上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―あらすじ―
 カナマという集落にて、エド達一行はホーエンハイムと再会する。
 エドはホーエンハイムより、彼の身体の秘密や、お父様が翌日起こる“日蝕”を利用して、真理の扉を開けようとしている事を聞かされる。
 その後、エドはホーエンハイムに、ピナコより頼まれていた母トリシャからの遺言を伝える。
 それを聞いたホーエンハイムの反応は……。
 休息後、セントラルへ向かおうとするエド達の前に、突然アルが現れる。
 再会を喜ぶエドだったが、そのアルに対し、グリードの中にいるリンが異様な気配を感じ取る。




―DVD―
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8

―Blu-ray―
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 5
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 6
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8

―COMICS―
鋼の錬金術師(2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
(11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18) (19) (20)
(21) (22) (23) (24)


―OP曲―
again(初回生産限定盤)(DVD付)
ホログラム(初回生産限定盤)(DVD付)
ゴールデンタイムラバー(鋼の錬金術師FA盤)
Period

―ED曲―
嘘(初回生産限定盤A)(DVD付)
LET IT OUT(初回生産限定盤)(DVD付)
つないだ手(期間生産限定盤)
瞬間センチメンタル(ハガレン盤)


A8.net楽天ブックス中古コミック
キャラクターグッズなら「キャラアニ.com」
ちょこっといいことプログラム



エドはようやくホーエンハイムと再会か。
しかし出会い頭、殴るとはな。
前会った時はかなりへこまされていたからな、そのお返しかね。
まあ、エドらしいコミュニケーションの取り方なのかもしれないな。

エドの連れ合い見てもそうは驚かないホーエンハイム。
普通に挨拶しているな。
ある意味保護者らしい行動だな。
それはともかく、遅くばせながらの情報交換だな。

嘘偽りない事情説明。
エドにとってもかなり突拍子もない話。
アル並みの理解力は示せないが、一応は呑みこんでいるよな。
使うかと尋ねられて反射的に拒絶するぐらいには。

人の命が使われていると知ってから賢者の石に関しては兄弟ともに使うことは拒否っているよな。
一度は間違ったが健全に成長したよな。
トリシャさんとかイズミのおかげかね。
本人たちの資質もあるだろうが。

ともかくこちらも共闘することになったか。
色々と仲間は増えているよな。
どう動くかは決まっているわけではないだろうがな。

エドからようやく伝えられたトリシャさんからホーエンハイムへの伝言。
効いた途端泣きだしたホーエンハイム。
エドはびっくりして逃げだしたな。
エドにとってはホーエンハイムは自分たちを捨てたと思っていたからかね。
かなりオーバーリアクションだ。
後でダリウス達からも責められていたな。
ホーエンハイムに関してはエドの見方は少なそうだ。

気を取り直して、赤い生地でコートを作ったエド。
気合い入れらしいが、ある意味ゲン担ぎみたいなものかね。
でいまさらながらに、ダリオスたちの意思確認。
エドなりに責任を感じてだろうけどな。
今の身体に不自由を感じてないようだからそこまで理由は無い二人。
ほぼ成り行きに近いだろうが、いまさら逃げるのはいないだろうに。

そこに行方不明だったアルフォンスが現れた。
久しぶりの再会にしては結構普通の反応だな。
エドもいささか違和感を覚えたようだが、拒絶反応を示したのはリン。
リンは危機的状況だと普通に現れるようになったのかね。

リンが現れたことでアルの中のものも正体を現した。
プライドが入って動かしていたらしいな。
しかし魂の強さってなんだろうな。
意志の力の事かね?

その頃、東方司令部ではテロにあったブラッドレイの捜索。
グラマンらが仕組んだ事だが、まだブラッドレイは見つかってないか。
側近は見つかっているようだから、巻き込まれたのは確実のようだけどな。
グラマンとしては見つかるまで捜索を続ける気か。
中央はロイに任すようだな。
にしてもかなりの漁夫の利を狙っているな。
グラマンもかなりの野心家だったのだな。
まあマイルズに見透かされているから、そうたいしたことではないかもしれないけどな。

マイルズが心配しているアルフォンスはエドの目の前。
さすがの事に、エンヴィーみたいな存在だと思っていたが、外はアルフォンスそのものだな。
中と言うか潜んでいるものがいるみたいなかんじだな。

しかし、プライドが一番上とすると一番下は誰かね。
エンヴィーがグラトニーか?
ホムンクルス相手は久々のエド。
相手はエドは殺す気はないが他はそうでないか。
ダリウスらに逃げるように言う前にもう逃げている。
野生の勘があると行動が素早いな。

エドは反抗する気満々だな。
壁を作って防ごうとするもすぐ破壊されているな。
不規則な攻撃は防ぎにくいようだな。
グリードも結構苦戦しているようだしな。

スラムまで被害が及びそうってことでエドは状況打破のための行動。
周りの光源をすべて消した。
周りすべて見えなくなったが、プライドも動かなくなったな。
影は光があってこそか。

この状況を利用してハインケルにプライドの本体を叩いてもらうことに。
見えないが気配にさとく匂いで追えるようだしな。
野生の勘が功を奏し、対象が子供でも容赦なしか。
にしてもそこまでダメージが与えられているようには見えないな。

残されたエド達の方には、もう一人グラトニーが迫っていたか。
眼は見えなくても匂いで追えるグラトニー。
あちらも匂いで対抗か。
でも地の利が些か有利ってことでダリウスが攻撃を仕掛けたか。
それなりにうまく行ったが、エドも巻き込まれている。
どのみちあまり続かないな。
グリードは片手を食われたが、リンと変わることで対処できるようだな。
ホムンクルスの気配を追うのはリンが一番か。

グラトニーがキレて最終手段を発動させようとしている。
あれも随分簡単に使うようになったよな。
あれで食べてもグラトニーは満足するのかね。
ダリウスやリンが気づいて注意を促すもエドは混乱するだけだな。
知っている感覚とはいえ、どちらから来るかわからないしな。

そこに一陣の風。
切り刻まれていくグラトニー。
見えないが、リンは何かを悟ったか。
グラトニーを完膚なきまでにたたきつぶしたのはランファンか。
かなり久しぶりだな。もういいのか?
あれからどれだけたっているのかはわらないが。

意外なところからの援軍だな。
ホムンクルス対策には最適な人材だ。
しかしよく居場所が分かったものだな。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://bxneko.blog12.fc2.com/tb.php/1168-652ddd58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。