上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



―DVD―
黒執事 II II 【完全生産限定版】 [DVD]
黒執事 II III 【完全生産限定版】 [DVD]
黒執事 II IV 【完全生産限定版】 [DVD]
黒執事 II V【完全生産限定版】 [DVD]
黒執事II VI(完全生産限定盤) [DVD]
黒執事II VII(完全生産限定盤) [DVD]

黒執事 II I 【通常版】 [DVD]
黒執事 II II 【通常版】 [DVD]
黒執事 II III 【通常版】 [DVD]
黒執事 II IV 【通常版】 [DVD]
黒執事 II V 【通常版】 [DVD]
黒執事II VI [DVD]
黒執事II VII [DVD]

第一期
黒執事 I 【完全生産限定版】 [DVD]黒執事 II 【完全生産限定版】 [DVD]
黒執事 III 【完全生産限定版】 [DVD]黒執事 IV 【完全生産限定版】 [DVD]
黒執事 V 【完全生産限定版】 [DVD]黒執事 VI【完全生産限定版】 [DVD]
黒執事 VII(完全生産限定版) [DVD]黒執事 VIII 【完全生産限定版】 [DVD]
黒執事 IX 【完全生産限定版】 [DVD]


黒執事 I 【通常版】 [DVD]黒執事 II 【通常版】 [DVD]
黒執事 III 【通常版】 [DVD]黒執事 IV 【通常版】 [DVD]
黒執事 V【通常版】 [DVD]黒執事 VI(通常版) [DVD]
黒執事 VII(通常版) [DVD]黒執事 VIII 【通常版】 [DVD]
黒執事 IX 【通常版】 [DVD]

―COMICS―
TVアニメーション「黒執事II」 Black Tabloid

黒執事 1 (Gファンタジーコミックス)黒執事 2 (Gファンタジーコミックス)
黒執事 3 (Gファンタジーコミックス)黒執事 4 (Gファンタジーコミックス)
黒執事 5 (Gファンタジーコミックス)黒執事 6 (Gファンタジーコミックス)
黒執事 7 (Gファンタジーコミックス)黒執事 8 (Gファンタジーコミックス)
黒執事 9 (Gファンタジーコミックス)黒執事(10) (Gファンタジーコミックス)


―OP曲―
SHIVER(黒執事II期間限定盤/CD+DVD)

―ED曲―
Bird/4 Seasons(黒執事盤)(期間生産限定盤)(DVD付)
輝く空の静寂には(黒執事盤)


A8.net楽天ブックス中古コミック
キャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
ちょこっといいことプログラム


霧の中、一艘の船。
そこには二人の執事にシエルとハンナ。

少し戻って、バラ園での出来事。
アロイスとハンナの契約は結ばれ、ハンナの目に移ったアロイスの目にはくっきりと刻印されているな。
あれがハンナの印なのかな?
契約内容を少しだけ教えてくれるハンナ。
シエルは一応解放する気あるようだな。
その代償としてどちらかが悪魔としての生を終えるらしい。
まあアロイスの望みだからどちらかは歴然としているだろうな。
しかし、高貴な青って何?

悪魔の聖域と呼ばれる小島。
怒りに任せて壊したのはセバスチャン。
元凶はクロードだがな。
人の事いえないだろうに。

でここまで来た理由は正式なる悪魔の決闘のためらしい。
さすがに普通のところでやると被害は甚大か。

シエルの中では繋がれているシエルとアロイス。
結構仲良くしているな。
アロイスはこれまでのことなどを謝っているし。
でも気が合わないのは変らないかね。
アロイスが欲しいものはシエルが持っていると錯覚している以上はな。
すべてを取っ払えば、気が合ったかも?

外ではハンナからまたも剣を取り出した。
悪魔の剣を使っての決闘のためか。
あれならば傷つくことも生を終えることも出来るか。
なら、死神の鎌よりも上なのかね?

セバスとクロードの決闘。
先手はクロードに取られ、口でもセバスを挑発しまくりだな。
だからか、すぐに剣を奪いやったことといえば、島に剣を付きたて壊しだした。
やらかすことが壮大だな。

壊れ行く中でも剣の奪い合いを繰り広げるクロードとセバスチャン。
剣を取ることがシエルの魂をとることと重なるようだしな。

シエル本人にとってはほとんど蚊帳の外だな、今回。
復讐は完了している以上、魂はセバスチャンのもの。
だがアロイスとハンナの契約で台無しになっている。
悪魔は何も知らずに戦っている
何も知らないまま勝利したとしても

足を滑らしたクロードは、あっさりメリメリされた。
結構簡単に決着が付いたな。
結果はわかっていたとはいえ。
死を目の前にしてもシエルの魂に魅了されていたというクロード。
アロイスの思惑の上でないかとも言われているな、どっちだろうな。

クロードも眼鏡に拘っていたのか。
瀕死の状態でようしゃべるものだな。
最後の言葉はきめ台詞か。
誰の執事として死んだのかな?
セバスチャンには聞こえなかったようだな。
ハンナには聞こえたのか?

