上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく読む本でも紹介してみる。



キノの旅〈2〉the Beautiful World
キノの旅〈3〉the Beautiful World
キノの旅―The beautiful world (4)
キノの旅〈5〉the Beautiful World
キノの旅〈7〉the Beautiful World
キノの旅〈6〉the Beautiful World
キノの旅〈8〉the Beautiful World


キノの旅 -the Beautiful World-

著者:時雨沢 恵一
出版社:メディアワークス
    電撃文庫


The world is not beautiful. Therefore, it is.
世界は美しくない、そしてそれ故に美しい

「キノはどうして旅を続けているの?」
「ボクはね、たまに自分がどうしようもない、愚かで矮小なやつではないか?
ものすごく汚い人間ではないか?
なぜかよく分からないけど、そう感じるときがあるんだ。
・・・でもそんなときは必ず、それ以外のもの、例えば世界とか、他の人間の生き方とかが、全て美しく、素敵なもののように感じるんだ。
とても、愛しく思えるんだよ・・・。
ボクは、それらをもっともっと知りたくて、そのために旅をしているような気がする。」
短編形式で綴られる人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。




登場人物

キノ
 本作の主人公。
 生まれた国を捨て、その後”師匠”と呼ぶ老婆に旅の術を習った。
 今はエルメスに乗って、国々を巡り続けている。
 一つの国には三日間滞在がルール。射撃の腕はかなりのもの。

エルメス
 モトラド(二輪車)。キノの相棒にして旅の唯一の手段。
 人間の言葉を喋るが、それ以外は普通の二輪車と同じ。自分では全然動けない。
 よく諺などを言い間違えるが、わざとやっているのではないかという疑いあり。

シズ
 とある国のいい生まれだが、故郷を失い、今は自分を受け入れてくれる国を探してバギーで彷徨う男。
 日本刀を使い、弾丸をはじき返す腕前の持ち主。


 シズの僕の、人間の言葉を話す白くて大きな犬。
 シズと何処でどうして知り合って仕えることになったのかは、未だ不明。
 時に迷い時に情けないご主人様を、決して見捨てない忠犬。

ティー(ティファナ)
 ある国の住人だったが、故あってシズ達と行動を共にすることになった白い髪の女の子。
 とことん無口だが、口が利けないわけではない。
 どうやら手榴弾が好き。

師匠
 旅をしていた若い頃の師匠。凄腕のガンマン。
 金目の物のために、いろいろなトラブルに首を突っ込んだり仕事を受けたりして、あちこちで恨まれたり感謝されたりを繰り返している。
 欲望に忠実なお方。

相棒
 若き日の師匠とひょんなことで出会い、以後行動を共にしているハンサムな男。
 機械整備と射撃が得意。
 元お尋ね者で決して善人ではないが、師匠と比べるとそう見えてしまう人。




アニメにゲーム、物もかなり増えてきている有名な話。
絵本のようなものも出ていたな。確か。
しかし、やはり小説のほうが好きですね。

短編ばかりで読みやすいが、短すぎて意味が分からないような感じもある。
作者も言っているように何処から読んでもそこまでの支障はない。
時間軸もめちゃくちゃだしな。

人の善悪がよく書かれていると思う。
それが国として機能するとどうなるか、そんな感じの話。
実際にあったら怖い国ばかりだが。
その人たちにとっては善意、他から見れば悪意、そんな話が多い。
視点によって人の感じ方も人それぞれそれがよく分かる話。

キノが一番普通の旅をしているかな。他の2組に比べれば。
キノとエルメスの掛け合いは面白い。
エルメスがなぜ喋れるのかは不明だが、あまり驚いている人もいなし。
まあ、戦車なんかも喋っていたしな、それが普通なのかもしれんが。
旅に道連れがいないとそこまで続かないだろうしね。

シズたちは悩みながら旅する、といっても悩んでいるのはシズぐらいだか。陸は何も言わないし。ただシズに従うのみ。
シズとエルメスは相性が悪いらしく、寄ると喧嘩している。
キノが来るとただの犬になるが、キノの前では喋らないし。
8巻でシズは死んだと思ったよ。
でも9巻見ると登場人物にいるし、悪運が強いというかしぶといというか。
よく怪我するもんなこの人。
シズは怪我しても陸が怪我しているのは見たことないような。
それでも忠犬。忠犬の定義はよく分からないがそれでいいのか。ま、いいけど。

師匠たちの話はなんかすごいなと思ってしまう。
この人自体が悪なので悪人が出てきてもそこまで悪と見えないところがなんかすごい。
欲に忠実というか、なんと言うか。
そのためかなり分かりやすくさっぱりする感じである。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/154-83c811e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。