上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
 お父様と対峙したホーエンハイム。
 膨大な時を使い、自らの中にある53万6329人の魂たちと対話を終えていたホーエンハイムは、彼らを使って、お父様の身体を内側より破壊しようとする。
 一方、中央司令部正面入口へ舞い戻ったブラッドレイに対し、ブリッグズ軍は一斉射撃を加えるが、ブラッドレイはたった一人でそれらを撃破。
 バッカニアも瀕死の重傷を負う。
 絶体絶命の状況の中、それでも一人、必死に大総統へ銃を構えるファルマン。
 そこへなんと行方不明だったグリードが立ち塞がった。




―DVD―
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9

―Blu-ray―
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9

―COMICS―
鋼の錬金術師(2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
(11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20)
(21) (22) (23) (24)(25)


―OP曲―
again(初回生産限定盤)(DVD付)
ホログラム(初回生産限定盤)(DVD付)
ゴールデンタイムラバー(鋼の錬金術師FA盤)
Period
レイン(初回限定盤A)(DVD付)

―ED曲―
嘘(初回生産限定盤A)(DVD付)
LET IT OUT(初回生産限定盤)(DVD付)
つないだ手(期間生産限定盤)
瞬間センチメンタル(ハガレン盤)
RAY OF LIGHT(DVD付)


A8.net楽天ブックス中古コミック
キャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
ちょこっといいことプログラム


大人たちの戦いその2って感じかね。
大総統府の地下と外の戦い。
中は一様人段落といった感じだしな。
恐れていた事態が発生だがな。

ホーエンハイムの昔。
シンにて遭難しかかった頃。
シン自体はそれなりに歴史がある国なのか。
クセルクセスが無くなってどれくらいの時が経っているのかね。
あの後すぐなのか。

長い間かけて望まぬ姿にされた人々の声に耳を傾けていたのか。
気が狂っただろうが、よく続けたものだな。
ある意味自分が生きる意味を自分の構成しているものに委ねたという感じかね。
トリシャといたころは、それを忘れていたのかな。

時間は戻って地下でホムンクルスと対峙しているホーエンハイム。
ホーエンハイムからホムンクルスに渡った人たちが中で暴れている。
対話することで個を成立させた見たって感じかね。
それらと志を同じくしての反撃。

すごい状態だな。
内から破壊され、外皮が外れたホムンクルス。
成功したに見えたホーエンハイムの思惑。
がそんなことものともせず、外皮を吸収した。
あの状態だと扉の前にいた者に見えるな。
この国の錬金術はホムンクルスの言うなりに発展してきた以上関係あるかもしれないけど。

ホムンクルスは皮をはがされ他が壊れず、進化した結果らしい。
あれも完全なる者になるための過程なのかね。
むき出しになったホムンクルス、最初のようにプライドに似た感じにもどった。
これで形勢は逆転されるのかね?

大総統府正面ではブラッドレイの帰還で混乱中。
総統府が落ちたばっかなのに、一瞬で夢と帰している。
ブラッドレイ無双状態だな。
バッカニアが止めようとするも一太刀で反撃を受けてしまっているしな。
追いすがっても同じ。

頼みの戦車もブラッドレイ一人に無用に機械と化した。
ブラッドレイもすごいが、あの剣もすごいな。どんな素材でできているのやら。
しかし、中央軍自体よりもブラッドレイ一人の方が脅威性は上か。
中央軍も息を吹き返し、厄介なことになるのは確実なのだがな。

扉の前にはファルマン。
ファルマンは泣きながらカッコつけているのか?
自分でも何をやっているのかわかっていなさそうだ。
ただ自分が死の目前ってのだけだろうな。

それを助けたグリード。
今までどこにいたのやら。
お父様の所へ行くはずだっただろうにな。
それよりもブラッドレイとの因縁が優先か。

ブラッドレイが助かった理由はやはり目のよさか。
列車が落ち壊れる中、生きる道がすぐにわかるとはな。
身体は付いていかなかったとは言っても結局無傷だったのだろ。
この人のピーク時はどれだけすごかったのだろうな。
にしても他は全部死んだかね。

ブラッドレイと対峙するグリード。
リンが戦った前での事を応用し死角を狙いつつ相対するがあまり意味はなさそうだな。
すぐ押し戻されたし。
さすがの事にブリッグズ兵らが援護しようとするが気を引いたら最後の状態だな。
どれだけブラッドレイは余裕なのやら。
グリードよりもあちら側を倒せば終わりってのもあるかもしれないがな。

倒されたブリッグズ兵にまたバッカニアが追いすがった。
無茶に突っ込んでいったと思ったが今度は一応考えていたか?
身体を張りブラッドレイから剣を奪った。
少しは一矢報えたようでそうでないかな。
近くにあった剣を拾い、二刀流。
そんなスキルも持っているのかな。

ブラッドレイのおかげでブリッグズ兵はほぼ正面にくぎ付けられた状態だな。
その間に中央軍が再攻撃を展開しようとする。
それを邪魔し、ブラッドレイとグリードの間に入ったフー爺さん。
リンを探してここにたどり着いたわけか。
ランファンの腕を斬り落とす原因となったものに会うのは初めてか。
恨みも一入だな。

その頃、マスタング別働隊。
まだラジオ局を占拠中か。
そこにもブラッドレイの帰還の報が入ってきたか。
なのでブリッグズ側を切り捨てに入った。
首謀者はオリヴィエになったのだな。
中央軍との情報差はどう埋めるのかね?
それは後から考えるかな。
それよりも縮まってきた包囲をどう抜けるかな。

計画通りに進んできたと思われたクーデター。
穴が多すぎるのか、勝利に喜べていたのは一瞬だったな。
これからまた盛り返すことができるのかね。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1177-5298b909
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。