上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.14 Vol.10 別れ
誰と誰の別れだったのかな。
キールとドック艦の艦長か?
アオイとグールドか?
キールとイスラも入るのかな。



タイドライン・ブルー(2)
TVアニメ「タイドライン・ブルー」オリジナルサウンドトラック


機雷で反応を観る新国連側。
あれだけの機雷を投入しても爆発するのは数基なのかな。
それだけ広範囲に設置したのかもしれないが。
あまり影響はなし。長期になるとどうなるか分からないが。

浮遊樹を通信の中継地点として使う。
これで広範囲に綺麗に通信できるようになったのかな。
しかし盗聴とかの可能性はどうなっているのかな。そんな心配はないのかな。

ギの国側。
核で脅した代償。
それだけのためにここまで付いてきたのか。
自国近海でやらないと意味ないのでは。
それともその罪を新国連軍に押し付けるのか。
しかしな、今のところグールド側はいわば悪よな。
なのに新国連とのごだごたに乗じてやるのか、新国連に恩を売ろうとは思わないのかな。

キールは潜水艇を貸してと艦長に頼む。
ユリシーズまで持たないとティーンは止めるがやってみなければわからんとキール。
居場所なら分かるとジョゼ。
むちゃくちゃな提案でもいろいろ吟味しているな。

浮きドックはジョゼに頼まれ、騒音で新国連をかく乱。
スクリュー音をごまかすためか。
新国連にとっては船を修理しているとしか思わないのかな。
そうだとするとそこにユリシーズがいる可能性もあったはずなのだが、このときの時点ではそれはないのかな。
でも先手を取られすぎていたから、それなりに警戒するものだと思っていたのだが。
そこまでの疑心暗鬼にはならないか。

ユリシーズは潜水艇のスクリュー音を探知。
よく分かるな、まだかなり距離があるのでは。
音の速度は遅いだろうし。耳いいな。

この方法は賭けに近い。
一人のんきなキール。
自分で提案していてやれることはないか。
まあこの船の操縦すら出来なかったようだったからな、自分ひとりで行くつもりだったのか。
最初からティーンたちを当てにしていたのか。
前者なら無謀もいいとこだな、本当。

ユリシーズの居場所はケーキ屋辺り。
シテ島にある店のものが食べさせてみたかったと言うグールド。
なんだかな、ある意味ジョゼの感か。しかし甘い物好き、確かに似合わないな。
作れる料理はかなり辛いものだったようだから。

潜水艇には水圧の影響が出始めたか。
心臓にも負担はかかるものだが、そこまで歳でも体弱いわけでもないよな。
本当に気のせいだろうキールの言っていることは。
しかし、限界深度超えてよく動く。
あそこまで亀裂が入っていれば幾許も持たないだろうににな。

ユリシーズは660フィートまで浮上。
迎えに行くのか。
ジョゼの無茶はいつものことか。
誰か分かっているようだからなグールドは。
前に何をやったことがあるのかなジョゼは。

機雷に当たる当たらないは運試しに近いなやはり。
ユリシーズ小舟艇を回収。
キールとイスラようやく再会。
何話ぶりだろう。
なぜ照れる。

キーホルダーが守ってくれた。
まあ、前回の賭けに勝てたのはそれのおかげか。
でっかくなったってまだそこまで時は経ってないだろう

ティーン、ジョゼ、グールドに報告。
やはりジョゼとティーンにとってはグールドは親代わりなのかな。
地図の存在も報告。
どんどん知られていくな、地図の存在は。
地図の所為で新しい戦術を考える必要がある。
地図を使わない戦術は何かあったか。地図の存在を逆手に取るぐらいかね。

浮遊樹を設置していく新国連軍。
全世界規模まで広げているな。
かなり通信網が確立されたことになるのかな。
これで犠牲は最小限ですむ。
地図の存在を前に知っていればすんだかどうかは分からないが。



こんにちは!

今日は、目からウロコがガンガン落ちた話をお届けします。

あるメール講座で下のような問題が出題されていました。

──────────────────────────────

これは、本当にあった出来事です。
 
あの“味の素”の社長が言いました。

 「味の素(化学調味料)の売り上げが下降しているぞ!
  なんとか売上が倍増するようなアイディアを出しなさい!」

  優秀な社員が集められ、連日頭を抱えて、試行錯誤。
  結局、実現可能なアイディアは出てきませんでした。

  ある日女性社員が何気なく話したアイディアが採用され、
  本当に売上が2倍になったとさ。

さて、その「アイディア」とは?

※ヒント「味の素が入っている容器」をイメージしてみて。

───────────────────────────────

うーん・・・簡単に売り上げを2倍にする方法。

わからん!!と答えを見て、大笑いしてしまいました。

こんな単純な方法があったんだ!

この発想はすぐに使える!すご過ぎる!と感心しました。


こんな感じで、読んでいるうちにやる気がどんどん出てくる
メール講座でした。

人生がどんどん変わる。常識が180度変わる。

無料ですから、受講しても損は絶対ないですよ。

[無料講座]これを読めば、あなたの人生が踊り出す!

