 誰よりもリュクレオンを尊敬している。

ザッツ
 竜騎士。
 もと盗賊で、金目の物に目がない。
 顔の傷か竜城に盗みに入った時のもの。

リュクレオン
 竜帝。
 以前、ナディルに捕らわれたレイスリーネを救うため、ナディルと戦った。

レイスリーネ
 竜妃。
 かつてナディルに捕らわれ、「竜の目」を奪われている。

セシア
 かつては霧の谷の魔女の養女だった魔物。
 今は竜城で占い師をしている。

カイスターン
 もと人間の青の竜官。竜城内の外務を担当。
 竜帝にあるものを探すよう命ぜられている。

アルフィージ
 白の竜官。リュクレオンの秘書を務める。
 いつも気苦労が絶えない。

ルウォーク
 黄の竜官。竜城の政務を担当。
 リュクレオンとは幼馴染。

テーセウス
 黒の竜官。
 いつもクールな竜城内の公安官。

セルノズーラ
 竜城内でレイスリーネの身のまわりの世話をする女官長。

ティントレット
 精霊族。
 怪魚ヴァラウーの呪縛のため、水世界で眠っている。
 ルーンの婚約者(配偶者?)。

ゾーマ
 セシアの慕い、いつもそばにいる魔物。
 足が不自由なので、足代わりの鳥と離れられなかった。

キチェル
 もとザッツの盗賊仲間。
 リュクレオンの命により、「地図のかけら」を探している。

カール
 魔物の錬金術師として名をはせる。
 伝説の本「蒼生魔記」の著者。

ビアレス
 ナディル軍の魔物。
 竜帝の血を浴びたため、魔物の中で唯一竜城に入ることができる。

シャイデンマン&シャイデンドラ
 ナディル軍の参謀。
 ナディル亡き後ナディル軍を指揮する。

ナディル
 首だけになってもなお強大な力を持ち続ける魔物の上に立つ者。




かなり昔から持っている本。
長い長い話。そのためキャラが多い話。
一話限りのキャラかと思ったら、また復活することも多いからな。
なぜか引きずる引きずる。
忘れてきた頃に出てくるキャラもあるからな。
しかし、脇キャラでもかなり強烈なキャラが多くうろ覚えで覚えているものが多い。

伏線がかなり多く、謎がまた謎を呼ぶような話。
最初のほうの巻はギャグ話が多かったが、後になってからはシリアス色が増えてきている。
でもお笑い要素はまだある。そこらのギャップが面白い。
基本的にラス、ルーン、ザッツが主であるが、他の人が視点にならないとは限らない。
3人一緒にいることが多いはずだが、結局ばらばらに動くため話が長くなる。
今では年に1,2回出ているぐらいの進み。
もうそろそろ終わるかな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/164-9795bd3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。