クロードが死んだことでアロイスの思惑通り終わった
アロイスにとっては満足だったかと問われれば、よくわからないままでいい。
そう言って、シエルの中からは消えたか。
シエルは一人残され、セバスチャンにも真実が見えてくるか。

ハンナにはクロードの言葉が聞こえたのか、幸せが訪れたと喜んでいる。
クロードはアロイスを認めたらしいがな。
契約は成立した。あとはハンナが死ねば、シエルはセバスの元へ戻る。

だが、セバスチャンにとってシエルは死人も同然らしい。
そうして落ちていくハンナ。
何か言っているが聞こえない。
セバスには聞こえているようだな。
しかし、シエルが持っていかれている。

アロイスとハンナの契約条件と願い。
クロードの愛だったら、手足を縛り無理やり隷属してもいいと言っていたな。
できたのかね?
で結局は悪魔にシエルの魂を手に入れられないようにが契約条件か。

ハンナはいつの間にかクロードのところへ。
ジム、ルカ、ハンナ、クロードすべてがハンナの中にいるのかな?
永遠の彼岸にたどり着いたらしいし。
寂しくないとアロイスは納得したらしい、あれらはこれで幸せ?

シエルとセバスチャンの過去?
初期はあまり出来る人ではなかったのか。
食材の味を理解できないならば当然か。
あれだけなるまでどのくらいかかったのかな?
ともかく悪魔がわかるのは人間の魂の味だけか。
悪魔が悪魔を食うことはないのかね。

セバスチャンがシエルをようやく捕まえた。
シエルの目が赤い。
即、セバスはシエルを殺そうとした。

いつもどおりの朝、だがいろいろと違うようだな。
シエルの爪が黒く、衣装も黒系になった。
紅茶を淹れているが中身はない。
そうしてエリザベスの来訪に対応。
指輪はつけないのか。

セバスチャンが何か憔悴しているな。
バルドやフィニには通常業務を言い渡してセバスチャンは所用。

久しぶりのエリザベス、シエル不足のためかかなりテンション高いな。
衣装がおかしいことを指摘するリジーにすべてを覆い隠すようにダンスに誘う。
あの日のようにと言ったことで記憶は戻ったことを教えているよな。
爪を指摘された途端、目が赤くなった。
誤魔化したのかな?
不協和音が響く中でのダンス。
もの寂しいな。

セバスチャンは久しぶりの劉の所。
1期のことを言っているよな、あれは見逃していたのか。
セバスチャンはシエルに変わり、ロンドンを離れるために挨拶回りか。
劉にはお礼ついでに言付け、シエルの目が見えない所なら生きていいらしい。
セバスチャンの代わりに劉がその対象になるのか。

ほかの所にも挨拶回り。
黄主従のところでは返されそうになっているが、そのまま放置して次へ。
葬儀屋や死神たちの所にもか。
珍しく死神がそろっているな。
お茶とお礼を置いて去ったセバス。
あのお茶は塩のやつか?

セバスチャンが戻った時にはシエルも出立前、
屋敷はバルドたちにあげる気のシエル。
思い出には何も意味がないとは言うが、あの3人にとってはそれがすべてだろうしな。
執事のバッチがリアルタナカにもどっている。
あの後もずっとあそこを管理していくのかな、あの三人は。
しかし、壊さない保証がない気が・・・。
壊れたものを戻していたのはセバスちゃんだよな。
どうなるかな、ある意味不安だ。

ですべての種明かしか。
セバスチャンは契約が完了してシエルの魂をいただくため執事としていた。
が、アロイスとハンナが契約した内容によりシエルが悪魔として蘇った。
セバスチャンがシエルの目覚めた瞬間殺したのはきちんと確かめるためだったらしい。
薔薇迷宮で魂を食らうまで永遠で僕の執事だと契約をしていた。
魂を食らえない以上、悪魔のシエルの執事としていかざるおえなくなったセバスチャン。

そのころ、お礼としておいてきたものの中身は飴とカード。
カードは訃報の内容のようだったが?
シエルの人としての没年かな。

最後に行き着く先は人も悪魔も同様の場所。
そこに行けないならば、永遠の呪縛を手に入れたも同然の二人。
バットエンドに近い終わりだな。
この二人の主従関係がずっと続くと面白いとは思っていたが、この終わりは・・・。
一つの答えではあるがな。

今回の話は、シエルとセバスチャンが見事にアロイスとクロード・・・というよりはハンナか、に踊らされた感じだな。
得たものはいらないものだしな。
これからはセバスはテンション低いままかな。
セバスの油断から招いたことになるが、吹っ切れるかな?
坊ちゃん並みの魂を見つけても坊ちゃんの許可がないと食べれない可能性もあるだろうからな。
これで話し続けると、全然別の話になるだろうな。

ところどころは面白かったが、何か納得がいかないようなそうでないような。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1197-47a9257a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。