でも、人生を変えたくない方は決して受講しないでくださいね。



ユリシーズ、ドック艦に到着。
乗員全員並んでいたようだが、かなりの乗員いたのね。
修理開始。
ほとんど総入れ替えか。
時間かかりそうだが新国連に見つかるまでに全て済まさなければならないんだよな。
仕事速いのかな。

イスラの仕事手伝うキール。他にやることはないか。
ティーンとキールはそっくりと驚くイスラ。
はじめましてとイスラに言われてそのまま返すティーン。
他にどうとも返せないだろうなティーンは。
抱き付かれて照れているティーン。
それを見て嫉妬しているキール。しかしそれはティーンの所為か。
何か違うと思うのだが。

ふてくされているなキール。
グールドとキール。
仕事をやり遂げた。
何の仕事だろう、村での畑仕事かそれともここにもどるまでにやったことか。

なんとか仲良くなれないのか。
アオイとグールド、個人のことは知っていてもな。
それに付随している責任などのことは分かっているのか知っているのか。

みんなが幸せになれる方法。
世の中を見て来たようだが、20年答えを探してきた。
考え抜いた末の決断。
一人で考えた末の決断なのかな、やはり。他人との協力体制は出来ないものか。
グールドのやっていることは人を信用していない方法だな。
違うと感じているだけで言葉ではいえないらしい。
しかし、殴るのは何か違う。他にお前の表現方法はないものか。
ティーン羨ましそうだな。

キール、ティーンに八つ当たり。
普通ではティーンのほうが強いか。
ティーンは泣きもしないね。
キールが泣くのがそれは何の涙だ。悔しいのか、悲しいのか。
泣きもしないと言うか泣けないだろう、聞いてすぐ泣けばいいと言うものでもないだろうしな。

フライパンはどっから。
兄弟喧嘩の所為で洗濯物がめちゃくちゃと言うことで罰として再び洗う。
昔、同じことがあった。
イスラは母さんに似ている。
だから助けたのかな。

ここにいればいすらも安心して生きていける。
それだけではだめ。
何か、あるはず。
イスラや赤ん坊だけでなく、みんなが何の心配もなく安心して暮らせる方法。絶対ある。
と言うがかなり難しそうだ。
キールもそこまで世界を見たわけではないだろう。
それでも何かあるというのか。何を持ってだ。
まあ首脳陣が一定の理解を示せば、一応の戦争は終わるかもしれないが、その方法が今やっている2つ以外に何があるかというぐらいかな。

新国連軍はユリシーズ発見。
修理は一応終わったのか。
支払いがSLPMなのか。それどうするんだ。
分解して使うか、そのまま売るか。

新国連への伝言。メタセコリアで待つ。

艦を見送っていたキール。
イスラはここにいるほうがいいと、キールの決断。
でも話したわけではないよな。
結局、艦へ乗り込むかキールは。
何をするのだろう。

整備士、イスラがいたほうが良かったらしい。
そこまでなじんでいたのか。
ジョゼでは癒しにならないか。
と言っていたら、イスラも乗り込んでいた。
仕事が残っていたからという理由。
ドッグ艦にいたところでヤビツに戻れるわけでもないだろうしな。

ユリシーズはかなり強気。
メタセコリア海域で何をする気だろう。

キール、ティーンにばらされる前に自分で本当のことを言うべきか悩んでいる。
二人きりになったから悩み始めたのか。
名前、キールってつけちゃだめ、赤ん坊を取り上げたのはティーンと話すキール。

すごい取り上げてくれた人が二人もいる、勇気のある男の子になれると認識するイスラ。
まあ、遠まわしな気にしなくてもいいと言うことなのかな。
ティーンは相当不器用。
心をうまく表現できない。
自分にもそういうことがあった。
つらいことを経験すると人は臆病になる。
感情を抑えようとする。
イスラのほうがティーンを分かっているな。キールはそんなことは分からなそうだからな。
もっと話すことが必要。兄弟だから仲良くするべき。羨ましいこと。
子供に弟が出来たらティーンと言う名前にするが、今度は誰の子供を生む気だ。

アオイはグールドを説得してみるかつての仲間として。
モールス信号で伝言を発信。
ギの国もこの海域に到着か。

私たちが望む世界はひとつ、平等に平和に。
仲間割れしている場合ではないだろう。
使命があるのだから。

敵は新国連軍だけではない。
とアオイの言葉を聴いているのかいないのか、いなさそうだな。
もう全てが遅いか。

ユリシーズ、魚雷発射。新国連側もアスロックを発射。
これが答え答え。
話し合うことは何もない。
戦うしかないと言うことなのか。

ギの国側、無音航行いつまでも付いてくるな。
速度はかなり遅かっただろうにな。あれでは。
新国連側は気づかないものか。水中と水面では音の伝わりが違う所為か。

微音と言っているが、音が出来るのか
それを待っていたグールド。
ギの国の船を新国連にぶつけるのか。

射程内にユリシーズを捕捉。
またよけきれるのかな。よけないと沈むだけだが。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/131-0e8e485e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。